« 大正温泉 | トップページ | おまめ(海南 栄通り) »

2017年4月19日 (水)

グリル光陽軒

昭和な車に乗って昭和な洋食屋、和歌山市の高松にある『光陽軒』へ。

Img_9156

「いつでも行ける」=「いつまでも行かない」状態だったけど、初めて入ってみた。

とりあえずオムライス=590円也 

Img_9149

ケチャップではなく、デミグラスソース

店内

Img_9148

画像を見てからあらためて気付いたけど、たばこの自販機だったのか

60800img_9148

昭和の光を放つペンダント照明器具

Img_9154

昔よくあったモザイクタイルの床

Img_9153

庇のテントに定休日は第1・第3日曜日と書いてあるが・・・

Img_9157

この日は第3日曜日。 ネットによると年中無休との記述もあった。

駐車場に停めてあった車はボディの文字がかわいらしかったので、近づくまではどこかの会社の営業の人が客で来てるのかと思ったが、

Img_9158

この店の車でしたか。

が、個人的な嗜好で申しわけないが、どちらかと言えばロゴはコチラのほうが好みです。

60800img_9149_2

しかし「O」の上に横棒(名称がわからん)の表記は支持したい。

道路の案内板などで「OSAKA」「KYOTO」「KOBE」は「オサカ」「キョト」「コベ」に読めてしまうのでcoldsweats01

残念な外壁の「ぱっとサイデリア」(おそらく)。 

Img_9155

下衆な会社の高額で不細工な仕業ですsweat02

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

|

« 大正温泉 | トップページ | おまめ(海南 栄通り) »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆のりもの」カテゴリの記事

◆食・飲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/70282941

この記事へのトラックバック一覧です: グリル光陽軒:

« 大正温泉 | トップページ | おまめ(海南 栄通り) »