« 詰所泊 | トップページ | デボネアオーナーズクラブ 二人ミーティング »

2017年12月15日 (金)

砺波詰所~東本願寺近辺徘徊

本願寺近辺には他にも地域の「詰所」や頭に土地の名前の付いた旅館とかがある。

Img_0478

Img_0511

        *

今も数多く残る地名の琺瑯看板

Img_0484

Img_0532

今では京の街角になじんでるけど、最初のうちはどやったんやろ?

木・漆喰・瓦とか、昔からあるものに比べたら新参者の素材。時間を経て今は情緒を感じさせてくれる。 

まぁそれって長い時間が生んだ利息のようなもんではないかな、と思ってます。

それではこれは?

Img_0556

利息たまるより劣化の進む速度のほうが早いかもsweat01

        *

角地の喫茶店

Img_0485

Img_0487

Img_0488

何年前かは忘れたけど、撮るのはこれで2回目camera

今度来たとき営業してたら入ってみたい。 (既に廃業の可能性高いけどsweat02

        *

レトロなちょっとアールデコっぽいビル。   

Img_0490

901024img_0492

901024img_0489 

夏は蔦の葉に覆われてるのかもしれない。

        *

その隣にスターハウス!

Img_0493

出町柳の近くにも2棟ほどあったが、あちらもまだ健在だろうか?

        *

超有名どころ、東本願寺

Img_0505

Img_0507

Img_0506

巨大ですsweat01

        *

平屋の金属板屋根の棟中央に、なにやらぽちっと突起が目に留まった。

Img_0518

京都では他所より少数派の棟上鍾馗さん。

Img_0519

        *

こちらは板金屋さんのお住まいでしょうか!

Img_0526

梯子の収納、場所の有効利用を考えましたね~。

『樋』は『トイ』とは読ましまへん。「トユ」です!

Img_0527

「トユ」の飾りは、龍と・・・鶏ですか?

Img_0528

反対側にも鶏、やね? 鳳凰ではないわな? 怪鳥?

Img_0530

        *

広い通りの向こう側、蔵の鬼瓦の上に何かが生えている!

Img_0538

近づいて見上げると・・・

Img_0545

大黒さんに殺生針(釘?)  「福は内、鬼は刺す」ということかな?

        *

Img_0554

Img_0555

それがどうしたというようなことですけど・・・coldsweats01

用途は通りを見通すためかな。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

|

« 詰所泊 | トップページ | デボネアオーナーズクラブ 二人ミーティング »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/72445483

この記事へのトラックバック一覧です: 砺波詰所~東本願寺近辺徘徊:

« 詰所泊 | トップページ | デボネアオーナーズクラブ 二人ミーティング »