« 金沢-2 東茶屋街 | トップページ | 土に還りつつある昭和のりもの遺産 »

2017年6月 7日 (水)

金沢-3 鈴木大拙館

21世紀美術館の横でバスを降り、歩いて鈴木大拙館へ

この椅子は・・・銀血球!?

Img_1087

途中にあった『金沢市立中村記念美術館旧中村邸』 (長いsweat01

Img_1089

Img_1090

Img_1093

説明書きによると、昭和初期の建築で他所より昭和41年にここに移築

現在は金沢市指定保存建造物

        *

鈴木大拙館     施設概要などはコチラ

Img_1098

エントランス側外観

Img_1118

ステンレス(たぶん)の結界  和の庭ならコレにあたるもの

Img_1108

コンクリートの塀上の溝は雨水が壁面に垂れて汚れないように、かな?

Img_1109

Img_1114

Img_1122

Img_1123

Img_1116

Img_1117

Img_1125

Img_1128

エントランスから展示室に向かう通路、『内部回廊』

Img_1130

その通路途中に『玄関の庭』に向けて三角形の張り出しがある

Img_1135

Img_1136

展示を見せる前にここで何を感じさせたいんですか?(無学で風流な心を持たない凡人にはここに深い意図があるのかないのかさえもわからないcoldsweats01

日本の禅文化を海外に広く知らしめた仏教哲学者、ということで、身構えてしまいますね。設計意図にもきっと奥深いものがあるんだろうと。

展示室側から玄関のある方向を見返し

Img_1145

ここから先はban撮影

Img_1146

ですが・・・気が付かずに撮ってしまった coldsweats01 手摺笠木納まり

Img_1150

ちょっとうちの事務所と似てるか?

Img_1552_2 ええ仕事してませんね・・・

ここからはまた撮影可能エリア 

Img_1161

『外部回廊』、『水鏡(“みずかがみ”or“すいきょう”?)の庭』

Img_1162

女性スキャンダルで辞任した某総理の「明鏡止水の・・・」という言葉を思い出した

Img_1164

『思考空間』と名付けられた部屋 (『嗜好空間』ならうちにもあるけど・・・)

Img_1170

Img_1171

外部との出入口納まり

Img_1172

コンセント

Img_1177

Img_1196

Img_1202

ルーバー詳細 (実務的なところに目が行く・・・)

Img_1203

時折沖(?)のほうで下から水が湧き上がり水面を波立たせる

Img_1208

その間隔は一定だったかどうかは測っていない

Img_1186_2

鉄塔が邪魔?

それも含めて「不風流處也風流」と見えるようにならないといけないのかどうか・・・そこまではわかりません

凡人・俗人なものでcoldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

|

« 金沢-2 東茶屋街 | トップページ | 土に還りつつある昭和のりもの遺産 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

コメント

ちょうどこの月曜の日経新聞「私の履歴書」でこの建物の設計者が鈴木大拙館について語っていて、どんな建物か気になっていたので嬉しいエントリーでした。

「無」を形にした建築、というのはサッパリわかりませんし特に興味のある年代の建物ではありませんが、写真を見ていると「ルーバーに埃が積もってクモの巣が掛かってるな…」とか実物に接した時の手触りみたいなものが伝わってきて満足でした。ありがとうございます。

投稿: inomamo | 2017年6月27日 (火) 20:38

>inomamoさん

私も日経読みました。
タイムリーに建物を感じるよすがのようなものになったのでしょうかcoldsweats01

投稿: onigawara | 2017年6月28日 (水) 18:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/70785661

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢-3 鈴木大拙館:

« 金沢-2 東茶屋街 | トップページ | 土に還りつつある昭和のりもの遺産 »