« 布引タンサン ダイヤモンドレモン  | トップページ | 安堂~松永白州記念館~道明寺 »

2016年10月 8日 (土)

道明寺界隈 再訪

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

『すまいをトーク』の皆さんが広・湯浅にやって来る日が近づいて来た。

二つの台風が気になってたが・・・

50img_4752_2

画像が違いました(わざとらしいcoldsweats01

41310261wid

どうやら影響は無さそう。 

どうか当日はましな天気でありますように (-人-) 

  *

         *

『すまいをトーク』、先月9月は柏原・藤井寺・富田林の街歩きで、

安堂駅集合のその前に、少しだけ時間を作って道明寺界隈を再訪。

教えていただいた天満宮の力士(力神? 天邪鬼?)の瓦。

Dscn1511

Dscn1514

方形の屋根の四隅に据えられてます。

ちょっと見えにくいけど拝殿正面上のこれもそうかな。

Dscn1521

         *

本殿の西側にある大成殿

Dscn1525

小ぶりでちょっと個性的

軒下の支輪の部分が、屋根が逆向きにめくれ上がりかけてるみたいに見える

Dscn1526

Dscn1527

Dscn1528

検索してみると、これは九世伊藤平左衛門(恥ずかしながら知りませんでしたsweat01の作。 

愛知県庁とか東本願寺御影堂などもこの方が手掛けたんだそうです。

         *

近辺の鍾馗さんを今回は倍率の高いデジカメで撮り直し camera

Dscn1549_2

は同じ棟の南と北。 口が“阿吽”に見えなくもない。

Dscn1547

         *

Dscn1575 *

近所のも同じ棟の両端一対。 

Dscn1556

こちらの口はどちらもへの字に結んでるみたいに見える。

しかしどちらの家の鍾馗さんも、一対の片方が左手で腰の紐?を掴み、もう一方は開いている。

剣を持つ手は弘法大師が金剛杵を握るのと似た形。

         *

道明寺天満宮門前界隈の街並み

Dscn1559 *

船板の腰壁

Dscn1561

大和棟の民家

Dscn1568

この前は閉まっていた、道明寺駅近くの喫茶店、『珈琲館 チェリー』

Dscn1578

気にはなったが、集合時間に間に合わなくなるのでまた次回(機会があればsweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

|

« 布引タンサン ダイヤモンドレモン  | トップページ | 安堂~松永白州記念館~道明寺 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/67610695

この記事へのトラックバック一覧です: 道明寺界隈 再訪:

« 布引タンサン ダイヤモンドレモン  | トップページ | 安堂~松永白州記念館~道明寺 »