« 三寒四温? | トップページ | 復元 »

2017年2月24日 (金)

天然乾燥材と板倉構法の家

『すまいをトーク』の今月2月は天然乾燥材と板倉構法の話

仲間内でやっている限界耐力の勉強会と日時が重なり、迷ったけどこちらに出席しました。(こっちは年会費払ってるのに休みがちで、限界耐力のほうは基本的には計算は依頼することにしてるしcoldsweats01

講師は静岡県より来られたこころ現代民家研究所のやましたしんいち氏

50800img_7513 50800img_7514

耐力と防火性能の実験画像 ☟

50800img_7518 50800img_7525

天然乾燥や新月(月齢)伐採の話は今までも民家再生協会とかでも聞いたし板倉構法の建物をするかどうかは別として、出席して良かった。

建築を生業にしていない受講者にもわかりやすく大事なことを理解してもらえたのではないかな?

この家☟の黒い外壁は、

50800img_7581  「渋墨」が塗られた杉板

この「渋墨」、ちょっと検索してみると思ったより全国いろんなところで使われているようです。

黒江ぬりもの館でも以前使いました。スタッフ日誌にあります。

記事はこちらこちら 

奥座敷を整備した際も、縁側から見える裏庭の向こう側の壁を隠す板に塗りました。

60800p1150234 一回塗の状態

先日高貴寺の帰り道、かつらぎ町を通るので買うて来ました。

60800img_7768 木の国 渋墨

柿渋のほうが高いんやね。

今回耐震改修した築百?十年のこの家の修繕した箇所

60800img_7493

に塗るために。

新建材の内装を取り払ったところも修繕後に塗らなあきません。

60800

弁柄少々と膠も加えたほうがいいかと思うけど、加減はどんなもんやろか?

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

|

« 三寒四温? | トップページ | 復元 »

◆しごと」カテゴリの記事

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/69649829

この記事へのトラックバック一覧です: 天然乾燥材と板倉構法の家:

« 三寒四温? | トップページ | 復元 »