« 筋骨隆々 | トップページ | 渡辺節とコルビュジエと日本の大工 »

2018年7月 2日 (月)

戦後モダニズム建築と何イズムスクーター?

『戦後モダニズム建築の魅力』・『建築家渡辺節と松下会館の建築』と題した見学会・講演会に行って来た。

和歌山大学松下会館 1961(昭和36)年  設計:渡辺節

Img_5466

Img_5465

車で行くと置き場に困ることが十分予想できたのでコレに乗って。

Img_5467

Img_5473

1964(昭和39)年式(1963年発売)のこのスクーター、デザインの系譜ではどういう位置づけで、何の影響を受けてるんだろうか?

Img_5472

元色にもどしたいsweat02

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

三菱重工 シルバーピジョンS140 ハンス・S・ブレッツナー 

|

« 筋骨隆々 | トップページ | 渡辺節とコルビュジエと日本の大工 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆のりもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/73783554

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後モダニズム建築と何イズムスクーター?:

« 筋骨隆々 | トップページ | 渡辺節とコルビュジエと日本の大工 »