« 和倉 『昭和博物館とおもちゃ館』 | トップページ | 輪島の宿 『深三』 »

2015年11月28日 (土)

輪島の街

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

朝飯前と後にちょっとだけ徘徊した輪島の街

Img_7806

じっくり見てないので確かではないけど、新調された街並みのような印象を受けた。

その通りに面した漆器の店

Img_7819 *

入口上の看板に漆関係の道具類とかの絵が描いてました。

Img_7817

箆・桶・刷毛・小刀・・・うちにありますcoldsweats01

黒江にかかわるようになってからちょっとずつたまってきたものです。

*

これが彼の有名な朝市ですか! 日本三大朝市のうちの一つだとか。

Img_1239

基本的にこの街ではみなさん外壁は下見板張りとするようですね。

Dscn0705

街並み・景観の決まりとか補助金制度とかはあるんだろうか? 

*

朝市の通りを歩いて行くと・・・

なんですか?これは。

Dscn0709

文化財的な近代建築でもなさそう。

検索してみると、今はもう事業が破綻して閉鎖されたバブリーな美術館。

やっぱり。 さもありなんという感じですねぇ。

運営していた会社は漆器のほうの技術は高いらしいですけど、見識は???

*

そんな“なんじゃこりゃ物件”はほっといて、路地に惹かれて入ってみました。

Dscn0724

Dscn0729

アンテナ、なんとかしてくださいcoldsweats01

Dscn0766

喫茶もやってる漆器屋さんの蔵。

Dscn0796

スタンダールな階段

Dscn0770

天井まで漆塗り仕上げの二階は階段の下にアウトレットと書いてましたが、品物はそこそこの値段でした。

我が家にある漆器類(古い家からいただいたものです)も大事にしなければsweat01

Dscn0779

それと街のあちこちに使われているのが『貝』

道路・建物などに埋め込まれてます。

ここはかつて橋があったことを表しているのか?

Dscn0685

「ねじはし」の文字に貝

Dscn0687

犬走りなどの土間や、

Dscn0692 Dscn0810

Img_7777 コンクリ打ち放しの壁面にも。

実はこの貝も当方の倉庫にあったりします。

大阪は八尾で作られたと思しき靑貝細工。

Img_8339

桃⇗ 柘榴⇘ 松・竹・御所車・・・

Img_8343

箱の側面は“ざくろ”ですけど、上には“ざくど”。 これもまた言文一致

Img_8341 *

言文一致なら正しく?は、“だくど”かも coldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

|

« 和倉 『昭和博物館とおもちゃ館』 | トップページ | 輪島の宿 『深三』 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆古いもの・こと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/62705763

この記事へのトラックバック一覧です: 輪島の街:

« 和倉 『昭和博物館とおもちゃ館』 | トップページ | 輪島の宿 『深三』 »