« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水)

17世紀の瓦?

黒江で一番古く正保年間(西暦1645~48年)に埋め立てられたとされている地域に建つ某町家。

軒先の瓦は何種類ものタイプのものが入り混じって使われているが・・・

Img_2079

文化財関係の仕事をされてる方が言うには、これはその中でも最も古いかも、ということです。

Img_2080

少なくとも1600年代後半の古さはあるとか!

こちらはかつてへっついさんがあった部屋の上部。

Img_1429

細い自然木の間柱を立てて、竹木舞に土壁としてある。

屋根に煙出しもあるし、火袋のような空間だったのかも。

建物自体が17世紀のものとは限らないが、この地区でも最も古いタイプの町家ではないやろか?

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

塩津を歩く

ふるさと講座の二回目、塩津

Img_1940

        *

蛭子神社の拝殿(?)屋根の鯱と橘

Img_1942

橘っていうのは特にここがそれに由来があるわけでもなく、単に神社にはよく使われるものだという返答でした。

総欅造りの本殿

Img_1948

蟇股の中は、オシドリ(に、見えるけど?)

Img_1949

木鼻の象と、

Img_1958

こちらは獏やろか?

Img_1959

脇障子の彫り物は松に鶴(か?ちょっと違うような・・・?)と、

Img_1944

見えにくいけど鯉の滝登り(たぶん)

Img_1950

        *

教徳寺

何回か行ったことはあったが、

Img_1971

本堂奥、内陣と脇陣の天井にこんな絵があったとは知らなんだ

Img_1979

ご本尊の前に置かれた台(“前卓=まえじょく”というらしい)のこの彫刻は、阿弥陀経に出てくる鳥たちとのことです。

1001024img_1984

ここの位置に像鼻が付くのは珍しいらしい。

Img_1989

縁側に置かれた古い瓦

Img_1990

デジカメの画面ではようわからんかったが、PCで見てみると・・・

「和泉谷川村 瓦屋孫八」

Img_1991

「文化元 甲子ノ年」かな

Img_1992

        *

極楽寺

Img_2003

こちらの明和六年の瓦は今も現役。

Img_2028

向拝の蟇股の彫刻は、よくわからんけどオシドリ(っぽい?)

1001024img_2010

恵比寿社のものと関連があるんだかないんだか?

本堂の欄間にいろいろな彫刻がある。

とりあえずこれ↓は司馬温公の甕割りか。

1001024img_2019

あとはまぁ・・・二十四孝とかいろいろな話の組み合わせかな?

1001024img_2020

1001024img_2021

1001024img_2022

極楽寺の下にあった古民家が解体途中のようでした。

Img_2031

残念down 

唐破風を付けた妻壁の飾りが、口を開いた骸骨が悲しんでるように見えるweep

Img_2006

Img_2034

        *

おまけの猫画像

自販機にゃん

Img_1961

Img_1962

林の中を歩く虎を彷彿とさせるようなにゃんは、

901024img_1124

カメラのピントを合わせにくいほど足もとにすり寄ってくるフレンドリーな猫でした。

90800_img_1125

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

長保寺

5回ある「ふるさと講座」のうち第一回目、長保寺。

和歌山県内に国宝建造物は七棟で、そのうち三棟がこの寺にある。

大門

Img_1055

「慶徳山 長保寺」の扁額 

1001024img_1688

これは江戸時代に初代藩主頼宜公が李梅渓に模写させたもので、国宝に附指定のものは収蔵庫に保管されているらしい。

        *

本堂

Img_1700

Img_1698

左隅の部分がちょっと水平・平行ではない? 隅伸びっていう手法です。

        *

多宝塔

Img_1701

1001024img_1746

        *

鎮守堂は国指定重文。

Img_1764

        *

紀伊徳川家代々の墓所は、

Img_1779

ラピュタとかインカ・マヤの遺跡とかを想わせるような雰囲気がある。

Img_1830

初代頼宜公の墓。  

Img_1818

名前などは刻まれていない。

大河ドラマの吉宗が放映されていた頃、二代光貞の墓所の前に大滝秀治の写真が掲げられていたのを見たが、さすがに今はもうそれは無かったcoldsweats01

周囲の石の柵の笠木継ぎ目には契を入れる彫込み。

Img_1805

残ってる所もありました。(割れてるけど)

Img_1804

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

Nature Cafe M's Nest

古いガソリンスタンドを改装したアメリカンなカフェ、『Nature Cafe M's Nest』

Img_1935

日本語で言うと・・・『自然茶屋 Mちゃんの巣』。 か?

よく通る道の目に留まりやすい場所にあるけど、ベタな「和」の自分には場違いでは?という気がして入るのは気が引けていた。

が、店をやってるのが知り合いの知り合いということがわかり、それを聞いた翌日たまたまこっち方面に昼をまたいだ用事が出来たので行ってみた。

Img_1930

Img_1928

Img_1934

Img_1073

Img_1093

Img_1932

Img_1936

亜米利加風精進料理(?)、美味しかったです。

また寄せてもらいます。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

樋の穴

隣り村のお寺の雨漏り修繕

この軒下の奥にある谷樋を取り替え

90800img_8770

瓦をめくるとこんな穴が・・・sweat01

90800img_0991

水の落ちる箇所すべてに穴が開いている。

中がこうなるはずですsweat01 

90800img_8780

もうかなり前から漏れてたのではないかな?

軒樋にも穴

90800img_1398

全周こんな感じ

90800img_1393

差当り今回は屋内に雨水が入ってくる箇所のみ修繕。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*銅板 腐蝕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

チョイ塗りくん、チョイ乗りくん

黒江公民館主催の「はじめての漆工芸講座」を受講することにしました。

塗るのは茶卓。 カエデかな? 箆はプラスチック。

100800img_0980

もうちょっと違うこともしたけど、なんちゅうても全くの素人で初心者。

最初は控えめに教えていただいたことに忠実に従うことを心がけます。

漆刷毛は用意していただいた『チョイ塗りくん』

100800img_0978

切り出して使うことはできないけど、手入れを怠らなければ長持ちはするようです。

こちらは我が家のチョイ乗りくん。

90800img_1391

かれこれ一か月以上不動だったのに、T君が往診に来て問診のみで触診もしていないのに燃料ポンプがカチカチと音がしてエンジン始動 dash

彼が来てくれるのを待っていたのか? 彼のもとに帰りたいのか?coldsweats01

そして、

90800img_0997

我が家の二輪チョイ乗りくんと、仕事先のチョイ乗りくん(さん?)、TWIN。

ツインは全長が2,995の360軽よりさらに26センチ短い。

ただし全幅は18センチも大きい。

単純にL×Wで投影面積を計算すると、ツインが4.034㎡でR-2は3.879㎡。

それがどうしたということはないけど、やっぱり昔の軽自動車は小さいんやね。

安全性能はさらに・・・ coldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

スバルR-2 K12 スズキツイン ホンダクカッシュ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

寒中施工

登録文化財の蔵の修繕に、知り合いの左官・瓦・板金の職人さんに行ってもらうことになりました。

今日から足場設置。

100800img_1367

北側にある“ほおり”(堀池)結氷!

100800img_1345

夕方になっても融けてませんでした。

この季節、手廻しせねば

100800img_1360

100800img_1361

雪が積もるかも

100800img_1359

snow

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

大当たり!

年末~年始めのいただきもの

製蝋所さんでいただいた木蝋で作ったハンドクリーム試供品

100800img_1056_2

京都のコチラで販売されてるものです。

古~いガラス瓶に入れてみました。

100800img_0873

同級生にいただいた醤油さしと、磁器製の炊飯加熱器!?

100800img_0950

加熱器は検索してみたら一つだけヒットしたサイトがあったけど、どうやって使うのか詳しいことは不明sweat01

100800img_0951

’70年代~’80年代半ばのオートメカニック誌、六十数冊

100800img_0952

丹波(たぶん)産のネギ

100800img_0955

そして、地元のえびす神社のでかい箕!

100800img_0967_3

吉兆の熊手を買うたら2回まわせる福引で大当たりの一等賞shine

実用的な使い道とか金銭的価値は無いけれど(バチ当たりなcoldsweats01)、めでたいですup

これで今年の運を使い果たした? そんなことの無いように気を引き締めなければsweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

葡萄櫨の木蝋

去年の12月、和歌山県でただ一軒(とあるサイトによると櫨蝋を作ってる所は日本で3軒だとかsweat01)となってしまった、葡萄櫨から木蝋を抽出する海南市内の製蝋所さんを見学させてもらった。
        *
Img_0870 原材料の葡萄櫨の実を入れた袋

Img_0905 葡萄櫨の実

Img_0891 朦々たる水蒸気

Img_0871 抽出する機械は年季の入った鋳鉄製

Img_0889 原材料一袋でこの器一杯しかとれない

Img_0898 冷えて固まった木蝋

Img_0915 完成品

ここの木蝋は和蝋燭・鬢付け油・化粧品・薬品・その他いろいろなものに使われていて、途絶えてしまうと困る業種が少なくは無いようです。
        *
紀美野町は葡萄櫨を、京都では葡萄櫨と木蝋造りを保護・復活させる動きがあるとのことですが、はたして海南市では・・・?
お住まいのほうに、
 
Img_0947 鍾馗さんと、

Img_0923 猫がいました。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

ぶどうはぜ ブドウハゼ はぜろう ハゼロウ モクロウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

ヴィンテージカーニューイヤーミーティング2018

毎年正月の二日に開催されているヴィンテージカーニューイヤーミーティング

於:宇陀市榛原

年ごとに参加車両が増えてるみたいで、今年はちょっと到着が遅くなって展示車のスペースには入れなかった。

見物者用の駐車場にてcamera

Img_1258_2

まぁ満車で入れなかったのは仕方がないとして、ここに停めた後しばらくしてから会場のほうに行くと、暴走族仕様車を何台も入場させてるではありませんか。

ここはそういう車を集めるイベントになったんですねぇ。

「もう来年からは来ぇへん」とは言わんが、出展はやめとこかなsweat02

あんな車と同じ趣味と思われたくないし。

ということで、“あんな車”ではない車

Img_1168_2

“あんな”奴らから見たらとんでもなくカッコ悪いであろう箱スカ

Img_1171_2

絶対に純正仕様でないとあかんなどとは思わんが・・・やっぱり情緒みたいなものがあるなぁsmile

車検標章が旧タイプ。 車検時に剥がせって言われへんのかな?

Img_1169_2

見物者用駐車場のグラウンドに知り合いのデボネアが来ていた。

Img_1183

シートに薔薇模様のレースのハーフカバーは純正?

90800img_1189_2

初代最終型カリーナ

90800img_1219

330

90800img_1196

CAROL

90800img_1255_2

初期型フローリアン

90800img_1207

90800img_1205_2

130セドリック

90800img_1241

クーラーの吹き出し口?

        *

帰路道すがら

とある自動車修理工場にクラウン二代発見eye

Img_1274

        *

車以外

Img_1268

鍾馗さんとえびすさん

Img_1271

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »