« 榛原の街並み | トップページ | 榛原の窓・開口、左官 等々 »

2016年1月 9日 (土)

榛原の瓦

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

榛原でもまた輪島と同じような心残りが・・・

『あぶらや』の煙出しと思しき屋根の上   

Dscn1474

逆光で肉眼で見え難く、時間が無かったこともあって撮った後画像を確認するのを怠ってそそくさとイベント会場に戻り、家に帰ってから見たらこれ ☝ coldsweats01

おそらく鍾馗さん。

まぁここならまた近くを通る機会もそう遠くないうちにあるでしょう。

*

その他、瓦いろいろ。

*

イカツイというより、なんとなくユーモラスで愛嬌がある鬼瓦。

Dscn1448

*

翁面

Dscn1394

吉祥・縁起の良いものなんでしょうが、瓦の翁面は何故だか不気味に見えてしまうものがほとんど。

他の方はどうなのかわかりませんが。

*

大和ではこういう積み方をしてる棟を他所よりは多く見るような気がする。

Dscn1462

Dscn1458

*

戻る途中、広いお屋敷がありまして、

Dscn1506 *

その門長屋(?)の棟の両側に取り付けられた龍の口は、

東側は開いていて、

S50900dscn1513

西側では閉じている。

S50900dscn1514

阿吽の龍ですね。

亀の口はどうだったのかまでは確認しませんsweat01

*

同じ屋敷に立つ蔵の棟には龍と鯉。

Dscn1521

左右の鯉はこれから瀧を登って龍を目指しているところかな。

向こう側は見えませんでしたが、やっぱり龍の口は開いているんだろうか?

*

同じくこの屋敷内の亀。 遠目にパイナップルに見えてしまいました。

Dscn1516

首が・・・なんとかしてやってください。sweat01sweat01

*

“獅子噛”(という呼称でいいのかどうか?)の巴

Dscn1520

*

こちらのお宅にも、鯉が何匹かいます。

Dscn1527

Dscn1526

Dscn1530

早く立派な龍になってください。 

スクラップアンドビルド教の信者にとって都合のよい『老朽化』という呪文に侵され、建物が取り壊されるような事態に至る前にsweat02

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

|

« 榛原の街並み | トップページ | 榛原の窓・開口、左官 等々 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/63352784

この記事へのトラックバック一覧です: 榛原の瓦:

« 榛原の街並み | トップページ | 榛原の窓・開口、左官 等々 »