« 看板くーにゃん | トップページ | ここ掘れカメカメ »

2017年8月 5日 (土)

高野山

民家愛好会のみなさんを和歌山に招いてのご案内、天野の次は高野山へ

開創1200年記念事業として天保14年の焼失以来172年ぶりに2015年に再建なった中門

Img_3949

解説は建設にたずさわった堂宮大工、尾上組の尾上氏

Img_3939

プロポーションは天野の丹生都比売神社の楼門を参考にしているとのことです。

尾上氏とはヘリテージマネージャーを同期で受講しただけの間柄なのに、厚かましくもこれで二度目のお願い。

この方の話は非常に興味深くて面白い。

ヘリテージマネージャーなんかも、どちらかというとこちら側(受講する側)ではなく、前でしゃべる側(講師側)の方ですね。

手土産だけというのはものすごく失礼ではないかという念が・・・sweat01

Img_3950

Img_3956

Img_3955

Img_3957

下界では盛りが過ぎた紫陽花がここでは見ごろ

Img_3958

次に案内は高野山寺領森林組合の方にバトンタッチ

大木が立ち並ぶ奥之院への参道 

Img_3964

所々こんなプレートが付けられた木がある・・・>特別母樹林

Img_3961

ここは大幅な間伐を施し、今後上の自然林からの影響を受けてどういうふうに変わって行くのかを見るという、いわば実験的な森らしい。

Img_3971

栂のbaby・・・これが大木となる確率はどれくらいのものなのか?

Img_3973

現在間伐中の森

Img_3981

高野の霊木で作った用材

Img_3998

当方の直接、または間接の人脈をたよった企画としては精一杯頑張ったつもりですけど、参加の皆さんの満足度や、如何に?

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

|

« 看板くーにゃん | トップページ | ここ掘れカメカメ »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆花鳥風月・森羅万象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/71314391

この記事へのトラックバック一覧です: 高野山:

« 看板くーにゃん | トップページ | ここ掘れカメカメ »