« 啄木 | トップページ | 鋼索線と生駒の街 »

2015年12月25日 (金)

宝の山

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

まだ蝉が鳴いてた頃に書きかけたままだった記事を・・・sweat01

        *

生駒の宝山寺にある擬洋風の建物、獅子閣

民家仲間より8月中は日曜日毎に公開しているという情報をいただき、ちょうどスルットKANSAI3dayチケットが1日分残っていたこともあって、見学(物?)に。

40img_5883

明治十七年落慶。用途は寶山寺の迎賓用。

40img_5769_2

色ガラス

40img_5774 40img_5786

それぞれの色が春夏秋冬を表してるとのことでした。

螺旋階段

40img_5714_2 40img_5814

40img_5718 40img_5870

天井仕上は川島織物(だったかな?)で再現したクロス貼り。

40img_5877

こちらの階段は寺の人、いわばスタッフ用

40img_5750

給仕等の際にはこちらから上がったとか。

40img_5752 40img_5829_2

壁がテカッてますshine 

40img_5743_2

大津壁の磨き? 卵の白身を塗ってると書いてるサイトもありますけど・・・?

二階座敷

40img_5839_2

40img_5832 床柱は紫檀かな?

バルコニー天井

40img_5776 40img_5882

40img_5767 窓枠

バルコニー支柱 柱頭

40img_5795

玄関側の壁とバルコニーの境の柱は半分白の塗装。

40img_5816

ベランダ手摺は肥松かな。脂が上に出てました。

40img_5778 *

庭を隔てた対岸(?)に茶室と思しき建物。

40img_5763

こちらは案内図を見てみると茶所だったか?

40img_5912

大根と巾着は歓喜天の象徴。

巾着の中身は砂金だそうですね。 なんちゅうても寶山寺っていうくらいですから。

40img_5915 ちょっとエロス感のある交わる二股大根。

伏羲を連想してしまいました。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

|

« 啄木 | トップページ | 鋼索線と生駒の街 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

コメント

まだ外からしか見たことがないですが、中は和風モダンな(こんな表現はあるのかな?)感じなんですね。
ちなみに近くで見つけた鍾馗さんは旅館の屋根の量産型のライオン丸だけでした。

投稿: 雪だるま | 2015年12月27日 (日) 23:20

>雪だるまさん
一般的には「擬洋風」という言い方をされますね。
この日は(も)酷暑だったので生駒の街はちょろっとしか歩きませんでしたsweat01

投稿: onigawara | 2015年12月28日 (月) 05:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/61315599

この記事へのトラックバック一覧です: 宝の山:

« 啄木 | トップページ | 鋼索線と生駒の街 »