« 古い硝子瓶 | トップページ | 冬目は秋目? »

2018年9月 9日 (日)

杉の表と裏

材にしたときの木表と木裏という話ではなく、樹木としての杉にも表と裏があるという。

二つの杉の葉 ↓

Img_6690

左が表杉で、右が裏杉

単純に言うと表杉は主に太平洋側にあり、葉の形は開いてトゲトゲしている。

裏杉は日本海側のもので、葉は閉じた感じ。 握ってもあまり痛くない。

これは雪がたかりにくくするためこうなったとされてるが、本当のところはよくわからないらしい。

では、材としての表杉と裏杉はどう使い分けられてるのか?

それは・・・また今度 coldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

|

« 古い硝子瓶 | トップページ | 冬目は秋目? »

◆花鳥風月・森羅万象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/74193736

この記事へのトラックバック一覧です: 杉の表と裏:

« 古い硝子瓶 | トップページ | 冬目は秋目? »