◆花鳥風月・森羅万象

2019年6月16日 (日)

竹の引手

残念ながら傷んでいたのでもったいないけどドナーにしてしまった別の簀戸の引手

Img_8826

簀戸を入れたお宅の裏側にある石積を覆う苔とユキノシタ

Img_88242570

我が家にもあったんだけど知らない間に消えてしまった。

原因は何だったんだろう?

これは・・・

Img_8827

ホタルブクロ?

マタタビ? ↓

Img_8829

花は・・・焦点が合うてない

Img_8835

ヒメジョオン?

Img_8838

ヒメジョオンとハルジオンって日本語で、漢字の読みとは知らなんだ。

姫女苑、春紫苑。

日本の侵略的外来種ワースト100に入ってるということも!

| | コメント (0)

2019年3月14日 (木)

花、鍾馗

当事務所の亀池のフェンス。  アケビの花が咲き始めていた。

Img_6788

実を生らすにはまた種付けしてやらねば。

        *

隣町の山の上の集落で耐震改修工事が始まった。

その近くにある桜? たぶん去年の台風で幹の下のほうで裂けている。

Img_3129

隣の木は全く咲いていないのに・・・

もしかして枯れる前に子孫を残そうと力を振り絞っているのか

Img_3131

ソメイヨシノっぽい。それなら生殖能力が無きぞ悲しき・・・。

(もしかしたら桜ではないかもしれないけど

        *

別の現場の前にある馬酔木

Img_6797

こぼれ落ちそうなくらい

Img_3138

        *

移動中、隣の市の某所で鍾馗さん発見!

100img_3198

道路を下って行くと正面に見える位置。

最近はめったに通らなくなったけど、以前はたまに通ることがあった道。

こんな所に御座したとは知らなんだ。 気が付きやすい位置なのに。

100img_3199

よくある形で型嵌めの鍾馗さんだとは思うけど、顔周りがはっきりしていて凛々しい。

型から外した後に手を加えてあるのかもしれない。 

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 9日 (土)

如月三日 快晴の山越え

台風被害修理中のお宅の主屋を耐震診断することになった。

野地は竹と藁

100img_3057

建てられたのは昭和の初め頃かもとお聞きしたが、もうちょっと古いかもしれない。

この日も山越えしたけど先日とは大違いの快晴

100img_3049

淡路も四国もちょっと霞んでるはいるが見渡せる。

淡路の諭鶴羽山地

100img_3050

四国・・・ちょっと白いものが見えるが、雲? もしかしたら雪の剣山?

100img_3051

夕方、如月三日の月

100img_3127

猫のように眠る月”って、これのことかな?

こちらは前日の二日月

100img_3048

いつもいつもおなじようなもの撮って何になるのかと思われてしまうかもしれないけど・・・なぜか惹かれてしまう

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月28日 (木)

雨の山越え

町内の改修中の現場へ向かうのに、国道が混んでる時間帯ということもあって山越え

峠を越えると・・・

100img_2985

雲海!?

晴れていたら淡路島から徳島まで見えるのに・・・

下って行く先に、雲? 霧?

100img_2988

ホワイトアウトとまではいかないが、集落に近づいても家が全く見えない。

100img_2989

花が咲けば優美な枝垂桜も・・・

100img_2992

なにやら不気味でおどろおどろしい感じがしないでもない

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土)

床下の塚

改修中の築約150年の民家の床下から姿を現した、アリ塚・・・

1001024img_2510

ではなく、炬燵の土台(名称は何なのか?あるのか?・・・)

ここに炭を置いたと思うけど、使っているところは見たことがない。

1001024img_2496

隣の部屋にも。

1001024img_2513

以前改修した民家ではすべての部屋の床下にこんなのがあった。

        *

その家の敷地隅に木蓮がある。

1001024img_2521

1001024img_2522

春を待つ?

1001024img_2519

それは木蓮に聞いてみないとわからない。

もしかしたらもうちょっと眠っていたいと思ってるかも。

そもそも眠っているんだかどうなんだか?

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月19日 (土)

寒空の下のナイトミーティング

土曜日の昼前、所用でR-2で出かけた際、いつもとは違う場所にて久々にシートベルト検問で止められた。 前に赤い旗をかざされて。

2点式ベルトを見せると「すみませんでした」ですぐにキャッチ&リリースされたが・・・。

いつもの国道では見張り番の警官と目が合っても止められることは無いのでここの署の管轄内では周知されてるもんだと思っていたが・・・そうでもなかったんやね。

        *

その夜、地元仲間のナイトミーティングへ

前を走るはT氏の亀=スバル360(シートベルトは無い)

Img_2436

於:某ショッピングセンター敷地内 某珈琲屋

Img_2429

Img_2431

Img_2430

Img_6276

こうして見るとうちのR-2が世間的に一番注目度が低い地味な存在かな。

Img_2428

若者所有ランクルの、まさに「ベンチシート」

Img_6282

2時間半ほどして、解散

Img_6285_2

Img_2435

帰宅後、冴えわたる空に旧師走十四日の月。

Img_2439

「小望月」、「幾望」ともいうらしい。

気の毒な吉良上野介義央の・・・(検索して電卓で計算すると316回忌かな 。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

#旧車 #スバル #k12 #K111 #K360  #サンバー #キャロル #赤穂浪士 #吉良上野介

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

箕六弁財天

Img_2344

東西に続く長峰山脈の真ん中あたり、生石山のちょっと高野山寄り北面。

県道からわき道をずーっと上って行った行き止まり手前。

そこからさらに歩いて鬱蒼とした森の中を上がって行くと簡素な鳥居が見えてくる。

Img_6290

Img_6293

くぐってさらに苔むした石段を上がると、拝殿(でいいのか?)

Img_2347

その上に社殿

Img_6299

社殿脇の桂の巨木

Img_2363

Img_2212

Img_2211

参道途中にこんな太い公孫樹もある

Img_2383

Img_2204

Img_2381

Img_2377

チラチラ降っていた雪が・・・積もりかけ?

Img_2354

ネットで検索すると、ここに何かを感じたとかクラクラするということを書いてる人もいる。

残念ながら当方は未だかつてそんなことを感じた経験は皆無。(信仰心薄い? ピュアな心が無い? 鈍感?

そんな奴がなんでわざわざ山奥の神社まで?

傷んだ玉垣(瑞垣?)修理検討のため大工さんと一緒に行って来ました。

文化を大切に思う気持ちは持ってるつもりですので神様、お許しを(-人-)

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月26日 (月)

熊野古道 なかへち美術館

なかへち美術館

Img_5754

かねいちさんとつながりのある、鈴木昭男さんというサウンドアーティストの展覧会を観に行って来た。

会期の最終日でクロージングパフォーマンスも観たけど、当然内部撮影禁止なので画像は無し。

Img_1447

この鈴木昭男氏、当方は寡聞にして知りませんでしたが、その道では広く世に知られた方で、海外にも信奉社が多くいるとのこと。

Img_1446

ここまで来ても蒲公英は西洋モノ

Img_1451

Img_1466

SANAAのお二人からのメッセージ

Img_1468

        *

かつての近露の目抜き通り(?)に並ぶ何軒かの店に立ち寄ってみた。

Img_1492

『熊野野菜カフェ』

Img_5757

東京からという来たおねぇさんがやってます

Img_5758

Img_1491

その斜め向かいの骨董とかを売ってる山形屋は元旅館

Img_1500

Img_5764

Img_5763

Img_5761

欲しいものがあったら隣の井谷商店さんに声をかけるシステムになっている。

琴線に触れるものは非売品だったりする ↓

Img_5765

Img_5766

Img_1497

このタイル↓、6年前に滝尻王子から歩いてきた時も撮ったような・・・

Img_1473

Img_1478

Img_1479

廃?ガソリンスタンド

Img_5768

陽がだいぶ傾いてきた。

最後の峠をやまんばが出るような時間にならないうちに越えられるよう帰路に

帰ったらせなあかんこといっぱいあるし

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

熟木通

山の上の現場からの帰り道、道の脇にアケビが生っていたので採って来た。

100img_5036

我が家のも下から見てみると・・・

100img_50392

もう熟れて割れていたとは知らんかった

        *

数日後、もう一個にも割れが。

100img_5054 *

と思ったらその翌日、先に割れていたほうが落果。

100img_8454

すでに蟻の餌場に。

100img_5062

まだ生っているほうは・・・コオロギ!

100img_8453

別の枝の実もうっすら赤みが。

100img_5059

べつに収穫したくて植えたわけでもないけど、世話して実が出来たら何となくうれしい。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

山上の現場より

ミカン山をかなり登って行ったミカン畑の古い小屋の修理を依頼された。

100img_6590

イマドキの家よりおそらく断熱と調湿性能は高いし、情緒もあるかも。

ちょっと下ったあたりからの眺望

100img_5008

淡路・紀淡海峡・友が島・泉山脈の西の果て・雑賀崎・和歌浦・・・

双子島

100img_8429

和歌山のアマルフィ(絶対違う・・・

100img_8431

当方の暮らす谷

100img_8425

しかしまぁ・・・あらためて思うけど田舎やなぁ。

片田舎やと思てたけど、ド田舎やね

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧