« “傑作品” | トップページ | 金沢 »

2015年11月15日 (日)

加賀 橋立

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

輪島の前日、建築士会の全国大会開催の金沢に向かう前に立ち寄った加賀市橋立

Dscn0550

重伝建地区

大会に参加するにあたり前もって検索して知ったけど、加賀に島根のような石州赤瓦の街並みがあるとは知らなんだ。

Dscn0571

瓦はこの近辺(越前だったか?)のものらしいが、出雲・石見の文化が北前船で運ばれてきたんだとか。

棟に石が。

Dscn0576 *

Dscn0162

一昨年の全国大会で訪れた出雲で初めて見た仕様。

彼の地では来待石という出雲の石、此処加賀では越前の笏谷(しゃくだに)石だそうな。

        *

北前船の里資料館』へ

Dscn0167

明治初期に建てられた北前船主の家屋敷

Dscn0168_2

Dscn0171

出入り口はこの建物のものとしては控えめに感じる。どちらかというと身内・家人用のようにも見える。

後から間取りを見ても、他に身分が上の人を迎える玄関があるようには見えないのだが・・・?

Dscn0181

しかし内部は、

Dscn0189

玄関(?)から漆塗りshine

大広間

Dscn0235

こちらも漆塗り

Dscn0201

Dscn0213

展示品 (の、ほんの一部)

Dscn0333

雪の多い地域ならではの設え、土縁

Dscn0354

外から見るとこんな感じ。

Dscn0375

二階も漆塗り

Dscn0403

蔵にも資料が展示。 こんなのが幾棟もある。

Dscn0501

        *

こちらも同じく橋立地区にある北前船主の屋敷、『蔵六園

Dscn0652

先に入った資料館で長居し過ぎて(いつものことながらsweat02)残念ながら時間が無かったので、外観だけ。

Dscn0649 Dscn0650

中はまたいずれ (が、あるのかどうかsweat01)

帰ってからネットにてパンフレットを見てみると、「蔵六」って亀のことらしい。

一つカシコなった。じきに忘れる可能性高いけどcoldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

|

« “傑作品” | トップページ | 金沢 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/62473450

この記事へのトラックバック一覧です: 加賀 橋立:

« “傑作品” | トップページ | 金沢 »