« 沙沙貴神社 | トップページ | よそ様の現場拝見 »

2016年7月26日 (火)

旧伊庭家住宅

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

沙沙貴神社に車を置いといて、歩いて旧伊庭家住宅へ。

Img_2039

Img_2181

ヴォーリズによる設計で、大正2(1913)年というから103年前に建てられて、その後何度も改造が行われているようです。

S60800img_21572758

外観はほとんど洋の中に和が一部、内部は1階は和が主で2階は洋。

現在の玄関は数寄屋風(かな?)

Img_2041

1階の“和”の設え、各部

Img_2059

Img_2132 *

Img_2151 *

Img_2138

これは栂だと思うんですけど・・・

Img_2142

“洋”

Img_2143

この↓タイル、色とか質感が旧甲子園ホテルのものと似てるように見えたけど、

Img_2105

あちらはヴォーリズではありませんし、建てられた年代も17年ほど後。

*

2階

Img_2082

良からぬ修繕してる部位が所々にあったりしますsweat02

この扉金物は当初のものらしいです。

Img_2079

小屋裏   桁と棟木の間には当初は母屋は無く、後年の補強だそうです。

Img_2062

旧伊庭家は旧住友財閥総理事をつとめた伊庭貞剛の四男の家で、現在は市の所有で、オレガノという団体が運営を行っていて、そこのメンバーの方が解説をしてくれます。

*

おまけと言っては何ですが・・・

Img_2109

卒論書くためにここの建物を調べに来ていた滋賀県内の大学生。

写ったら悪いな~と遠慮して部屋を撮ってたんですが、かまわないしブログ顔出しもokですよ~ということですので。(ただし大きくはならないようにはしておきます)

卒論がんばってください。 (^^)ヽ

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

|

« 沙沙貴神社 | トップページ | よそ様の現場拝見 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/66507706

この記事へのトラックバック一覧です: 旧伊庭家住宅:

« 沙沙貴神社 | トップページ | よそ様の現場拝見 »