◆しごと

2017年4月10日 (月)

PAINT IT BLACK

赤いドアではなく、補強した檜の柱に渋墨を左官補修前に試し塗りしてみた。

60800img_8629

60800img_8657

60800img_8658

まぁこのくらいで。coldsweats01

今回はざっくりした直し方でいいということなので当方の素人仕事にとどめておいて、きっちりした修繕は近い将来へ先送り。

渋墨はとりあえずです。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

非常食を間食で完食

去年の秋、住まいをトークにて訪問した「稲むらの火の館」

Dscn1745

見学した際にいただいた非常食の防災パンを、賞味期限が近づいてきたこともあって(少しくら過ぎても気にしませんけどsmileどんなものか食してみた。

1024800img_75856

開封してみると・・・

1024800img_7783

イメージしていたのと色・質感がちょっと違う。

色が濃いし、しっとり感がある。

1024800img_7784

1024800img_7785

食感もちょっと違う。

予想していたよりもいけるかも。

とは言うても、やっぱり水分無しではちょっとつらいかもcoldsweats01

               *        *

先日耐震改修を終えた築百?十年のKさん宅。

取合い部分で雨漏りしていた箇所を修繕することになり、瓦と土を撤去。

60800img_7789

上に載っていたものが無くなると傷みがよくわかるcoldsweats01

60800img_7798

たぶん後の増築であろう風呂部分は桟瓦で、その刻印

60800img_7806

泉州は谷川の瓦ですね。

軒先のこれは・・・

60800img_7804

「?」はちょっと判別できない。偏は三水に見えるけど・・・。

これもやっぱり谷川製なのかな?  

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

天然乾燥材と板倉構法の家

『すまいをトーク』の今月2月は天然乾燥材と板倉構法の話

仲間内でやっている限界耐力の勉強会と日時が重なり、迷ったけどこちらに出席しました。(こっちは年会費払ってるのに休みがちで、限界耐力のほうは基本的には計算は依頼することにしてるしcoldsweats01

講師は静岡県より来られたこころ現代民家研究所のやましたしんいち氏

50800img_7513 50800img_7514

耐力と防火性能の実験画像 ☟

50800img_7518 50800img_7525

天然乾燥や新月(月齢)伐採の話は今までも民家再生協会とかでも聞いたし板倉構法の建物をするかどうかは別として、出席して良かった。

建築を生業にしていない受講者にもわかりやすく大事なことを理解してもらえたのではないかな?

この家☟の黒い外壁は、

50800img_7581  「渋墨」が塗られた杉板

この「渋墨」、ちょっと検索してみると思ったより全国いろんなところで使われているようです。

黒江ぬりもの館でも以前使いました。スタッフ日誌にあります。

記事はこちらこちら 

奥座敷を整備した際も、縁側から見える裏庭の向こう側の壁を隠す板に塗りました。

60800p1150234 一回塗の状態

先日高貴寺の帰り道、かつらぎ町を通るので買うて来ました。

60800img_7768 木の国 渋墨

柿渋のほうが高いんやね。

今回耐震改修した築百?十年のこの家の修繕した箇所

60800img_7493

に塗るために。

新建材の内装を取り払ったところも修繕後に塗らなあきません。

60800

弁柄少々と膠も加えたほうがいいかと思うけど、加減はどんなもんやろか?

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

現場写真撮影で筋肉痛

耐震補強工事の補助金をもらうためには必要な書類がたくさんある。

ここの家は補強金物をいっぱい使っていて、そのすべてを個別に撮影せなあきません。

50800img_7486

床下もしんどいが、小屋裏はもっとたいへん。

補強材を取り付けた後なので少しは足の置場も増えてるけど、隅のほうとかは入っていきにくいし撮りにくい。

50800img_7538

落ちたら天井が抜けて大変なことになるから動きは慎重にsweat02

50800img_7540

もう若くはないから体も固い。

無理な体勢で床下・天井裏を這いずり回ったので軽い筋肉痛になったsweat01

この☟長靴をはいた足は・・・

50800img_7567

50800img_7565

頭にライトを装着してアクロバチックな体勢で壁土を塗る左官屋さん。

画像撮るよりももっとしんどかったと思います。m(__)m

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*石場建て 古民家 伝統工法 伝統構法 限界耐力計算 耐震リング 土壁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

齢八十余

この現場は現在耐震改修工事中の3件のうち二番目に古く、築80年余り。

S50800img_0135

90800img_7337 *

設計前には床下やら小屋裏に潜って調べてはいるが、やっぱりめくってみると想定外の箇所がいろいろと出てくる。

90800img_7340

なんとか解決

90800img_7341

               *

この建物と同じくらいの年齢の、うちの母親が乗る二十数年モノのミラは、・・・

90800img_7332

R-2よりも煙をたくさん吐く。

人間なら齢八十くらいに該当するのか? sweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

壁の中から燻し竹

1月後半に始まった3件の耐震改修工事はすべて石場建ての木造住宅。

その中でもたぶんここが一番古い。

90800img_7316

90800img_7298

一部壊した土壁の中から出てきた竹はこんな色

90800img_7334

90800img_7335

土の中に埋まってたのにこの濃さということは・・・この壁を作る際に、すでにここまで燻されるほどの年数を経た建物の部材を使ったということか!?

ということはこの竹が伐られたのは・・・

この家の築年数+その前に燻され続けてきた年数=なんぼ新しくても江戸時代かなcoldsweats01

現場には蝋梅の香り

90800img_7299

*

先日、某商業施設の駐車場にて camera

90800img_73012

目立たないけど何気に古い。

おそらく二十数年モノ。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

一一七

もう22年も経つのか。

あの時は前日の夜遅くに石川県から帰宅して、早朝にいつもとは違う揺れ方の地震で目が覚めた。

これはもしかしたらどこか少し離れたところで大きな地震でも?と思いテレビをつけて、しばらくしたら速報があり、その後は尋常ではない状況が次第にわかってきた。

*

今日17日、耐震関連の用件で2軒訪問。

町内の築110年の住宅。

90800img_7049

90800img_7063

程度よく維持管理されてます。

*

こちらは築150年

90800img_7100

*

オカミが決めた“エコ”(?)な家をどんどん建てるよりも、クォリティの高い家を積極的に残していきたいし、そのほうがエコ(ロジー、ノミック)的にも文化的にも正しい方向だと思ってる。

地震で「古い家はことごとくつぶれた」は、はたしてよく言われる『筋交いが無い・石の上に柱が乗っているだけ・・・』が本当に一番の原因なのか?

もしかしたらそれは濡れ衣ではないのか?

「維持管理が適切でない古い建物が壊れた」という言い方のほうが実情に近いのでは?

「耐震」・「エコ」関連の法規は一体何処を目指すのか?

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月11日 (日)

とにかく汚いサンバー

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

新しいメンバー(?)が加わりました。

Img_4283

平成10年式、フルタイム四駆、AT、エアコン付と機能満載の660cc旧規格スバルサンバートラック。 

昭和53年→平成3年→平成10年とだんだん新しく、うちに来た時の車齢も若くなるけど、昭和のハイゼットが一番きれいで今度のサンバーが一番汚いsweat01

Img_4284

外部はまぁ年式なりのヤレようだけど、室内に砂埃が積もってるsweat02

Img_4285

Img_4287

たぶん農家で使われていたもの。

Img_4290

買うてから手放すまで掃除なんかしたことが無いんと違うかなcoldsweats01

まぁへんなもんで汚れてるのではないから、これからだんだん可愛がって綺麗にしていってあげます。

とりあえずざっと掃除してみたところ・・・

Img_4291

351円も出てきました。 掃除代としては少ないけどcoldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

ツインカーボ

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

建具と畳も引越しに間に合うように入りましたsweat01

Img_9925_2 Img_9951

所謂古民家ですけど、軽さと安全を考えツインカーボ入れてみましたが・・・

硝子なら百年経っても割れない限り変わらないけど、ポリカはどうなんやろ?

室内なので外部ほどは劣化することはないでしょうが。

Img_9936_2 Img_9938

Img_9933 階段はちょっときつい?

これでも改修前より二段分緩くなったんです。

Img_9950 出入口の上の隅に無粋なものがcoldsweats01

Img_9912 耐震リングです。

二階のこの部屋は以前は梁の下に天井があり、1m60cmに満たない天井高でした。

Img_9948 Img_9945

古材の建具も、まぁまぁいいものだけ少し使うてます。

猫間障子 

Img_9891 両側に引き分けで全開します

トイレの引き戸

Img_9900 元はアルミの片開き扉でした。

あまり使いこまれないうちに外されて保管されていたのか、そこそこ綺麗。

玄関引戸は新たに作成

Img_9961 こちらも元はアルミ製引違い

強化硝子がまだ入ってへんsweat01

Img_9931 通風のため下部を無双に。

Img_9941

内側に網を張る予定ですけど、これもちょっと待ってもろてますsweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

ギリギリ

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

改修工事がようやく最終段階。 期限を切られた引っ越しギリギリsweat01

S50800img_9742 S50800img_9747

S50800img_9761 S50800img_9767_2

「和」の家に「和室」!?

S50800img_9773 ちょっとおかしいですねぇ・・・。 

間違うてはないけど、まるまる和の建物に「和室」って。

申し訳ないけど電器屋さんにちょっと修正してもらわねば <(_ _)>

        *

玄関式台の欅

S50800img_9745_2

S50800img_9743

S50800img_9741

木は縦に使う場合は生えてた時と同じ向き、元を下・末(先端)を上にします。

横に使う際には、どちら向きでも不都合ない場合は末の向きは南、又は東に持っていきます。

一応そういう向きになってるみたいですね。 大工さんに聞いてませんけど。

        *

こちらはギリギリな船。

S50800img_1465 現場近くの港にてcamera

ちょっとwave高かったら海水入って沈みそうなくらいsweat02

これは4年ほど前に日高のほうへ行った時に撮った船ですけど、

S50800p1310650 えらい違いですねぇ。

横向いてこけそうに感じてしまうcoldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧