« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月26日 (土)

開幕

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

S66800img_1644

1回の裏、注目の初球は・・・

S66800img_1646

空振りでしたcoldsweats01

まぁ初打席はこの後ヒットを打ったけど・・・テレビ見ててスポーツニュースになると、状況によってはあわててチャンネルを変えなければならない日々がまた始まったsweat01

S66800img_0802_2

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

プロ野球 開幕 2016 阪神 タイガース 高山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月24日 (木)

古民家の密かな愉しみ

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

先日耐震診断に伺ったお宅の、差障りの無い部分を少しだけ。camera

*

室内の硝子障子の、ちょっとしゃれた組子

Img_0100

と、

市松柄の型板ガラス。

Img_0101

“式岡高”開閉器・・・(検索したらマニアなかたがいましたcoldsweats01

Img_0046

奈良土産と京都土産

Img_0047

S50800img_0451

おそらく修学旅行に行った時にでも買うて来たのではないかな?

家が建てられた当初のものではなかったとしても、そこそこ時を経ると魅力が利息のように貯まってくるような気がする。

継続は魅力なり、か? 

(“そんなもん、どこがええのか?”と思われそうな・・・sweat02

*

蒼石の小石を埋め込んだ塀

Img_0085

持ち送り

S50800img_0338

ダイヤガラス、モールガラスの木製建具

S50800img_0339

                                      ・・・等々

『これぞ古民家』というほどでなくとも、古い家は楽しい。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月23日 (水)

開花情報

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

あちらこちらで桜が咲き始めてますが…

標準木?の前で気象関係の人が訳知り顔でつぼみを見てるところを、さも大事件のようにこぞってテレビが映し出す。

まるでそれをトップニュースに持って来ないと報道機関としての使命を果たせないかのように。

ちょっとはしゃぎ過ぎのようにだんだん思えて来てる、今日この頃。

もうちょっとサラッとしたとりあげ方でいいんじゃないですかねぇthink

で、我家のソメイヨシノ、昨日開花しましたcoldsweats01

S50img_1635

幹から直接cherryblossom

S50img_16382

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月21日 (月)

八日市 御代参街道 日野

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

湖国からの帰宅時間が遅くなったのは・・・鍾馗さんを見に行ったからsweat01

八日市でミーティングの場所を提供してくれたKさんのところに『石敢當』が据えてあったことから鍾馗さんの話になり、そのKさんのお母さんの日野の実家に御座すという耳寄り情報を得た。

しかも後で皆で走って行くところからほど近いとのこと。

これはもう行かないわけにはいきません。

ということで、解散後に独りで小回りきかないデボネアに乗って会いにでかけました dash

集落内の狭い道を入ったところにあり、ちょっとわかりにくかったけど無事対面eye

Dscn0109

個性のあるいい鍾馗さん。 縁あってお会いできてよかったです。

これでもう帰ればいいものを、前もって検索しておいた別の鍾馗さんにも会うために、さらにまた少し回り道。

まずはこちら。 ちょっと珍しい板状鍾馗さん。

Dscn0111

その後姿

Dscn0116

ここの地名が蛇溝町・・・coldsweats02  そろそろ出てくる季節ですけどsweat02

このパターンの『水』が滋賀県には多い。

Dscn0122

次に栄町、本町あたりへdash

かなり古そうな“仁丹”の痕跡

Dscn0177_2

御代参街道

Dscn0127

近江の国発祥?の飛び出し坊やが道路脇からこっち見てます。

ちょっと思いついたけど、坊やは顔ではなく後頭部を描いといたほうが効き目があるんではないかな?

Dscn0172

道標や灯籠などが所々にあります。

これ・・・なんて読むんやろ? 

Dscn0161

『右 多賀 えち川 ひこね 道/左 いせ ひの みな口 道』 (で合うてるかな? がんばって読んだけどsweat01

Dscn0134

“なにこれ”的マニアックな建物・・・

Dscn0140

新しいと思しき鍾馗さん。 街道のほうを向いてます。

Dscn0147

こちらはお寺の向かい。街道の伊勢側をにらんでるような・・・?

Dscn0156

だいたい鍾馗さんは正面、若しくはちょっと斜め(上下左右)向いてるケースが多いような気がするけど、これはポーズのパターンとしてはかなりの斜め向き。

こちらは街道沿いにある水掛不動のお堂の屋根で、道を背にしてお寺(薬師寺)の本堂を、顎鬚をさすりながら睨む鍾馗さん。

Dscn0151

後姿。  見られることを前提に作られたものなのかな?

Dscn0153

鍾馗さんのある水掛け不動のお堂と隣接する、お寺の山門の個性的な鬼瓦

南側(伊勢・日野・水口側)

Dscn0155

目と口の感覚が広いというか、鼻の縦の寸法が長いというか・・・

反対側は目と目の間が広い顔。個性的ながら趣がちと違う。 

Dscn0171

もしかしたら年代、手が違うのかもsign02

身重らしき路地猫と遭遇。 

Dscn0173

いいこ・・・え? もう行ってしまうんですか?

Dscn0174

「お前には興味がない」みたいですcat

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

デボネアミーティング

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

早朝、湖国でのデボネアミーティングへ出発 dash

Img_1624

しばらくしてから走行距離が16万を超えてることに気が付いたsweat01

Img_0695

途中の道の駅にて。  フェンダーミラーのクラウンバン。

Img_0698

座席にレースのハーフカバー、フェンダーミラー。

あちら様にとっては迷惑かもしれませんけど、つい勝手に親近感みたいなものを抱いてしまう。

*

勢ぞろい 

Img_07022_2

この後名古屋ナンバーがもう一台来て、9台。 そのうち“滋”と“滋賀”ナンバーが5台。

場所が滋賀県ということを差し引いても、生息数・生存率が大。

お尻
Img_0708

6気筒2000ccのサターンエンジン  

Img_0709

うちのアストロンのエンジンルームとは違い、すっきりしてますねぇ

実はこの個体、知る人ぞ知る仕様になってるらしいですwrench

ラジエターキャップに“アツイトキキケン”との文言がeye

Img_0710

なんとなくイマドキっぽくない。

やっぱりこれは古いのかな~と思いうちのを見てみると・・・

S50img_0718

やっぱり時代を感じさせないような表示。

しかし・・・シールを指で押さえてみると下に文字が彫られてるような・・・?

紙を乗せて鉛筆でこすってみると・・・(サスペンスドラマの探偵かcoldsweats01?)

S50img_0719

“DON'T OPEN WHEN HOT/アツイトキアケルトキケン”

シール剥がそうかなconfident

*

ゲスト(?)のプラウディア、センチュリー、デボネアV、タテグロ、ライフピックアップ。

Img_0705 *

Img_0703 Img_1627 *

この後、近くまでみんなで走行cardash

Img_0713

怪しい? 

これが全部黒塗りでスモークガラスだったら・・・通報?

*

某レジャー施設のガラ空きの駐車場にて集合写真camera

Dscn0092

Dscn0101

円陣を組んで金銭授受してるわけでも、襲ってくるライオンを後足で蹴ろうとしてるのでもありません。

後方から何者かの視線が・・・Dscn0100 誰?

Img_1632

解散後寄り道を何箇所かしていたので遅くなってしまったがsweat01無事帰着。

Img_0717

デボネアでつるんで走ったのは久しぶりで、楽しい1日でした。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

三菱 MITSUBISHI DEBONAIR A33 A32 A31 A30 シーラカンス COELACANTH ASTRON80 SATURN サターンエンジン 昭和 旧車 アウビング 東近江市 石窯パン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月18日 (金)

南紀田辺のチャンピオン

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

前回仕事で田辺に行った際に立ち寄った、『チャンピオン』cafe

純喫茶マニアの某サイトによるとここは、「絶対入るべし。他投げ捨ててでも行くべし」だそうです。

Img_0248

パーテーション、デコラ貼りテーブル、照明器具・・・どれも現役の生きた昭和。

Img_0228

裾がレースみたいなペンダント形照明器具は赤と白の二色。

赤と白と言うのは・・・熊野別当 湛増が鶏を戦わせ源平のどちらにつくか占った闘鶏神社が田辺にあることに因んでる?ということはまぁ無いでしょうcoldsweats01

Img_0249

Img_0235

Img_0240

器はノリタケ NINFA LAGUNA・・・潟の妖精?

Img_0243 Img_0241

招き猫の横にあるボックスには何が入っているんだろうか?・・・(昔のtv?)

Img_0239

おそらく老眼鏡と思うけど、いくつも置いてある。年配の客が多いということか? 

Img_0247

和歌山の玄関口ともいうべき某ホテルでは「置いてません」と言われましたけどsweat02

出入口周り

Img_0224

前の道路はR424。 かつての幹線、42号線。

Img_0254

同じ建物内の隣が、名前も同じ中華料理屋。

裏側に駐車場があり、そっちからも出入りできるようになっている。

Img_0251

隣の中華料理屋

Img_0218 Img_0221 *

Img_0223

さてこれは何と読む?

Img_0219

春夏冬=秋無い、二升=升升、五合=半升・・・⇒『あきないますますはんじょう』だそうです。

Img_0220

ちょっと離れたところの道沿いにある、今はもう閉店されたであろう店

Img_0255

“アルペェン”って・・・ sign02  どうでもえぇけど気になるsweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月14日 (月)

雨の月曜日の白浜

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

今日は仕事で朝イチから田辺。

ほとんど白浜に近い所だったので、少しの間の時間つぶしに白浜の街中へrvcardash

Img_0482

紀南では山でも里でも野でも桜が咲いてました。

柳橋足湯

Img_0467

Img_0468

タカラガイのオブジェから流れ落ちる湯

Img_0471

温泉の成分が石の表面に(まるでnyo-sekiのようにcoldsweats01

Img_0474

レトロなな商店街のアーチ

Img_0476

Img_0478

そのアーチの向こう側のビルは・・・

モルタル面の塗装の傷み具合が郷愁をそそる、というより、廃墟へと向かいつつある場末臭を放ってる感が?sweat02

Img_0479

ちょっと離れた所に、そのもう一世代前の歓楽街だったかと思しき建物が見える。

Img_0480

元は料亭?、はたまた遊郭?

Img_0481

現場に戻る前にとれとれ市場へちょっとだけ立ち寄り

Img_0484485

頭上の鯛やクエ、マグロは舞い踊ってませんけど、雨の月曜というのにこの人出!

駐車場は半分も埋まってないのに・・・

休日に来るのは絶対にやめとこうsweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月12日 (土)

3.11

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

“もう”なのか、“まだ”なのか。あの日から5年経つんですねぇ。

あの日の夕方の帰路、紀伊半島にも大津波警報が出ていたので海に近い国道が通行止めとなり大渋滞で、その中に入ってしまいました。 

海抜の高いほうに行けないため、低いところで足止めです。

あのまま渋滞の中で悠長に待っていて、そこに警報通りの津波が来ていたら間違いなく・・・

あの通行止めは正しかったんですか?

        *

あの頃どんなことがあったのか、何をしてたのか、ちょっとブログのバックナンバーを見てみると・・・

10日後にこんなところへ。

そして、ここに写ってる方の中のお一人が、この数カ月後に家族もろとも土石流にのまれることになろうとは・・・

誰にも起こりうることです。

        *

話は変わって・・・

こちら☟の画像はそんなこととは関係の無い、とある動画ニュースの画面

S100800img_0459

言葉は時代とともに移り変わるもの。 全くその通り。 異論は無い。

JKが地下鉄の線路を横切って動画投降したっちゅうニュースよりも、この運転係長の言葉のほうが気になってしもたがなcoldsweats02

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

紀伊半島大水害 名古屋市交通局 敬語 へんな敬語 絶対におやめいただきたい行為になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月10日 (木)

榛原のインド・ネパール料理と『赤たてもなか』

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

榛原駅の近くにある“ Saino”さん

Img_9553

お店をやってるのはこんな方たち。 

Img_9544

Img_9548

Img_9547

日替わりセットのプレーンナン。辛さはNORMALで(もしかして本場では「こんなもんはカレーと違うっ!」と言われるほど甘口?)

Dscn2000

元は和食系、うどん・蕎麦屋だったかと思しき店内に・・・

Img_9545_2

Img_9552

・・・ヒンドゥーのテイストが。

Img_9549

インド系の美女のポスターもkissmark

Img_9541

記してある名前をちょっと検索してみると、(暇か?・・・そうでもないんですけどsweat01

左は印度のラッパーで女優のソーナクシー・シンハー嬢。 現在28歳。

右の悩ましい水着姿はインド系カナダ人のお色気女優で、源氏名(?)は、日産と富士重工の今は無き車名をならべたみたいなサニーレオーネ嬢。 現在34歳。

衣装の違いは芸風・方向性の違いかなsweat02

        *

こちら、Sainoさんの近くにある昭和テイストあふれる店。

Dscn1924

「本店」がどこかにあるのか?

ソーナクシーさん、サニーさんが来店することは一生無いでしょうcoldsweats01

        *

それから、これも前に来た時に気になった、街中のあちこちにある古いホーロー看板の『赤たてもなか』を杉屋にて購入。

S50800img_9573

S50800img_9574

なんで『赤たて』なのか?・・・解説がこちらにありました。

*

ということで、前回の榛原の心残り(と言うほどのものでもないけれど)がちょっとスッキリ。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

宇陀市 食事 ランチ 和菓子 名物 土産

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 8日 (火)

89と46

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

先日ちょっと所用で旧西本組本社ビルへ。  

S50800img_9870

せっかくR-2を前に停めたので記念に一枚camera

ビルは今年で齢八十九、R-2はその半分ちょっとの四十六。

残念ながらあと四年経っても登録有形文化財になれる資格はありません。

が、半世紀からせめて還暦を目指したい。

その前に乗り手の人間のほうがスクラップになる可能性が・・・?coldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

スバル subaru k12 360 subarur-2 スバルR-2 登録有形文化財 和歌山市 和歌山県 旧車 富士重工

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 7日 (月)

榛原再訪

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

前回正月の二日に時間切れとなった榛原を、別の用事のついでもあって1月中に再訪が叶った。

        *   

まずはあぶらやの煙出しの鍾馗さんを確認。

はまともに逆光だったのでわからなかったけど、二体あったのか。

Dscn1935

Dscn1931

『あを越え道(初瀬街道)』を東側へ、前回行けなかった辺りまでrun

Dscn1946

Dscn1951

Dscn1938

“京染あべた家”?

Dscn1975_2

街道裏側の路地と水路

Dscn1991

打ち出の小槌

Dscn1936

恵比寿・大黒   

Dscn1953

同じ手によるものなのか、作風を引き継いでるのか、大和でよく見る顔ですね。

Dscn1974

Dscn1983

布袋

Dscn1968

翁面

Dscn1958

簡素な・・・草花?

Dscn1970

逆毛立つほどお怒りの鬼sweat01

Dscn1988

高欄の透かし彫り

Dscn1921

Dscn1955

*

こちらは駅近く

恵比寿・大黒・布袋の団体さん。

Dscn1923 Dscn1922

寄ってたかって福を呼び寄せてるのでしょうか?

この後は、前回は正月だったので開いてなかった榛原駅前のインド料理屋さんへrestaurant

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月 6日 (日)

目神山

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

画像貼り付けて文章書きかけでほったらかしの記事がいくつも・・・

順次UPしていきますsweat01

        *  

1月の寒~い日、石井修氏の作品群を見学に西宮の目神山へ。

甲陽園の駅からず~っと上のほうにあります。

        *  

まず最初に見せていただいた家。

Img_9122_2

春から秋の終わりくらいまではこんなに外観が見えることはないでしょう。

Img_9123

掃除を少しばかりお手伝い。

        *  

こちらは石井修自邸、回帰草庵。

Dscn1540

森の中に埋もれてます。そういうふうになるように設計したんだそうです。

Img_9156

草屋根

S50800dscn1548

周りの山はこんな感じ。

S50800img_9170

鬱蒼として夏涼しくて冬寒い。

ここで暮らしていると、おそらく色白になるのではないかな 。

知り合いの家族が暮らしてる処がちょっと頭に浮かんだcoldsweats01

        *  

近所も歩いてさら~っと外観のみ観賞(鑑賞?)

S50800dscn1566

S50800dscn1558

S50800dscn1591

S50800dscn1592

        *  

個人所有の家ながら、建築関係の本やネットでも紹介されたりしてるから画像は少しだけならいいでしょうが、まぁこれくらいにしときます。

感想・所見など、文章作成の時間と能力がありませんからsweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金)

桃の節句

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

『桃の節句なのに桃の花が咲くころの気温』

気候がおかしいのか? 新暦の3月3日を桃の節句とするのがおかしいのか?

後者だと思いますけど・・・

そんな陽気だった3月3日、

前の車の助手席から窓全開で身を乗り出してるかたが・・・

S50800img_0356

危ないですよ~dogsweat01

毛深いから暑かったのかな?

        *

帰宅途中、前の18番の車にうちのナンバーが映ってたので・・・

Img_0269

いつも胸ポケットにコンデジ入れてるので、どうでもええことにもついついシャッタースイッチを押してしまう coldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

*

犬 わんこ 箱乗り 旧暦 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »