« 足助-2  | トップページ | 名古屋 白壁・主税・橦木 »

2017年4月30日 (日)

玉田屋旅館

足助での昼食は中馬街道沿いの元旅籠、玉田屋旅館

Img_9394

玄関脇に鍾馗さんの幟

他にもう一軒あったけど、瓦の鐘馗さんはざっと歩いた限りでは一体も見つけられなかった

Img_9395

Img_9653

Img_9630

Img_9637

山菜がメインの料理

Img_9632

Img_9633

Img_9646

Img_9650

Img_9649

四半敷き市松の床は、

55800img_9645

おじいさん(先代?)が器用な人で、自作だそうです。

貼った当初は多分周りから浮いたように感じたかもしれないが、今はもう建物になじんでるように見える

松の葉をあしらった廊下と便所の間仕切りの硝子窓

Img_9644

洗面所のタイル

55800img_9642

コカコーラの王冠コレクション

Img_9647

外部、2階勾欄の貫の部分に、「た」「ま」「だ」「や」「た」「ま」・・と文字の彫り込み

Img_9656

説明板は板にレーザー加工(?)

Img_9655

女将に尋ねたところ、たしか築200年ほどとお聞きしたような?(時間が経つと記憶が・・・sweat01

Img_9393

難癖つける気はさらさら無いんですけど、明るいグレーの釉薬瓦はちょっと似合ってないかと・・・coldsweats01

一泊二食で、これも記憶が曖昧になってきたが8千なんぼだったか?

今度機会があれば泊まってみたい。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

|

« 足助-2  | トップページ | 名古屋 白壁・主税・橦木 »

◆店など」カテゴリの記事

◆食・飲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/70401819

この記事へのトラックバック一覧です: 玉田屋旅館:

« 足助-2  | トップページ | 名古屋 白壁・主税・橦木 »