« 冬の塩津港 | トップページ | 耐震診断先の屋内にて鍾馗さんに出会う »

2018年2月13日 (火)

床下匍匐前進

齢百を超えた民家の床下を這いずり回って来た。

Img_1226

耐震補強で取り付けたこれを撮りなおしするために

Yx8y9img_1223

腰痛が再発しそうな・・・

大正、若しくは明治終わりの仕事、敷居を固定するための引き独鈷

Img_1228

これは戦後昭和の仕事かな。 

100800img_2402

こちらは昭和の終わりごろか?

Img_1227

蒼石積み塀の瓦は・・・

Img_2444

『泉州谷川瓦株式会社 大野三太郎』の刻印

Img_2445

お隣さんも蒼石に瓦を乗せた塀。

Img_2446

こちらはどのくらいの期間か知らないが嘗て下津港に谷川瓦があった頃のもの。

Img_2449

同じくお隣さんの屋根瓦

Img_2450

軒先瓦に何か書いてあるがちょっと読みづらい。

Img_2452

『谷川深日武兵衛』、か?

今は途絶えてしまった泉州谷川瓦、明治~昭和初期にはこの辺りでのシェアが非常に高い気がする。

その滅亡の原因や如何に?

Img_2396

Img_2393

Img_23992

Img_2441

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

古民家 耐震改修 耐震リング 古民家再生 補助金

|

« 冬の塩津港 | トップページ | 耐震診断先の屋内にて鍾馗さんに出会う »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆花鳥風月・森羅万象」カテゴリの記事

◆しごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 床下匍匐前進:

« 冬の塩津港 | トップページ | 耐震診断先の屋内にて鍾馗さんに出会う »