« 市歴民 「ふるさと写真館」 | トップページ | グロリアへデボネアで »

2019年9月 4日 (水)

流れは少しの間だけ清く

二級河川 加茂川

Img_8010

堤防沿いの道を通って隣り村の現場の帰りにのぞいてみた。

Img_8014

川底の苔を食べてるように見えるけど、鮎ではないな。

カワムツとかオイカワっていうのかな? 一般的には。

この辺りでは「ハイラ」とか昔は言うてた。

鰭とかが赤いのが見える。これは「アカモト」。子供の頃は婚姻色ということは知らなんだ。

Img_8011

中学校の校歌には「加茂川の流れ清らに加茂の郷」と詠まれている。

校歌の通りみたいだけれど、この状態は大雨の泥流・濁流の後少しの間だけ。

少し日にちが経つと水量は減ってところどころ干上がり、川底の石に長い藻が付いてくる。

こうなってから久しいと思う。

魚の種類も昭和30年代と比べたら限りなく少なくなったんと違うかな?

歌詞の続きは「新しき世に遅れじと」

 “新しき世”って、こんな世だったのか・・・?

    

 

|

« 市歴民 「ふるさと写真館」 | トップページ | グロリアへデボネアで »

◆花鳥風月・森羅万象」カテゴリの記事

◆世間のこといろいろ」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたしております。
川で遊んでいた子供の頃を思い出し、思わずコメントします。

「ハイラ」「アカモト」初耳でした。背鰭の所に黄色い模様があるので、オイカワではなくカワムツのようです。

投稿: inomamo | 2019年9月 4日 (水) 18:46

>inomamoさん
「ハイラ」「アカモト」は和歌山の中でもこの地域、もしかしたらうちの小学校校区限定の可能性ありです。

背びれの後ろの小判型っぽい黄色っぽいやつですか?
カワムツとオイカワの違いがもう一つよくわかってませんでした。
^^;

ちょっと調べてみたら「ハヤ」「ハエ」ってオイカワ・カワムツ他の総称やったんんか! 知らんかった。

投稿: onigawara | 2019年9月 4日 (水) 23:47

>小判型っぽい黄色
それです。橋の上からでも分かるぐらい目立つ特徴で、分かると楽しいです。「ハヤ」は父がそう呼んでました。

「アカモト」の呼び名、魚類図鑑に載っているようです。

投稿: | 2019年9月 5日 (木) 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 市歴民 「ふるさと写真館」 | トップページ | グロリアへデボネアで »