◆食・飲

2017年9月10日 (日)

丸万食堂と箕島駅前界隈

最近竣工した隣町の市民会館

Img_5457

設計監理にかかわった方たちの案内で見学させてもらった。

内装材として使われている木材は、

Img_5276

パッと見は松かと思ったが、紀州材の杉。

薬剤による不燃加工を施すとこういう色・質感になり、比重もかなり重くなってるらしい。

           *

箕島駅前の『丸万食堂』

Img_5458

Img_5461

2時前だったので他に客はいなかった

Img_5470

Img_5466

Img_5467

Img_5468

この日の“おすすめ”だった、かつ丼

Img_5469

Img_5473

Img_5474

*

ツイン長屋

Img_5477_2

Img_5476

ちょっと手を加えるだけで魅力的になる街の資産ではないでしょうか?

*

三叉路交差点

Img_5479

ここの信号って、昼間でも脇道から出てくる車は少なくて存在意義があるのかどうかと思うくらいなのに、夜遅くなっても点滅にならない。

何故?

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

うぶすなの郷 TOMIMOTO

先日、桜井市の奈良県農業センター大規模木造建築の完成見学会へ連れて行ってもらった

奈良県産杉と国産唐松集成材によるラーメン構造

Img_4828

Img_4825

Img_4838

Img_4835

施設の正式名は『奈良県農業研究開発センター/なら食と農の魅力創造国際大学校』というみたい(長いsweat01

Img_4773

Img_4796

        *

その前に立ち寄ったのが安堵町にある『うぶすなの郷 TOMIMOTO』

陶芸家、富本憲吉の生家で元『富本憲吉記念館』

今は奈良の実業家が経営する会社に買い取られ、レストランとホテルになっている。

Img_4695

レストランのあるこの主屋(?)は新しく、完成が昭和49年らしい

他に長屋門・離れ・土蔵一棟が安永、土蔵一棟が大正で他所からの移築とか(by Wikipedia 「富本憲吉記念館」 )

901024img_4706

Img_4711

Img_4615

Img_4624

Img_4617

Img_4594

Img_4630

Img_4595

Img_4645

Img_4609

Img_4610

Img_4608

Img_4649

Img_4603

Img_4668

Img_4675

Img_4686

Img_4719

ちょっと贅沢な時間を過ごさせてもらいました。

一度泊りに来たいとこですけど、一泊六諭吉/人sweat01 二人で諭吉が1ダースcoldsweats02

いつもどこかへ出かけたときに泊まる宿の10泊分ですがなcoldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

満水亭

ちょっと前のことになるけど、すぐ近くに仕事で用事があったので久しぶりの満水亭

Img_3696

日替わり、だったかな? 

Img_3699

Img_3686

昔ながらの洋食屋さん感に満ちた店内

Img_3690

Img_3694 *

Img_3688

昭和のウキウキ感ドップリ

Img_3695

Img_3693

Img_3701

Img_3700

Img_3702

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

看板くーにゃん

民家愛好の仲間を天野~高野山へご案内

天野の里

Img_3443

近頃はかなり俗化した感があるけど、初めてここに来た30年ほど前は下界や他の山村とは違う世間ずれしていない隠れ里的な空気が今よりはもっとあった。

その人気ゆえか、漏れ聞くところによると田舎物件も他よりかなりお高いみたい。

丹生都比売神社 

Img_3929

創建は伝1700年前、紀伊国一宮。

紀伊の国では伊太祁曽さんと日前宮(日前神宮・國懸神宮)さんも一宮。

一宮って一国に一カ所とは限らないんですね。 深く考えたことなかったけど。

ちなみに阿波には四カ所あるようです。

Img_3924

建物は室町中期から明治に建てられた楼門と本殿四棟が重文指定。境内を含めて世界遺産登録。

参拝の後神社の由緒・建物などの説明を聞かせてもらいました。

Img_3901

お昼は神社から歩いてすぐのところにある『cafe 客殿』さん

Img_3933

茅葺を金属板で覆った古民家のカフェ

Img_3934

Img_3381

Img_3410

Img_3936

Img_3938

Img_3383

店のHPトップページ画像の縁側

901024img_3400

        

Topphnew901024

このひと月ほど前に下見で訪れた際に応対してくれたここの店の娘さんではないですか・・・lovely

自前のモデルですね。看板娘にも程がある coldsweats01

残念ながらこの日はいませんでした。いつもいるわけではないんやね。

ちなみに・・・『客殿』さんは苗字だそうです。

        *

こちらは神社境内の自販機

Img_3895

看板坊主?のこうやくんづくし

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

昭和な川越

蔵造りの町並みの南側、駅寄りに昭和の町並みがあり、

Img_3152

看板建築が立ち並ぶ。

Img_3153

Img_3142

Img_3149

Img_3139

Img_3130

Img_3178

Img_3157

力道山、猪木、仮面ライダー、おかめにひょっとこ・・・

Img_3158

Img_3159 *

Img_3161

顔出しパネル。 なんとまぁベタなcoldsweats01

Img_3168

ちょっとデラックスで小顔のマネキン

Img_3192

店の中を見てみたいおもちゃ屋

Img_3205

社名は萬代⇒バンダイらしいけど、これを見ると和歌山弁で万歳⇒ばんだいではないかと思ってしまう。

Img_3206

夕方町を出る前に昭和な食堂、シブヤさんへ。

Img_3207

Img_4227

前から感じていたが、オムライスとか焼めしとかは金属製の皿に金属製のスプーンが多い。

これがちょっと苦手で・・・sweat02

マイスプーンでも持ち歩こうかsweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

新通りの『富士』

和歌山市は新通りにある『富士』さん

Img_3820

店内は広くない。 席数は20弱かな?

Img_3815

うどん、そば、丼物がメインの昔からあるタイプの食堂

Img_4329

Img_4328

Img_3817

天玉丼(てんぎょくどん)  ¥850-   ボリュームありますdelicious

Img_4332  

いなり定食の、そば  ¥650- 

Img_3816

Img_3795

洋食屋さんに似合いそうなショーケース

Img_3794

実はちょっと前まで知らなんだ店。

チェーン店とか、うちはオシャレで創作的です~みたいなところがちょっと苦手なので、昔ながらの店がだんだん減っていく和歌山で貴重な存在。

これからちょくちょく利用させてもらいます。

        *

その帰り道、某有名ラーメン屋に行列!

90800img_3822

こちらも昔ながらのラーメン店なんですけどねぇ・・・

目立つ場所にあるからよく目に留まるけど、これを見るたびに他所で行列のできる人気店には行くのは控えようという気持ちが増してしまうcoldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

川越・上尾の鍾馗さん

上尾市は伊勢屋さんの鍾馗羊羹

901024img_4188

郷土銘菓のようです

901024img_4187

店は中山道に面してます

901024img_2307

店の前に鍾馗さんが仁王立ち、ではなく鍾馗立ち! 

901024img_2299

邪な者は入れませんcoldsweats01

901024img_2303

店内は昭和テイストが残ってますね~

901024img_2300

901024img_2301

901024img_2302

店の方(女将?)に由来など尋ねてみた。

この町に昔大火があって、その後誰かが火除け、厄除けとして鍾馗さんを掲げるようになり、ちょっと前まで(いつぐらいやろ?)はこの辺りには鍾馗さんがたくさんあった。

そしてこの店ではそれを商品として取り入れた、というようなことです。

市内には他にも鍾馗さんがいるようですが、残念ながら時間に余裕が無く、泣く泣く川越へ car dash

        *        *        *

川越のとうふ屋さん

901024img_2309

有名大学で鍾馗さんの研究をしている若者から聞いた話では、最近新たに据えられたものらしい。

宿泊予定の宿でとうふ屋の画像を見てもらったところ、そこからから歩いて1分程のところにあった。

わりと小ぶりで形としてはよくある鍾馗さん

901024img_2311

 *

こちらはネットで“川越 鍾馗”と検索すると出てくる、『陶舖やまわ(原家住宅)』

Img_26472

この位置にあるのは少数派ですね。

Img_26482

この向きには意味があるんだか無いんだか? 南東方向?

Img_2650

江戸、若しくは喜多院? 若しくは・・・考えすぎ?

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

枇杷色の山

先日の夕方、有田川町での夜の会に出席するために近道の山越えをした cardash

彼方に見えるのは淡路島

Img_2133

さみだれは みどり色・・・note』という歌があるけど、加茂谷の奥のほうでは山が枇杷色に染まっている。

Img_2131

夕陽を浴びると、枇杷色というより橙か柿色かな。

Img_2130

袋をかけていないのは多分収穫予定の無いほったらかしの木?

Img_2132

そうだとしたらもったいないcoldsweats01 

有田のほうでは少し前から灌水しているミカン畑もある。

Img_2137

この季節に・・・sweat01

旧五月ももう二十二日というのにカラッとした五月晴れがずっと続いてる。

この前の五月雨はいつだったのか?

その分閏五月に谷一杯になるくらいかためて降ったりして・・・coldsweats02

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

マルキ食堂(箕島)

箕島駅前 マルキ食堂さん

90800img_7115

今日車を運転中かけてたラジオにここの女将が出てきて、簡単なクイズに答えて6万円ゲットするのを聞いた。

90800img_7116

たちうお丼が今のおすすめらしい。ラジオで言うてた。

90800img_7114

日替わりランチ

90800img_7108

90800img_7111 90800img_7113

90800img_7105_2 90800img_7104

ここへは二十歳台前半、40年弱前に入ったことがある。

その時はたぶんこの建物ではなかったと思う。

創業92年と言うてたから築50数年だったのかな?

箕島駅開業が大正13年なので、それからじきにここに店を出したということか。

90800img_7107

向かいの喫茶店が『純喫茶まるき

身内なのか経営者が同じなのか? 聞かなかった。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

徳島の民家、ラーメン

短かい滞在だった阿波での画像などを少々

所々で目に留まった金属板をかぶせた民家

Img_1409

Img_1412

Img_1417

たどり着けなかった鍾馗さんが掲げられている民家↓も (ストリートビューより)

50800img_1142

全く同じではないけど屋根のカーブに共通性があるように見える

金属板をかぶせていない茅葺の姿が見たい

こちら↓は庄屋さんか、豪とまではいかなくてもそこそこの農家、または商家?

Img_1414

水門らしき施設の石造り(ふう?)の工作物  下が青石積

Img_1415

港まで送り届けてもらってから、フェリーの待ち時間が長かったので近くを少しだけ歩いてみた

住宅街の中に入って行った所にあった恵比須神社

Img_1421

ここにも阿波青石 

Img_1422

唐破風の上に鶴 on 鶴?の飾り瓦   下はもしかしたら鶴ではないかも  

Img_1425

Img_1426

神社建築では少数派(たぶん)の鬼瓦

Img_1427

神社の周りは新しいでも古いでもない、面白いものに出くわす期待を持てそうにない住宅街

まだまだ時間があるのでもうちょっと先まで行ってみると、橋を渡ったところにラーメン屋があった

ちょうど昼時だったし、地元客でまぁまぁはやってる様子で行列は無い(“ツウ”や自称ラーメン好きが列をなすこういう状況はなるべく避けたいcoldsweats01ので入ってみた。

Img_1435

(画像はたまたま車も客も少ないタイミングでcamera

所謂徳島ラーメンっていうのはこういう色のものらしい

Img_1432

Img_1429

Img_1430

Img_1428

で、味はどうだったのかというと、十分おいしいとは思いますよ。(ただし、よほどまずくない限りはおいしいと感じる口の判定ですけど。 でも、もしかしたらこの人たちより味覚の判断劣っていないかもcoldsweats01

店に置いてあった徳島新聞のテレビ欄

Img_1433

関西の放送を見られるようですね

        *

家に帰るとニホンイシガメさんがこちらを見てくれていた

Img_1482

文字通り首を長くして待ってくれていたのか?

前日も餌をやってなかったから、単に腹が減っていただけかcoldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧