« 塩津を歩く | トップページ | 車検完了 »

2018年1月31日 (水)

17世紀の瓦?

黒江で一番古く正保年間(西暦1645~48年)に埋め立てられたとされている地域に建つ某町家。

軒先の瓦は何種類ものタイプのものが入り混じって使われているが・・・

Img_2079

文化財関係の仕事をされてる方が言うには、これはその中でも最も古いかも、ということです。

Img_2080

少なくとも1600年代後半の古さはあるとか!

こちらはかつてへっついさんがあった部屋の上部。

Img_1429

細い自然木の間柱を立てて、竹木舞に土壁としてある。

屋根に煙出しもあるし、火袋のような空間だったのかも。

建物自体が17世紀のものとは限らないが、この地区でも最も古いタイプの町家ではないやろか?

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

|

« 塩津を歩く | トップページ | 車検完了 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/72820798

この記事へのトラックバック一覧です: 17世紀の瓦?:

« 塩津を歩く | トップページ | 車検完了 »