« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月29日 (日)

逆送颱風

台風が近づいてるとは思えない夕焼けの西の空。

Img_3317

今回台風がやって来るのはこちら、東から。

Img_3319

高速道路の逆走はちょいちょい聞くが(あったら困るけどsweat01)、台風の逆走は覚えがない(というてもほんの60年くらいの記憶だけど)

Img_3320

昨夜殻にたかって白い羽を乾かしていたクマゼミ、何もこんな夜に出てこんでもと案じたが・・・

Img_3327

風も雨もたいしたことなく、うまいこといったんやね。

Img_3326

濡れそぼった甘夏の樹のアゲハチョウは濡れた羽を乾かし中?

Img_3322

幹に名前を知らない茸が生えていた。

Img_5695

玄関脇の板戸ではアゲハもメタモルフォーゼの準備をしていた。

Img_3331

黄緑の勾玉のような・・・でもないかなcoldsweats01

Img_3330

何アゲハかは知らないけど。

Img_5698

裏の畑で手入れもされずにほっとかれた(誰に?・・・当方にsweat01)蓮に蕾が一つ。

Img_5704

陽当りもよくないし、まさかここのが咲くとは・・・coldsweats01

Img_5704_2

先日よりちょっとふくらんだかな。

Img_3296

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月25日 (水)

指物師さん宅で木のしごと談義

指物師さん宅を再訪。

今回は木を深~く愛するかたたち3名と一緒に。

Img_3222

木・道具などのしごと談義に花が咲く、の画 ↑ ↓

Img_3252

鉋 鉋 鉋 ・・・

Img_3225

Img_3228

鑿 鑿 鑿 ・・・

Img_3249

釿 釿 釿 ・・・  鋸 鋸 鋸 ・・・  玄翁 玄翁 玄翁 ・・・  

Img_3223

鑢 鑢 鑢 ・・・

Img_3226

目の細か~い鋸

Img_3247

の刃を研ぐための小さいやすり。

Img_3242

使う材はほとんど紫檀で、

Img_3241

仕上は生漆の拭き漆。

Img_3218

賀名生漆工芸は五條市に由来するのだろうか?

こちらの鳴神さんは和歌山の鳴神に由来するらしい。

Img_3221

この硯箱、当方のような素人には単純な形に見えるが・・・

Img_3257

わりと手間がかかるとか。

Img_3255

大工のNさんはまずどう作るかという目で見るので、その難しさがわかるらしい。

紫檀の板をいただいた m(__)m

Img_3220

Img_3261

指物師さんが昔師匠であるお父さんに、「紫檀は陽の木、黒檀は陰の木」と聞いたとのこと。

そういうことは初めて聞いた。

今は作業場・倉庫に使ってる建物は大正時代の伝統構法の住宅。

Img_3259

Img_3258

物置に使うのがもったいないくらい。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

木工 大工 唐木 古民家 町家 大黒柱 差し鴨居 トンボ ヒゲコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

高野山

Img_3202_2

Img_3200_2

Img_3203_2

霊宝館   大宝蔵展 『高野山の名宝 もののふと高野山』開催中

        * 

高野山は全体が聖地で魔除けなど要らないような気もするが・・・

通りに面した建物に鍾馗さんを三体だけ見つけた。

1体目:酒屋さんの入り口のすぐ上

Img_5673_2

Img_5675_2

正面に寺院に入って行く進入路がある

        * 

2体目:みやげ店さん

Img_5668_2

2階の軒下

Img_5667_2

外観はもう一つだけど、店内の天井、洋風の欄間などちょっと惹かれる造作が見える。

Img_5669_2

        * 

3体目:こちらは住宅の玄関出入口真上

Img_5665_2

向いは森で、その森の中には墓が立ち並ぶ奥之院への参道

探せばもっとあるかもしれない。 棟の上とか見えない建物もあるし。

        * 

高野山の気温は大門前の電光表示は29℃台。

30℃弱はやっぱり暑いsweat01けど、鳴いてる蝉が違うとその温度差以上に涼しい気持ちにならんこともない。

Img_3212_2

久々にようつべに動画をアップしてみた。

高原に~風はわたり~杉林の低木(名前は知らない)は~ゆれていた~note

白樺のように色恋を予感させるような爽やか感は無いし夏が終わっても恋が終わる予感もないが、日本らしいもののあはれを感じさせる情緒があるような気がする。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

害?駆除

田舎なので虫やら何やらがたくさんいる。

裏の畑のスチール物置の扉は・・・

Img_3130

カタツムリだらけ。 

雨宿りとは逆の乾燥宿り?

表にある太くなりすぎたケヤキではこの時期毎晩何匹ものクマゼミがメタモルフォーゼ

Img_3197

よく見るとカミキリムシがいた!

Img_3169_2

色は茶色。 ミヤマカミキリか?

こんなふうに枝が枯れる原因はこいつか?sweat02

Img_3179

数年前には事務所のフェンスに茂ったヘデラが一挙に枯れたことがあったが、見てみると太くなった幹に幼虫がいた。たぶんカミキリムシの。

こちらは裏庭にいたゴマダラカミキリ

Img_3138

Img_3135

昔カミキリムシの頭をちぎって農協かどこかに持っていくといくらかのお金がもらえたというのを聞いたことがある。

*

ヒトは自分の都合で決めた害虫を一生懸命駆除するが・・・

これは誰の仕業?

Img_1230

Photo

Img_1229

もし人間を含む動植物や山野を造った神様がいたとしたら・・・こんなことをした奴の頭をちぎって持っていったら神様は報奨金をくれるのだろうか?coldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

自然破壊 ゴルフ場 太陽光発電パネル 処理不能 造成 森林伐採 災害 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

見透し良好

ピジョンの燃料計はゲージ目盛りが見えないくらい曇っていたが・・・

Img_3126

旧車仲間から譲ってもらったパーツに交換

Img_3127

これでよく見えるようになった coldsweats01

Img_3120

Img_3121

Img_3125

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

三菱重工 シルバーピジョン C140  silver pigeon ブレッツナー 旧車 鉄スクーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

Can I see for miles and miles ?

民家つながりの方たちのブルーベリー狩りに参加させてもらった。

Img_3067

工務店の社長が作ってる無農薬のブルーベリー畑

Img_3071

ようさん食べたから目が良くなるかな?

こんな歌が頭の中に浮かんだ。

どちらかというと遠くよりも近くがもうちょっとでいいから見えるようになりたいがcoldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

The Who  i can see for miles  ザ・フー  恋のマジックアイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

お色直し終了

先日の続き

Img_3037

サフェーサー

Img_3042

Img_3050

仕上塗装

Img_3051

一部を除いてパーツ取付け、完了。

Img_3054

『50数年前の未来』という感じがする(自己満足?coldsweats01

Img_3055

Img_3056_2

細かいところまで元通りとまではいかないけど、十分満足。

Img_3057

Img_3058

モチベーションが以前より上がり、少々暑くても乗ってやろうかという気になってきたcoldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

三菱重工 シルバーピジョン C140  silver pigeon ブレッツナー 旧車 鉄スクーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

發動機

知り合いの土建屋さんがとあるところから引き取って来て数年。

倉庫の肥やしになっていた発動機。

Img_2987

処分を検討してるというので旧車仲間に声をかけると、『要る』とのこと(やっぱりcoldsweats01

車で5分くらいのところなので、引取りに付き添ってきた。

Img_2992

岡山市は松本製作所の『ライト軽油發動機』

Img_2989

銘板に岡山市下石井、駅前通とある。

今はどうなってるんだろうか?

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

発動機 エンジン 旧式 LIGHT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

夏っ!!

今回の大雨では広い範囲で大きい被害が出ている。

我が家のある加茂谷では被害はほとんど無かったが、こんな地形なので同じことが起こる可能性はかなり高いsweat02

Photo
(数年前の6月撮影↑)

永らく続いた梅雨空が明けた今朝、久しぶりに朝日を見たと思ったらいきなりの夏っsweat01

Img_3002

朝から暑いsweat01

あんなに待ち望んだ晴天なのに・・・coldsweats01

        *

残念な色の我が家の銀鳩を塗り替えるべく下地処理とマスキング終了。

Img_3018

Img_3027

Img_3031

自分でやる知識も技術も気力も体力も時間もないので、助っ人にお願いした。

仕上がりが待ち遠しい。heart01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

シルバーピジョン 三菱 スクーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

筋交い信仰?

先日のNHKのニュース

瑞巌寺

Img_2926

地震に耐えられたのは・・・

Img_2927

筋交いがあったからだとかsign02

Img_2930

Img_2928

それは、日本の伝統的構法の建物は筋交いも知らないほど遅れていて地震にも耐えられない。そんな日本で江戸時代初期から筋交いを入れてる我らが瑞巌寺は非常に先進性があって地震に耐える能力が高い、という考えにもとづいてるんでしょう、たぶん。

筋交いってそんなにエライのか?

斜めに突っ張りを入れたらこけないという子供でも分かる。

それをわざわざしていないということは、それをしたらあかんから、大きな力が加わった時には筋交いがかえって建物を壊してしまうことがわかってるから、ではないのかなsweat02

日本が培ってきた伝統的な木造建築はそんなにレベルの低いものでは決してない、と思ってますけどsweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

渡辺節とコルビュジエと日本の大工

松下会館と同時期に渡辺節が手掛けた仕事というと・・・

大阪は綿業会館の新館 1962(昭和37)年

Cimg7566

この部屋の天井は三次元曲線の格子

P1280809

P1280805

Cimg7585

Cimg7584

Cimg9046

旧館と本館をつなぐ通路。 手前が旧館で奥が新館。

Cimg9044

外部南側の旧館(←)/新館(→)

Cimg7569

旧館(←)/新館(→) 上部

Img_8024

旧館 南西側より

Cimg9011

旧館玄関付近

Cimg9012

旧館 ホール。 「イタリアルネッサンス様式」だそうで。

Cimg9031

Cimg9058

3階談話室。 「イギリスルネッサンス初期 ジャコビアンスタイル」だとか。

Img_8320

この格子は・・・

P1130882

嵐山は宝厳院にあるこれが頭に浮かんだ

Img_9723

        *

渡辺さんが欧州の過去の様式にこだわりこれを建てた同じ時期に、おフランスで造られた建物がコチラ

そしてもう一つ同じ時期なのが、この家 coldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

戦後モダニズム建築と何イズムスクーター?

『戦後モダニズム建築の魅力』・『建築家渡辺節と松下会館の建築』と題した見学会・講演会に行って来た。

和歌山大学松下会館 1961(昭和36)年  設計:渡辺節

Img_5466

Img_5465

車で行くと置き場に困ることが十分予想できたのでコレに乗って。

Img_5467

Img_5473

1964(昭和39)年式(1963年発売)のこのスクーター、デザインの系譜ではどういう位置づけで、何の影響を受けてるんだろうか?

Img_5472

元色にもどしたいsweat02

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

三菱重工 シルバーピジョンS140 ハンス・S・ブレッツナー 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »