« 土に還りつつある昭和のりもの遺産 | トップページ | マルキ食堂(箕島) »

2017年6月10日 (土)

絶滅危惧II類

羽黒蜻蛉がひらひらと飛んできて、倉庫前の植え込みの葉にとまった。

1001024image2

『飛』とか『翔』より、『舞う』のほうが似合ってるように思う。

1001024img_1651

清流に生息するらしいが、そんなものこの近くのどこに・・・?

我々はこの谷からもうとっくにそういうところでしか生きられない生物たちを駆逐してしまったはずなのに。

山上に風力発電の風車を作りたい会社が提出した環境評価みたいなものを見たことがある。

長々と大した内容でもないことを分厚い報告書に書き連ねて、結論的にはここには配慮しないといけないようなものは何もありませんということだったように記憶している。

『絶滅危惧Ⅱ類=絶滅の危険が増大している種』だとか。

いったいどこのどのような方たちが危惧してくれてるんでしょうか?

このあたりでは市民にも行政にも危惧していると感じたことはありません。weep

        *        *        *

昨夜は満月

1001024img_1652

ストロベリームーン、ミニマムーンとかいうものらしい。 初めて聞いた。

1001024img_1653

いつもより赤いのか? ちょっと小さく見えるのか?

そう言われて見てみると・・・そうは感じないcoldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

|

« 土に還りつつある昭和のりもの遺産 | トップページ | マルキ食堂(箕島) »

◆花鳥風月・森羅万象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/70816975

この記事へのトラックバック一覧です: 絶滅危惧II類 :

« 土に還りつつある昭和のりもの遺産 | トップページ | マルキ食堂(箕島) »