« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月29日 (木)

行列一番乗り

川越のa.m.7時過ぎ。とあるラーメン屋前。

901024img_2995

一番乗りですか coldsweats01

901024img_3002

カップルかな?

901024img_2996

散歩の犬が来たのでちょっと注視してるところ。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

川越ラーメン 大八 行列 猫 ねこ ネコ にゃんこ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

小江戸 川越

黒江JAPANの一メンバーとして川越訪問に参加してきた。

小江戸川越は車道に人があふれるほどの賑わい。

駅に近い「昭和の街」から「蔵造りの町並み」方向をcamera

901024img_3171

後から思うとクラクション鳴らしてるのを聞かなかったなぁ。 

これが大阪なら?・・・coldsweats01

*

この画像ではたまたまそれほどでもないが、脇道も人の密度が高い。

Img_2516

が、車両は通行禁止にはなっていない。

もっと情緒を求める方には早朝がおススメかもしれません。

Img_2645

Img_2736

ちょっとマンションを消してみました

Img_2736_3

時の鐘

Img_2699

Img_2640

Img_2716

とにかく棟がデカイ建物が多い。

その中でも大きい部類の棟。 巨大な漆喰の塊?!

Img_2933

薄いのもあります。

Img_3035

「蔵」を売りに名乗り出したのは、一説ではこの店が最初だったとか。

Img_2879

強力な殺生針。

Img_2882

この地ではこれをなんというのか聞かなかった。

Img_2878

「鬼のつけ睫毛っ」ていう感じですね。昭和40年代くらいsweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

金沢-4/4 その他

金沢の二日目 いつものように早朝徘徊してみた

真宗大谷派の寺院 専光寺  妻に竹林の虎?の彫刻

Img_0928

         *

広い通りのさらに向こうの住宅の妻壁になにかあったのでzoomで撮ってみると・・・

Img_0938

『頭合わせ二つ結び雁金』紋 (長い!)

         *

蔵かな。この出っ張りは何?

Img_0922

         *

とある店舗併用住宅の出入口

Img_0939

外に硝子戸で中に通風雨戸!?

         *

タワー町家

Img_0942

         *

パラペット表面に使われてるのは・・・

Img_0949

海辺とかに設置されたりしてる風・雪除け防護柵のパネルに見えるけど?

         *

ひがし茶屋街の店先の金箔パック!? 

Img_0956

こんなのを顔に貼り付けて暗闇から出て来られたら・・・shock

         *

兼六園内の団体観光客御用達のような料理屋にて

Img_1254

“ポパイオリーブ”様?

         *

金沢城内    菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓

Img_1262

さすがに百万石の大大名 これだけでもそんじょそこらのお城より立派かも

塀の実物大模型(と言っていいのか?)

Img_1257

Img_1260

造りがよくわかる

         *

金沢城公園を抜けて香林坊のほうへ向かう途中

Img_1263

Img_1265

タイヤに広告か!  

         *

長町武家屋敷

Img_1270

Img_1276 *

Img_1291

Img_1294

塀仕上いろいろ

掻き落しに布目ボーダータイル?

90800img_1268

中塗り仕上?

90800img_1285

中塗りに櫛引き?

90800img_1287

無双を入れた門の引戸と、何かを見つけて接写するB君

901024img_1286

901024img_1289

ステンレス+陶製?の郵便受け

Img_1307

901024img_1307

御誂え? 既製品? 

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0)

2017年6月16日 (金)

枇杷色の山

先日の夕方、有田川町での夜の会に出席するために近道の山越えをした cardash

彼方に見えるのは淡路島

Img_2133

さみだれは みどり色・・・note』という歌があるけど、加茂谷の奥のほうでは山が枇杷色に染まっている。

Img_2131

夕陽を浴びると、枇杷色というより橙か柿色かな。

Img_2130

袋をかけていないのは多分収穫予定の無いほったらかしの木?

Img_2132

そうだとしたらもったいないcoldsweats01 

有田のほうでは少し前から灌水しているミカン畑もある。

Img_2137

この季節に・・・sweat01

旧五月ももう二十二日というのにカラッとした五月晴れがずっと続いてる。

この前の五月雨はいつだったのか?

その分閏五月に谷一杯になるくらいかためて降ったりして・・・coldsweats02

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

マルキ食堂(箕島)

箕島駅前 マルキ食堂さん

90800img_7115

今日車を運転中かけてたラジオにここの女将が出てきて、簡単なクイズに答えて6万円ゲットするのを聞いた。

90800img_7116

たちうお丼が今のおすすめらしい。ラジオで言うてた。

90800img_7114

日替わりランチ

90800img_7108

90800img_7111 90800img_7113

90800img_7105_2 90800img_7104

ここへは二十歳台前半、40年弱前に入ったことがある。

その時はたぶんこの建物ではなかったと思う。

創業92年と言うてたから築50数年だったのかな?

箕島駅開業が大正13年なので、それからじきにここに店を出したということか。

90800img_7107

向かいの喫茶店が『純喫茶まるき

身内なのか経営者が同じなのか? 聞かなかった。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

絶滅危惧II類

羽黒蜻蛉がひらひらと飛んできて、倉庫前の植え込みの葉にとまった。

1001024image2

『飛』とか『翔』より、『舞う』のほうが似合ってるように思う。

1001024img_1651

清流に生息するらしいが、そんなものこの近くのどこに・・・?

我々はこの谷からもうとっくにそういうところでしか生きられない生物たちを駆逐してしまったはずなのに。

山上に風力発電の風車を作りたい会社が提出した環境評価みたいなものを見たことがある。

長々と大した内容でもないことを分厚い報告書に書き連ねて、結論的にはここには配慮しないといけないようなものは何もありませんということだったように記憶している。

『絶滅危惧Ⅱ類=絶滅の危険が増大している種』だとか。

いったいどこのどのような方たちが危惧してくれてるんでしょうか?

このあたりでは市民にも行政にも危惧していると感じたことはありません。weep

        *        *        *

昨夜は満月

1001024img_1652

ストロベリームーン、ミニマムーンとかいうものらしい。 初めて聞いた。

1001024img_1653

いつもより赤いのか? ちょっと小さく見えるのか?

そう言われて見てみると・・・そうは感じないcoldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

土に還りつつある昭和のりもの遺産

某所の草ヒロ   

50800img_1505

非常に残念な状態  (周りの草をなぎ倒してこの状況sweat02

未だ色褪せないマルフマークの紋所が目に入る

50800img_4004

ウサギのマーク

50800img_4055

このままみすみす土に還してしまうのも残念なので「引き取ります」とは言うたものの・・・場所的にもサルベージにはちょっと難がある

しかも転がる状態ではないしsweat01

昨日四国から関東まで梅雨入りが発表された

今年は旧暦では五月が二回、閏五月がある

ということはもしかしたら梅雨が長引く可能性もあるのかな?

鉄スクーターの土に還るスピードがが加速しそう・・・shock

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

ラビットスクーター S101 富士重工

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

金沢-3 鈴木大拙館

21世紀美術館の横でバスを降り、歩いて鈴木大拙館へ

この椅子は・・・銀血球!?

Img_1087

途中にあった『金沢市立中村記念美術館旧中村邸』 (長いsweat01

Img_1089

Img_1090

Img_1093

説明書きによると、昭和初期の建築で他所より昭和41年にここに移築

現在は金沢市指定保存建造物

        *

鈴木大拙館     施設概要などはコチラ

Img_1098

エントランス側外観

Img_1118

ステンレス(たぶん)の結界  和の庭ならコレにあたるもの

Img_1108

コンクリートの塀上の溝は雨水が壁面に垂れて汚れないように、かな?

Img_1109

Img_1114

Img_1122

Img_1123

Img_1116

Img_1117

Img_1125

Img_1128

エントランスから展示室に向かう通路、『内部回廊』

Img_1130

その通路途中に『玄関の庭』に向けて三角形の張り出しがある

Img_1135

Img_1136

展示を見せる前にここで何を感じさせたいんですか?(無学で風流な心を持たない凡人にはここに深い意図があるのかないのかさえもわからないcoldsweats01

日本の禅文化を海外に広く知らしめた仏教哲学者、ということで、身構えてしまいますね。設計意図にもきっと奥深いものがあるんだろうと。

展示室側から玄関のある方向を見返し

Img_1145

ここから先はban撮影

Img_1146

ですが・・・気が付かずに撮ってしまった coldsweats01 手摺笠木納まり

Img_1150

ちょっとうちの事務所と似てるか?

Img_1552_2 ええ仕事してませんね・・・

ここからはまた撮影可能エリア 

Img_1161

『外部回廊』、『水鏡(“みずかがみ”or“すいきょう”?)の庭』

Img_1162

女性スキャンダルで辞任した某総理の「明鏡止水の・・・」という言葉を思い出した

Img_1164

『思考空間』と名付けられた部屋 (『嗜好空間』ならうちにもあるけど・・・)

Img_1170

Img_1171

外部との出入口納まり

Img_1172

コンセント

Img_1177

Img_1196

Img_1202

ルーバー詳細 (実務的なところに目が行く・・・)

Img_1203

時折沖(?)のほうで下から水が湧き上がり水面を波立たせる

Img_1208

その間隔は一定だったかどうかは測っていない

Img_1186_2

鉄塔が邪魔?

それも含めて「不風流處也風流」と見えるようにならないといけないのかどうか・・・そこまではわかりません

凡人・俗人なものでcoldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

金沢-2 東茶屋街

建築士会支部での金沢二日目

定番の東茶屋街・・・金沢は通り過ぎただけも入れたら三回目で、ここへは初

Img_0974

朝の早い目だったので人も少なめ

これ↓がここの代表的なスタイルかな

Img_0976

Img_0996

素木が多いみたいだが弁柄塗らしき赤いのもある

Img_1000

こちらの細い格子は断面が台形  斜め方向への視界が広がるようにか?

Img_1009

メインの通りから路地を入ってみた

Img_1023

戸袋無しのパターン

Img_1019

Img_1026

舗装の石に錆のような色があるのは道路の融雪水によるものでしょうねぇ、たぶん

Img_1035

下見板張りの和風と洋風

Img_1039

Img_1024

飼ってるのは象みたいな犬?

Img_1024_2

Img_1025

Img_1027

Img_1057

茶屋街猫

Img_1053

広い通りに戻ると、いつの間にか観光客が増えていた

Img_1012

欄間の模様には何か意味が隠されているのかどうか・・・わからない

Img_0959

黒江にも似たようなものが数年前まであったけど、ある会合でそこのオーナーさんにそのことを話しかけたら全く興味が無い様子gawk

そのあまりにも「はぁ」感に後悔して、それ以来その方には声をかけるのをご遠慮させていただいておりますsweat02

しばらくして建物ごと消え失せました down

こちらにも似たようなレリーフ

Img_0970

Img_0971

そろそろ次に行く時間が迫って来たのでバスの駐車場へrun

大通りに面した舖

Img_1064

スクラッチタイルに丸窓 これも黒江に似たものが・・・

Img_1069

鍾馗さんがいるではないですか  量産タイプですけど

Img_1067

どうやら最近据えられたもののようで、これはこれで瓦鍾馗が伝播してると言ってもいいんじゃないでしょうか、現在進行形で

これから金沢~石川県~北陸~全国広がっていくのかもしれません

ちなみにストリートビュー(2015年)ではこんな感じ

501024img_1146

氷屋さんは何の工夫もデザイン性も精神性も無い健在で覆われた状態で、鍾馗さんも無い

        *

植え込みに置かれた陶器瓦の大黒さん  

Img_1079

腰板のちぎり、チギリ、契

Img_1080

次は今回のメインの訪問先のうちの一つ、鈴木大拙館へ

途中バスの車窓より

Img_1082

「珈琲館 禁煙室」はまぁえぇとして、「バナナ自転車店」!?  

トマト銀行みたいなもんかcoldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

“サクラチル”は吉報?/かねいちさん公開

梅雨前のカラッと晴れた初夏の空

70800img_3996

紫外線がきついので桜の蔭へ退避

70800img_1522

サツキの上に桜の実が落ちている

70800img_3982

“サクラチル”は不合格の報せの代表的な文言だけど、散らないと実もならない。

だから桜が散るのは次に実を結ぶということで、むしろ吉報として使われるほうが相応しいのかなと思ったりする。

が、ソメイヨシノを両親とする実は発芽することはないんだそうで、それはまためでいことでない。

が、それはそれで他の生き物(人間)によって種を保存していく方法を身に付けたと言えなくもないかな・・・(どっちや? どっちでもえぇ?coldsweats01

        *

今年一回目のかねいちさん(登録文化財 山本勝之助商店)公開での解説を終えました。

今回はお茶でおもてなしするということを試みてみた

70800img_1534

企画は・・・成功だったかな?  

支部長も協力者の方たちも頑張ってくれたし、見学者も増えたし、着物を着て来てくれた方もいたし shine

70800img_1536

70800img_1540

次回は秋。日時は未定。

今度は何を企画しようか・・・sweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

金沢

金沢21世紀美術館

屋外の恒久展示作品、『カラー・アクティビティ・ハウス』

Img_0819

建物の中庭(と言うていいのか?)の同じく恒久展示、『スイミング・プール』

Img_0799

40800img_0797

下から camera 

Img_0806

有料部分で撮影が許されているのはここだけ

楽しそうですね~ note

40800img_0807

そんな時代にもどりたい(いまでも子供みたいなことしてるやないか? まぁそうかも)

Img_0871

Img_0874

4080050800img_0875

2004年の開館   設計は妹島和世と西沢立衛のSANAA

この世界的な建築家ユニットが創った建物を田舎建築士がどう見て何を感じたか?

おそらくここを訪れている建築とかデザインを生業としていない多くの一般市民の方々とそんなに変わりはないのではないかいな・・・coldsweats01

        *

美術館を出て集合時間まで近くをうろつく

しいのき迎賓館は旧石川県庁本館

Img_0820

Img_0828

Img_0827

大正13年竣工というから、築93年

庁舎としては引退してるけど建物としては現役  

Img_0832

Img_0839

Img_0849

Img_0860

美術館とは対照的に、どんな様式をどう取り入れていくかを考えて造り上げられたように思える。

まぁある意味SANAAさんの建築もイマドキの様式と言えなくもないのかな

はたしてあの現代建築の美術館は、この建物と同じ築年数となる80年後も存在しているのだろうか?などとふと思ったりしてしまう。

Img_0844

Img_0850

Img_0852

Img_0856

        *

夜の金沢駅界隈 

Img_0882

一昨年建築士会の全国大会で訪れて以来、2回目

鼓門

Img_0883 *

世界で最も美しい駅 14選』の中にランクインしたそうです(そんなもんですかね ちなみに個人的にはこんな駅のほうが圧倒的に好きですけど)

        *

駅の近くを少し歩いてみた

一昨年来た時に入った喫茶店、長田亭

Img_0899

まだ灯りがついていたので入ろうと思ったが・・・“営業中”の札を裏返すのを忘れていたようで・・・残念でした。

もう少し歩くとスーパーのような八百屋のような店が

Img_0900

『ひまわりチェーン』というスーパーの金沢駅前店らしい

40800img_0903

営業車両もちょっとだけ年季が入ったボンゴ

40800img_0902

伝統的でも先進的でもない、ちょっと昔のフツーの店に何故かちょっとホッとしてしまうcoldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »