« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

常滑

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

脇道の御油と赤坂宿の後は、回り道して常滑へ。cardash

時間の都合で、散策マップに沿って急ぎ足で巡ってみた。

*

テレビとかネットで見たことある景色。 これが土管坂か。

Dscn0382

右側に埋めてある陶器の瓶は、我家の近所でも農家の軒下やみかん畑の隅に転がってたりする。

常滑を紹介するサイトによると、焼酎瓶らしい。

Dscn0356

Dscn0423

道案内のデザインのモチーフは何? 焼き物に関係あるのかな?

Dscn0391

建物は高級な仕上げではないけど、それなりに雰囲気は出てるし統一感もあると思う。

Dscn0321

S60800dscn0389

Dscn0409

Dscn0408

Dscn0445

昔からの素材は古くなってもそれなりに味わいが出てくるけど・・・

イマドキのものはまぁこんなもんですsweat02

Dscn0347 (オーナーさん、すみません m(__)m )

これもよく紹介されてる巨大招き猫の頭。 擁壁上にも小さい猫がたくさん。

Dscn0329

裏は・・・

Dscn0326

絵とか模様とか、描いとけばいいのにcoldsweats01

瓦の上にもちっちゃな猫がいたりする。

Dscn0339

本物の猫はいてへんのかな~と思ってると、

いました。  

Dscn0386

いいこだねぇ~  看板猫か?

*

瓦  

陽刻の『水』

S60800dscn0304_2

Dscn0373 *

鍾馗さんは、歩いたコース沿いで目に留まったのは二体。

Dscn0397

Dscn0431

画像はちょっと残念なものしか撮れなかったsweat02

陶磁器会館にもいました。 瓦ではないけれど。

Img_1503

“50,000”ですかsweat01  陶芸の作品ですからね。

一方瓦の鍾馗さんは実用品・・・なのか? どうなんでしょう?

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月28日 (木)

時の車、我が家へ

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

永らく家族の一員として過ごしてきたMOVEにも、ついに永の暇を出すこととなってしまった。

たかが大量生産の工業生産品。命があるわけでも家族になついてたわけでもない。

しかし付き合いが長くなると大概のものにそんな気持ちを持ってしまう。

車内に残した小物を引き揚げた後、最後にエンジンをかけてやって、camera

S50800img_1811

“♪お別~れのと~きがやってきた~♬”のフレーズが頭に・・・weep

不謹慎かもしれないが、火葬場に送り出す前とも似た心境になるsweat02

クラクションをプヮァ~ンって鳴らしてやりたいけど、それはまぁやめときましょうsweat02sweat02

*

替わり我が家にやって来たのは、日産のDAYZsweat01   

S50800img_1538

今世間で最も話題となっている、時の車。  二年モノで走行が9千km台。

ニュースが報じられたのが、確か買うと決めた翌日だったかsweat01

三菱自動車の命運や、如何に?

*

そんなことより他に気になることがもっとある。

今度の車はうちに来た段階での年数も若く走行距離も少ない。

が、今までの車より付き合いが短くなりそうな予感がする。

電気仕掛けのいろいろな装置が付いていて操作パネルが全て液晶。

耐用年数はどれくらい?

直し(治し?)ながら永いこと乗ることなどできないのではないか?

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

豊橋

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

車の引き取りのため、今までは通過したことしかなかった豊橋市へ。bullettrain

駅前の大通り

Img_1478

和歌山市とほぼ同じ人口で、どちらも中央構造線と国道42号線が通っている。

違うところは、県庁所在地ではないということと、和歌山ではと~っくの昔に捨て去った路面電車が今も現役。 

せっかくなので、郵便局まで行くために片道二駅だけ乗ってみた。

Img_1484

Img_1477

けっして鉄っちゃんではないつもりだが・・・sweat02

*

昭和の雰囲気を残す大通りに面した、構えも名前の響きも昭和な店

Img_1476_2 Img_1472

Img_1475 Img_1474

どうかLEDに替えないでください。あれはエコとは限りません。

モノは大事に長く節約しながら使うもんです。

*

車を引き取った後、教えてもらった近くの食堂noodle

S50800img_1495 Img_1486_2

Img_1494 よう流行ってますね~。

カレーうどん   ちょっと前から市を挙げて名物にしようとしているらしい。

Img_1487_2

これを食うてるのはどうも他所から来た者が多いような気がする。

次(があれば)は、普通にうどんかそばにしよう。

土曜の昼時、その食堂のテレビには関西の定番とも言える・・・

Img_1493 吉本新喜劇! 

もうちょっと東へ行ったら遠江という三河の東の端というところなのにcoldsweats01

*

その後の帰り道、国道1号線から脇道にそれて通ったのは、

旧東海道、御油の松並木

Img_1499

赤坂宿

Img_1500

尾﨑屋さんは曲物製造卸問屋。 今も現役らしい。

旅籠の大橋屋さんは残念ながら平成27年3月(ほんのこの前やがなsweat02)に廃業されたとか。

デボネアに乗り始めた頃は確かまだ現役で、三河方面でのイベントに参加する際には泊まってみたいと思っていたが・・・weep

「いつまでも あると思うな 旧車と老舗」sweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

ボン千賀 勢川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月21日 (木)

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

『すまいをトーク』の今年度第一回講座は堺の街へfoot 

山口家住宅

Img_1370_2 *

*

Dscn0202

Dscn0203

去年行ったここを思い出した。

Dscn0212

楠の一枚板だそうです。

Dscn0223

蕪?

Img_1373

清学院

Dscn0252

鬼瓦たち

S50800dscn0231

S50800dscn0246

Dscn0251

足もとにもこちらを見てる顔が・・・gawk

S50800img_1389

Dscn0265 *

Img_1390

Img_1391

歩いたコースで見かけた鍾馗さんはこれ一体

Dscn0273

刃物鍛錬所

Img_1354

職人の足元はこれでなくては・・・?

Img_1367

初めはメディア(テレビだったか?)の人のご要望に応えてのことだったらしいが、履いてみるとこれのほうが具合が良くなってきたとか。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月19日 (火)

高貴寺・桜・謎の鳥

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

薄ピンク色から緑に模様替えした我家のソメイヨシノ

S50800dscn0301_2

しかし近づいてよ~く見てみると、まだ僅かに花が咲いてたりする。

S50800dscn0303

そんな周りに取り残された花に、つい我が身を重ねたりしてしまう。

『そんなことない。お前は咲いてもいない』という声が聞こえてきそうな・・・sweat02

        *

今月の高貴寺に集う会は恒例の餅搗き。

S50800img_1745 S50800img_1746

相変わらずの虎次郎sweat01

S75800img_1747

S75800img_1744

若葉を纏った周りの山

S75800img_1741

南河内グリーンロード沿いには所々に桜

S75800dscn0288 *

S75800img_1740

この飾り瓦は? 

S1001024dscn0283 *

鳥であることは間違いないかと思うけど・・・波に飛び込んでるようにも見えるが・・・?

千鳥?

次に行った時にはもうちょっと違う角度で撮ってみよう camerasweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月14日 (木)

初 小倉あんトーストモーニング

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

TOCCスプリングミーティング開始前、会場近くの『Ma fille(マ・フィーユ)』

S66800img_0838 S66800img_0841

フレンチトーストの上に小倉餡で、甘いon甘いcoldsweats01

S66800img_1647

S66800img_0826 一日中!

もはやモーニングでは無いのではsweat01

S66800img_0829_2 S66800img_0830

何とは無しに天井を見てると・・・

S66800img_0835 S66800img_0833

あんなところに雑巾? タオル? なんでくっついてる?

おそらく母屋の材が米松で、脂(ヤニ)がここからタラ~って垂れ続けてたんでしょうsweat02

        *

全国に伝播しつつある(かどうか知りませんけど)小倉あんモーニング。

今回、中京・名古屋地区の文化に触れた(大袈裟なsweat02)という印象に残ってるのは、これともう一つ。

年配の方が当方の車を見てかけてくれた言葉。

『でゃーじに乗ってちょーでゃ』  coldsweats01 

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

TOCC スプリングミーティング 2016

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

3月の最終日曜日、毎年エントリーしてる東海オールドカークラブのスプリングミーティングに参加のため、美濃の国は各務原へ cardash 

木曽川の堤防の行く手彼方に雪山が見える。 

Img_0816

この季節のこの陽気に! やっぱり和歌山とは違う。

前を走るベレットとカリーナ。 途中からたまたま後をついて行くことになった。

Img_08202

推定50歳と40歳? 

自分がナウなヤングだった頃、ベレットは既に旧車でカリーナはイマドキの車。 当時はこの二台には相当な歳の差があるように思ってた。

        *

エントリー車輌から、昔はブサイクと思ってたけど今は愛おしいクルマを何台か。

        *

ケンメリスカイラインバン   たしかワゴンも設定があったような・・・?

Img_0843

前が短い。お尻が重たそう。 当時は「残念」感持ってたけど、良いですね。

Img_0844

        *

3代目サニー クーペ  当時は「なんでこんな形になるの?」と思ってた。

Img_0893

この角度。何とも言えんブサイク

Img_0894

“EXCELLENT GX”が誇らしげ。

Img_0897

        *

マークⅡ

Img_1020

いかにも“鈍重”でおっさんくさい形

Img_1019

同じくマークⅡのバン  

Img_0987 *

なぜだかこの顔を見るとゴモラを連想してしまう。たしか色もこんな系統だったような・・・。

        *

セリカ XX (於:見学者の駐車場)

Img_0892 *

これも「なんでこんな形に?」と思ってた車のうちの一つ

とくにこのあたりが・・・

Img_0901

良いですね~coldsweats01

        *

会場に入るちょっと手前から前を走っていたレオーネ

Img_0849

てっきりどこかの現場へ行く途中だと思っていたら・・・!

ナンバーの1985が年式ならうちのデボネアと同じ。昭和の車だったのか。

形はブサイクではなく物足らないけど、センターホイールキャップがいい。

Img_0848

※注意:「ブサイク」「残念」「鈍重」等々は褒め言葉です。念のためcoldsweats01

        *

三菱仲間は、360は別のところに何台かあるけど、淋しくこれだけ。  

Img_0985

マイナーですね~。光栄です。

途中で見つけたデボネア廃解体車両

Img_1027

あぁ、おいたわしやweep

        *

いつもどこかしらへ寄り道してしまい家に帰り着くのは23時前後となることが多い。

今回はたまった仕事もあり、翌日に残る疲れをなるべく小さくしたい。

ということで、真面目に寄り道せずに帰ると奈良盆地を日没前に通過。coldsweats01

Img_1032

通行料金節約コースではなく時間節約コースを通れば、おそらく2時間くらい早いこと帰宅できるかもsweat02

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

春画

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

京都は細見美術館にて開催中の『春画展』

S50800img_1704

大英博物館や東京の永青文庫では記録的な入館者数だったとか。

観覧を勧めてくれた『すまいをトーク』でお世話になっているM氏は、「決して卑猥でおぞましいポルノなどではなく、ユーモア、ウィットを伴った当時の文化、社会、風習などを描いた芸術作品・・・」と言い表している。

行って損は無い、というより、行かなんだら損?!

しかし会期は今週末の10日まで。どうやら行けそうにないような・・・sweat01 

*

その代り、には全然ならんが、春の画像=「春画」smileを。

1週間ほど前、現場の帰り道。 母校跡の土手と小川

S66800img_1665

母校=最終学歴?の自動車学校coldsweats01

そしてこちらが昨日の朝

S90800img_1193

ラビット抜きで

S90800img_1196

午後、今度はK12号で現場へ向かう最中。 またまた同じような画像をsweat01

S90800img_12202

もう翌日には散り始めるのではと思うとついシャッターを・・・sweat02

R-2抜きで

S90800img_1217_2

頭にこんな曲が浮かんだnotes 

リリースが1970年というから、うちのR-2が生まれた年。

*

山のどこに桜の木があるのか、この時期だけはよくわかる。

S90800img_1214

手前を走る特急くろしおが、もうちょっとしたら出てくるイモムシみたい。

山桜はなぜか固まってではなく、疎らに距離を置いてるように見えるのだが・・・?

S90800img_1215

どこかで見た、はるか宇宙の彼方の星雲団の画像が頭に・・・コレか!

*

人は何故花に惹かれるのだろうか? 

美しいから? それではなぜ美しいと感じるのか?

花を咲かせる=人が行なう春画に描かれた行為で、それを本能的に感じ取ってるのではないのかな?説を提唱したいcoldsweats01

S50800img_1238

S50800img_1199

S50800img_1236

局部?は隠しておきましょう。 未成年者が見るかもしれないのでsweat02

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

ラビット RBBIT S301 BHⅣ スバル SUBARU R-2 K12 イエローリバー yellow river クリスティ christie

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 4日 (月)

知人の田舎の古民家

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

半月ほど前のこと、仕事でもプライベートでも永らく懇意にしていただいてる知人に、「田舎の家を見てくれないか」ということで、行って来た。

画像は差障りの無いと思しきものを少しだけ

Img_16062 (☚これは大きなりません)

築85年だそうです。

出桁を受ける持ち出した梁は、内法の高さからではなく、上の桁から下りてきている。

S50dscn0008

元はベンガラが塗られていたように見えますね。

S50dscn0053

とにかく使うたらあかんような材、新建材類での改修は、ほとんどしていない。

ほぼ昔のまま。

S50dscn0043

聞いて想像はしていたが、予想に違わず、否、それ以上。

当方の価値観では、非常に魅力的なそそられる家。 

築85年にしてはかなり香ばしい。

「そんなもんお前の勝手な好みやないか」って?

はい、好物ですcoldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

近くの山へ木を見に

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

「近くの山へ木を見に行って話を聞かせてもらいたい。」 と、別の会でも一緒のB君と言いだして早数年。

行先は、これも同じ会の元メンバーだった有田川町の西林商店さん。

各々のいろいろな都合でなかなか実現せずにいたが、建築士会のいつも集ってる仲間に提案してみたところ賛同者が思ったより多く、此の度めでたく(?)催行

まずは有田川支流の谷間を上がって行ったところにある檜林

Img_1116_2

植えてから50年くらいだそうです。

Img_1120

もし他に誰も行きたい人がなかったらB君と二人ででも、と思っていたが、予想していたより多く(と言うても総勢9名ですけどsmile)が参加してくれて、言いだしっぺとしてはちょっとうれしい。

そして参加者は年齢が30~70歳代の各年代と、女性も3名。

年齢・性別が偏らずばらけてるというのも望んでる形です。

*

山から帰って原木・木材・銘木等々を西林さんの案内で見学。

Img_1126

Img_1146

国内外のいろんな樹種の板・銘木
Img_1140

これは紀伊山地にある本州南限のブナ林産Img_1141

*

材の割れについて・・・

鎹を打ってるのが割れている材で、
Img_1133

屋内に保管された板にも割れたものがある。
Img_1162_2

木を伐る際に谷側に倒すと木の胴を傷めると、先日の『すまいをトーク』の講座にて吉野の阪口製材さんの話の中にあったが、その実例がこれなのか。

*

これは元々枝があった痕で、『せみ』と呼んでるらしい。

Img_1149

それではこのくらいになると・・・

Img_1150

『バルタン星人』・・・とは、おそらく言わないcoldsweats01

*

挿木の苗から育ったものか、実生のものか、違いが切口でわかるということで、

Img_1130

比べて見ると、

挿木から育った杉の中心
Img_1131

実生と思しき檜の中心
Img_1168

中心部の年輪が密になっているほうが実生で、疎なほうが挿木の苗からとのこと。

*

かな~り大きい桂の板材が保管されてました。

Img_1174

特にどこの為にという当てがあったわけでもなのに、出てきた時にこれは買うとかなければと思ったとか。

失礼ながら、うちにあるコレ、やって来た理由はそれにちょっと似てるかも coldsweats01

*

当初なんとなくイメージしてたよりも、ぐっと内容が濃く・深く・充実した、しかも楽しい見学会となったと思てます。

他にもっと大事な内容も多々あるけど、自分の文章作成能力とブログに費やせる時間を考慮してとりあえずこれくらいでsweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 2日 (土)

開花情報② その他

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

当方の事務所で囲ってる(?)石亀の池のフェンスに巻きついたアケビ

S50800img_1109

若葉も色あざやかになってきたと思ったら、花も咲いてた。

S50800img_1111

今年は実がなるんだろうか?

S50800img_1113

今日は海のすぐ近くで土間コン打ち

S901024img_1105

港の対岸の山も桜が満開

S901024img_1675 *

綺麗な水 (昔は石に油がこびりついてたり廃油ボールが漂着したりしてたけどsweat02

S901024img_1674

紀伊水道・淡路の夕景

S901024dscn0185

奈良の人は怖いかも? こんなところで仕事するのcoldsweats01

*

ほぼ満開の当事務所のソメイヨシノ

S50800img_1187

ライトアップしてみたが、明日が雨なら多分今季はこれで終わり。

一夜限りの♪one night show

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

和歌山の地震

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

S50800img_1668

今日の昼前、一斉に携帯が鳴りだし緊急放送が流れた時の居場所は、

S50800img_1670 この建物内sweat01

建築にたずさわる者から見ると、いかにも耐震性能が低そうな市の庁舎sweat02

しかし・・・京阪神のみならず近畿中部~東海地区まで震度3が出てるのに、市役所2階では微動だに感じなかったので、また誤報かと思ったくらい。

携帯電話の振動のほうが大きかったかもcoldsweats01

まぁこれでまたちょっと地震を見くびったりしたら、いざという時らえらい目に合うやもしれません。

        *

こちらの日本一高いというビルではエレベーターが止まったとか!?

S50800img_1669 安全装置がはたらいたのは良いけど・・・

震度2とか3で長いこと動かんというのはいかがなもんでしょう ???

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

和歌山 海南市 南海地震 津波 あべのハルカス

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »