« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

壁の中から燻し竹

1月後半に始まった3件の耐震改修工事はすべて石場建ての木造住宅。

その中でもたぶんここが一番古い。

90800img_7316

90800img_7298

一部壊した土壁の中から出てきた竹はこんな色

90800img_7334

90800img_7335

土の中に埋まってたのにこの濃さということは・・・この壁を作る際に、すでにここまで燻されるほどの年数を経た建物の部材を使ったということか!?

ということはこの竹が伐られたのは・・・

この家の築年数+その前に燻され続けてきた年数=なんぼ新しくても江戸時代かなcoldsweats01

現場には蝋梅の香り

90800img_7299

*

先日、某商業施設の駐車場にて camera

90800img_73012

目立たないけど何気に古い。

おそらく二十数年モノ。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

雪崩

まぁ雪崩ではなく、正しくは落雪かな。

90800img_7257

この辺りでは日陰でもだいたいはじきに融けてしまうけど、数日残ってました。

90800img_7258

               *

こちらにも↓

90800img_7259

90800img_7260

これはあまり車によろしくない。  特に老体にはsweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

久々の積雪

先日、和歌山では珍しく積雪。

耐震改修工事の現場に向かう道がうっすら雪化粧snow

北国や山国?程ではないと思うが、とにかく寒かった。

今度の仕事車、サンバーディアスはカセットデッキ装備。

90800img_3425 *

昔の高中正義の“夏全開”を引っ張り出してきてかけてみたけど、寒さ感がやわらぐはずもないcoldsweats01

現場に近づくにつれて白さが増してくる。

90800img_3426

その改修する住宅は、屋根の野地が竹。

90800img_7226

昭和39年でこの仕様とは・・・かなり古い大工さんが建てたのか?

モヒカン山とまわりの桃畑も白。

90800img_7232

まぁ雪もこんなもんか、と思ったが・・・

夜更けにまた雪が降ってきて・・・

90800img_3433

90800img_3436

翌朝は数年ぶりの積雪。

90800img_3447

ここが出番とばかりに4駆のサンバーが活躍! 娘を職場まで送りました。

90800img_7233

有田の平地でこれだけ↑積もるのはあまりないこと。

我が家の近くも。

90800img_7240

90800img_3452

お向さんの親娘三人が夜更けに作った雪だるま。

90800img_7244

寒いけど気持ちがほのぼの感でちょっと暖かくなった気がした。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

酉に“でんだい”

我が家では小正月はぜんざい。

90800img_3387

和歌山弁で読めば”dendai”

まぁ今は還暦以下でそんな発音の人は絶滅に近いかもしれないけど。

どこかでいただいてきた古い漆椀に入れてみました。

90800img_3385

『諫鼓鶏』

政治を諫めたい者は打ち鳴らせということで置かれた太鼓は、善政で太平の世が続き長い間誰も叩くこともなく苔生し、大きな音に神経質な鶏が上に乗っている、という意味だそうですが・・・

叩いたら捕まえられて刑罰を受けるから誰も近づかなかったとか・・・sweat02

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

一一七

もう22年も経つのか。

あの時は前日の夜遅くに石川県から帰宅して、早朝にいつもとは違う揺れ方の地震で目が覚めた。

これはもしかしたらどこか少し離れたところで大きな地震でも?と思いテレビをつけて、しばらくしたら速報があり、その後は尋常ではない状況が次第にわかってきた。

*

今日17日、耐震関連の用件で2軒訪問。

町内の築110年の住宅。

90800img_7049

90800img_7063

程度よく維持管理されてます。

*

こちらは築150年

90800img_7100

*

オカミが決めた“エコ”(?)な家をどんどん建てるよりも、クォリティの高い家を積極的に残していきたいし、そのほうがエコ(ロジー、ノミック)的にも文化的にも正しい方向だと思ってる。

地震で「古い家はことごとくつぶれた」は、はたしてよく言われる『筋交いが無い・石の上に柱が乗っているだけ・・・』が本当に一番の原因なのか?

もしかしたらそれは濡れ衣ではないのか?

「維持管理が適切でない古い建物が壊れた」という言い方のほうが実情に近いのでは?

「耐震」・「エコ」関連の法規は一体何処を目指すのか?

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日)

十六夜の月

昨日の朝、西の空に・・・

1001024dscn0114

月が出たのは十六日(旧師走)で、沈む時は当然十七日の朝。

ここまでが十六夜の月? それとも・・・?

別にこんなことに疑問を持たんでもええのかもしれないけど・・・coldsweats01

        *

昨日の土曜日は寒波襲来で各地に大雪警報やら注意報が出されていて、テレビの気象情報でまた『真冬並み』とか言うていた。

真冬に『真冬並み』って?・・・報道の人が全国放送でのたまわれるということは、違和感持つほうが間違ってる?

我が家の周りでも夜にちょっと雪が降ったが、

901024image1_2 ⇐当地でのMAXはこんなもの。

・・・ではあるけれど、早いこと倉庫を片付けて中に入れてやならければsweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

スバル

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

去年の師走、古いスバル車との出会いが続いた(というても2台だけcoldsweats01

R-2の復調を確かめるため試運転でコンビニまで行くと、少し前に見かけたのと同じところにまたあのレオーネが。

50640img_6208

たまたま隣が空いたのでそそくさと我が“HARD MINI”号をそこに停めて・・・

50640img_6210

二言三言四言、オーナーさんと会話もすることができた。

ワンオーナーで新車から34年、走行距離はまだ10万㌔m。未満だとか。

あぁ、あやかりたい蚊帳吊りたい。

         *

それから数日後、建築士会の用事で朝サンバートラックに乗って出かけて、夜停めておいたコインパーキングに戻ってみると・・・

50800img_3199

知識が浅いのでグレードなどよくわからないが、スバル1300ff-1か? 

50800img_3200

当方の倉庫がスバルマニアの様相を呈してきたので何かが引き合わせてくれた、ということでもないのだろうが。coldsweats01

         *

その車を停めておいた近くにある『みその商店街』。

50800img_6364

“ザ・シャッター通り”?!sweat02

50800img_6365

県都和歌山市の玄関口、和歌山駅のすぐ近く。

それが土曜の夕刻でこの状態。

もはや和歌山県全体が“シャッター県”か?sweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

ヴィンテージカーニューイヤーミーティング

恒例 『ヴィンテージカー ニューイヤーミーティング』 2017 於:宇陀市榛原

        *

よねやんとケサブロー        

Img_6784

クラウン 

Img_6723

うちの父親が乗っていたのと同じ色。 

コレ☟ (30代で独立して工務店を始めて、最初のうちは儲かってたのかも?coldsweats01

50800file0059

古すぎるとかえって懐かしさが薄れるのかな。自分の記憶が薄れてしまってるからかもしれません。 (頭の中も外も・・・sweat01

ウィンドーウォッシャーのノズルの位置が微妙にセンターではないように見えるが・・・?

Img_6745

ナンバーボルトの位置がこんなところに? しかも左右で高さが違う。

Img_6759

後ろは今と変わらんか。

Img_6760

ボルトは丸頭マイナスねじ。

別の車の横浜ナンバーも同じ。 

Img_6764

関東はこうだったのか?

『泉』ののボルトは『大』。

Img_6766

基本的にナンバーボルトの刻印は府県名の頭の一文字のようで、兵庫県も『神』『姫』ではなく、読みにくい書体の『兵』。

近畿二府四県と『岡』『香』はあるらしいが、他にもあったのかどうかは知らないし、いつから始まっていつ終わったのかも知らない。(知ったからって何かに役に立つということもないが)

ネットで調べたらわかるのだろうか? 何に限らずディープなことを調べてる人がいますから。

        *

尾藤三郎さんは本名? 『カーネーム』?

Img_6734


Img_6769

*

ケンメリでこんなのはごく少数派。 

Img_6741

*

旧車好きには言わずもがなですが、ゲームに負けたペナルティではない。

Img_6750

同じく、『王陸』ではありません。 

Img_6748

”King of Land”。 なんという自信満々、自画自賛な名前。

*

『アメ車』っ!
Img_6779

かつて三菱に『ジュピタージュニア』というトラックがあったが、実車は見たことがない。

たしかオートギャラリーにも無かったような・・・一度お姿をナマで拝見したいものです。

  *      

ギャラリー駐車場のダッジチャレンジャー

Img_6790

お尻の上がった、いかにも「走るぞ」という形に見える。

若いころにアメリカの映画で爆走するシーンを見た記憶がある。

ちょっと検索してみると・・・これだったかな。

*

平べったくて大きいめのシトロエン
Img_6792

アメリカ人と発想・モノの見方・形の捉え方とかが、かなり違うのかな~という気がする。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

わびさび

正月休みの終わりに旧車仲間の屯するアジト(?)にて、検診+治療。

Img_6829

いつもありがとうございますm(__)m

この方たちの力無くして維持していくことは非常に難儀なことです。

90800img_6831

このR360クーペ、こう見えてほんの少し前まで車検があって、今も公道を合法的に走る実力はあるらしい。

90800img_6833

Img_6827

Img_6826

とてもそうは見えん?coldsweats01

        *

先日、たまたま信号待ちで隣に停まったこちらのワーゲンゴルフ。

90800img_7019

以前からたまに見かけたことはあったが、数年ぶりの出会い。

まだ走っていたのか! 

お姿を撮らせてもろた(ことわりもなく・・・これ、盗撮ですかsweat02のは多分今回が初めてなので、以前からどれだけ錆々度が進んだのかは定かではないが・・・なかなか目を引く存在です。

オーナーは何をしてるどんな人なのか? いささか興味があります。

90800img_7020

防蝕テープ?が貼ってある個所はたぶん腐食で穴が開いていて雨水が侵入するんでしょう。

Rクーペよりおそらく10~20年後輩とは思うが、劣化の程度はこちらのほうが先を行ってるかも sweat01

これに『侘び寂』を感じるかどうかは見る人による(そんな奴いるのか?・・・いますpaper。ここにsmilesweat01けれども、『』は現役の車としては尋常ではない。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

*スバル SUBARU R-2 K12 MAZDA マツダ R360coupe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »