« 2018年1月 | トップページ

2018年2月

2018年2月21日 (水)

古民家の古いタイル

旧街道沿いに建つ、とある古民家へ耐震診断に。 

100800img_2827

画像は差し障りのないところだけ

100800img_2835

別構造となってる棟に永らく使われていない古いお風呂があって、こんなタイルが貼られていた。

Img_2872

Img_2871

腰部分はマジョリカタイルで、床は本業タイルっていうやつかな?

マジョリカはなんとか再利用できる状態で取り外せそう。

床の本業のほうは・・・取り方と使い方を工夫したらある程度なんとかなるかも。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

軽い車のシートベルト

於、市役所駐車場

1001024img_1308

軽いので軽い車の置き場所へ。

ここへ向かう手前の信号待ちの際、スクーターに乗った若い警察官が、肩のところににシートベルトが無かったのを見たんでしょう、横にやって来ました。

シートベルトの取り締まりにたまに遭遇するけど見張りの警官と目が合っても止められたことは無い。

これで2回目。どちらもまじめそうな若い警官で、言葉使い・態度ともよろしく問題は無かった。

当方が若いころはチンピラと紙一重かというような奴もいましたねぇ。

        *

日曜日、仕事もたまってるけどハッサク採り sweat01

Img_1337

天気の良かったのが救い。

三宝柑の収穫はまだ先。

Img_1342

旧暦での年も明けて梅もほころび始めてきた。

Img_1344

菫も。

Img_1347

葉っぱの下に梅の種が・・・去年のかな?

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

耐震診断先の屋内にて鍾馗さんに出会う

野を越え山越え谷を遡ってcardash 、山奥まで耐震診断に行って来た。

Img_2601  

何人もいる診断士に順番で回ってきた診断先だけど、たまたま偶然にもこのお宅の方とかつて話をしたことがある。

もう何年前のことか、この家が見える国道を通った際にこの木の使い方が目に留まり、

Img_2555

近づいていくと家の方がいたのでことわったうえでちょっと撮らせてもらった。

        *

1階を見終え2階へ上がる階段がある戸を開けてもらうと、そこで診断士が見たものは・・・

Img_2583

鍾馗さんが寝ているではありませんかsign02

了解を得て撮らせてもらいました。

正面

Img_2584

背面

Img_2585

上から

Img_2586

下から

Img_2587

左側。  左腕がありません。 おいたわしやsweat02

Img_2588

災いをもたらしにやって来たものとの戦いでの負傷?

右側

Img_2589

御尊顔 接写

Img_2590

宝珠が刻まれた剣

Img_2591

御御脚(足かな?)

Img_2592

この地域ではわりとよくあるタイプの鬼

Img_2535

換気の穴は下地の竹のみの格子だけど、ある程度虫が入らないくらいの網とか張っておかないと・・・

こんなことになります coldsweats02

1001024img_1258

この季節でよかったcoldsweats01

Img_2538

『瓦梅』?何処の瓦でしょう?この辺りかな?

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

床下匍匐前進

齢百を超えた民家の床下を這いずり回って来た。

Img_1226

耐震補強で取り付けたこれを撮りなおしするために camera

Yx8y9img_1223

腰痛が再発しそうな・・・sweat01

大正、若しくは明治終わりの仕事、敷居を固定するための引き独鈷

Img_1228

これは戦後昭和の仕事かな。 

100800img_2402

こちらは昭和の終わりごろか?

Img_1227

蒼石積み塀の瓦は・・・

Img_2444

『泉州谷川瓦株式会社 大野三太郎』の刻印

Img_2445

お隣さんも蒼石に瓦を乗せた塀。

Img_2446

こちらはどのくらいの期間か知らないが嘗て下津港に谷川瓦があった頃のもの。

Img_2449

同じくお隣さんの屋根瓦

Img_2450

軒先瓦に何か書いてあるがちょっと読みづらい。

Img_2452

『谷川深日武兵衛』、か?

今は途絶えてしまった泉州谷川瓦、明治~昭和初期にはこの辺りでのシェアが非常に高い気がする。

その滅亡の原因や如何に?

Img_2396

Img_2393

Img_23992

Img_2441

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

古民家 耐震改修 耐震リング 古民家再生 補助金

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

冬の塩津港

外壁塗装の改修開始

Img_2214

浮いていたところは、

1001024img_2482

高圧水洗いで、

Img_2217

めくれて落ちてます。

100800img_2216

冬の塩津港

Img_2230

カモメは寒くは無いのか?

マリーナシティと関電の発電所が吹雪いてるみたいに見える。

Img_2226

うっすらと雪をかぶった斜面の民家

Img_2231

対岸は雑賀崎、和歌浦

Img_2235

かつては塩津とは海運で結びつきが深かったそうです。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

うっすらと積雪

朝起きると思いがけずうっすらと雪が!

901024img_1149

901024img_1151

901024img_1152

大雪のところに比べたらたいしたことでもないけど、この辺りでは一シーズンに一回あるかどうか。

白浜では海水の温度が低くなって死んだ熱帯魚が浜に打ち上げられてるとか。

901024img_1153

901024img_1156

901024img_1157

雪を払い落すのに何かやわらかいものはないかと考え、取り出したのが、

901024img_1160

かねいちさんより入手した棕櫚の箒

901024img_1163

早く倉庫のガラクタを片付けて中に入れてやらなければsweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

車検完了

約半月ぶりに車検から帰って来たA33号。

90800img_2102

90800img_2105

他社・他車種のパーツ流用とかいろいろ工夫して対応してくれたとのことでした。

プレストとかセルシオ、エルフ、ボンゴとか言うてましたが、・・・

90800img_1138

プレスト・シャンテ・・・ うちのデボくんが初年度登録した時には既に絶版となって何年も経っていた車ばかりではないですか!

出るんですか?マツダは。

3台目ルーチェレガートに乗る知人のMixi書込みによると、モノタロウでパーツが買えるらしいsmile

        *

今朝7時ごろ、西の空に有明の月。

90800img_2095

満月の二日後、旧暦では12月17日。

半月前、デボネアを車検に出した頃の夕方の三日月は、

901024img_1685_2

もっと南寄りの山へ沈んで行った。

901024img_1683_2

901024img_2092

月の出入りの位置の理屈がもう一つよくわからない。

まぁわかろうという気持ちもそんなに無いしcoldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ