◆花鳥風月・森羅万象

2017年11月30日 (木)

むべなるかな

先日隣町までフローリングを引き取りに山越えをした際、手の届くところに生っていたので採って来た、ムベ (妖怪人間? それは「ベム」)

1001024img_0225

『むべなるかな』に由来する、不老長寿の霊果だとか。

漢字では『郁子』と書くらしい。 「いくこ」?!

縦と横に切って撮ってみた。

1001024img_0226

植えてみようか。

うまくいけば1~2年で実をつけるらしい。

むべ、生るかな?

        *

山を下りて川沿いの道を走っていると、とある民家の棟の端に気になる突起が視界の隅をよぎった。

1001024img_0220

1001024img_0222_2

鍾馗さんではないですか!

1001024img_0218

よくある形ではあるけれど、棟の端にあって内側を向いてるケースは少ない。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月28日 (火)

Glowing Autumn

燃える和歌山

我が家サツキの上のソメイヨシノの濡れ落葉

Img_0482_2

毎日掃かんとあきません sweat01

和歌山駅前のケヤキ並木

Img_0066

和歌山ICへ向かう宮街道、日前宮の北側あたり

1001024img_0200

頭の中にこんな歌とか、こんな歌とか、こんな歌が・・・古っ coldsweats01

もうちょっと季節が進んで冬になったらこんな曲とか。

        *

先日その和歌山市内で前を走っていた『和11』

1001024img_0191

30年モノのランクルですかね。

頭に浮かんだ四曲よりは新しいかな?

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

翡翠カップル

現場前の堤防で電話をかけていて、ふと川原に目をやると・・・

1001024img_9765

カワセミではありませんか! それも二羽!!  カップルか?

コンデジの記録画素数を最大にしてZoomで撮ったけど・・・

これ以上鮮明には無理sweat02

1001024img_9766

昔子供のころしょっちゅう川に行って遊んでたけど、今見かける翡翠も鷺もカワウとかも見た覚えは全く無い。

魚の種類とかは今よりずっと多かったのに。

ここに自然が残っているからなのか? 他の生息地が無くなってきて止むを得ず流れてきたのか?sweat02

        *

こちらは今朝うちの台所にいたてんとう虫

1001024img_0562

窓ガラスのほうへ飛んで行って外に出たそうだったので丁重にお見送りしましたが、寒さを避けて入って来たのかな? 

てんとう虫と言えばスバル360。

その後継の我が家のR-2、HARD-MINI号は未だエンジンがかかるに至っていない weep

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

楽園からの逃避者?

塩津港の岸壁から下をのぞくと、地味~な色の魚に混じって一匹だけ目を引く色の魚がいた。

1001024img_9637

ZOOMしてみたけど・・・なかなか上手いこと撮れないsweat01

1001024img_9640

もしかしたらコレかな?

        *

先日テレビを見ていたら、サンゴ礁の海を綺麗な色の魚が群れ泳ぐシーンで『魚たちの楽園』というようなナレーション。

“楽園”か?

たぶん気の休まることのない食物連鎖の世界ではないのかな?

そしてそのナレーションのすぐ後に、漁師がヤスで綺麗な色の魚たちを何匹も突き刺す映像sweat01

“楽園”どころか、魚にとってはまさに“地獄絵図”sweat02

あ~、サンゴ礁の魚に生まれなくてよかったcoldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

ウミヅキチョウチョウウオ 熱帯魚 海南市下津町塩津 温暖化 海水温

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

深山幽谷へ

耐震診断報告書の説明に行って来た。

杉檜の木立を抜け・・・

1001024img_9475

竹のトンネルをくぐり・・・

1001024img_9467

視界の開けたところへ出ると・・・

1001024img_9468

谷の向こう側が見えない。 

1001024img_9472

目的地はこの地区の一番上の家。 下の隣の家まで500mほどあるかな?

深山幽谷の趣があるところに仕事で行ける、と思っておこう coldsweats01

説明終えて帰り道、下界が見え始めていた。

1001024img_9474

真冬で一旦雪が積もって道が凍ったら四駆+四輪スタッドレスでないと行けない日が続くかも sweat02

そして、用事をいくつか終えて事務所に帰ると次の耐震診断の依頼が来ていたmailto

場所は・・・ここに向かうときには見えていなかった谷の向こう側の集落。

標高も我が家からの距離もこことほとんど同じくらいか?

まぁ良いです。戦前の築らしいので間違いなく石場建て、伝統構法の家を見せてもらえるでしょうから。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

強健な朝顔と脆弱なRC建築

朝顔は夏のもんやと昔は思ってたけど・・・いつまで咲き続けるんやろか?

1001280img_8794_2

どうもこれは「ノアサガオ」という種類で、1年草のアサガオと比べ格段に強健で霜が降りる11月まで咲くらしいsweat01

確かに生命力旺盛みたいです・・・

901024img_8793

そして、夕方まで咲き続けるとか。

それはもう「アサガオ」ではないのでは・・・?smile

        *

そのアサガオの街灯があるのは、ついこの間中身が移転して抜け殻となってしまった旧市役所のすぐ近く。 

901024img_8764

なんでも古いものは置いときたい性分ですが、だいぶ使い込んだ(公金を・・・という意味ではありませんcoldsweats01)感は否めません。

寿命かもしれませんね。

耐震性能の低そうな形してますし・・・sweat02

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

浮き船と塩津猫歩き

今朝、塩津の露の浜あたりから加太方向をcamera

1001280img_8746

船がちょっと浮いて見えるような・・・

1001280img_8745

1001280img_8744

塩津は漁港で猫がそこそこ多い

とぐろを巻いた縄の中に薄汚れたsweat02白い子猫

901024img_8741

ここにも

1001280img_8760

あそこにも

1001280img_8814

「いい仔だね~」と言うてやりたいけど、ちょっと警戒心を持たれてるようで・・・coldsweats01

撮りに来てください、岩合さん。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

冬の風

今日は黒江の漆器まつり

901024img_0339

901024img_0338

軒下蚤の市への出店は差し控えました。

準備~片付けの余裕もありませんのでsweat01

        *

午後は仕事sweat01sweat01

現場のある塩津は北西の季節風がだんだん強まって来て・・・

901024img_8667

沖つ白波竜田揚げ

901024img_8668

夜半に食べたら太ってくるかもcoldsweats01

901024img_8676

北西に面した山の木も葉の裏が白く見えるほど風にあおられている

901024img_8679

この後帰ってデスクワークして、夕方雨漏りの痕を見に行って(雨漏り箇所はうちの仕事ではありませんcoldsweats01

暗いので対応はまた来週。

「また来週」がいくつもある・・・はかどりませんsweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

十三夜

夕方、東の空に十三夜の月

1001024img_8642

1001024img_8639

栗名月とか豆名月とか言うて月見するらしいけど、そんな風流なかたは当方の周りにはいません。 (もしかしたら知らないだけかも・・・coldsweats01

        *

先日、紀北某所の古民家を訪問して見せていただいた。

建物は明治初期で、家系としては千年以上続いてるそうです。

そういう家系ではない当方のような者も、べつにそのへんから湧いて出てきたわけでもないのでそれだけで人間的に劣ってるということではないけれど・・・云わば組織とでもいうような「家」がそんなに永~く続くということは滅多にあることではない。

継続は力。 値打ちのあることです。

差し障りのない部分的な画像だけを少々。

100800img_7875

軒先の瓦の刻印  『名瓦吟』

100800img_7862

門長屋のダイナミックな持ち送り

100800img_7859

障子紙に貼り込まれてるのは南天の葉?

100800img_7844

以前別のところの山奥の家で見せてもらった家の障子を思い出した。

以下、その山奥の家の画像です

山椒

100800p1090192

笹の葉

100800p1090196

松葉

100800p1090193

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月29日 (日)

松下きのこ

我が家に一本だけ植えてる松の木の根元に、

Img_0254

こんなキノコが生えていた

1001024img_0253

名前は知らないけど、松茸でないことだけは確かであるcoldsweats01

        *

耐震補強工事で新たに入れた柱を着色

1001024img_8132

1001024img_8133

材料は渋墨と、

1001024img_0268

弁柄

1001024img_0269

膠も入れたほうがいいみたいです。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧