« 電線と電信柱 | トップページ | 7年目の夜 »

2015年7月16日 (木)

地震 雷 火事 ・・・

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

日本では、質の良い建物をわざわざ壊して低レベル(法的には高レベル?)のものへの建て替えが当たり前になってきてます。。

そんな流れに抗って行こうではないかということで、

Img_4507 火曜日の夜は勉強会に参加pencil

伝統構法木造研究会にて限界耐力計算のお勉強ですsweat01

        *

昨日の午後、携帯がチョロンnoteと鳴って、大雨が近づいてる旨の情報を受信mobilephone

雨雲ズームレーダーをチェックすると・・・

Img_4525

西の空を見れば・・・あれかsweat02

Img_4526

しばらくするとたたきつけるような大粒の雨rain 

その雨がまだ小ぶりの段階で停電。

作業中のエクセルのデータ、たまたま一旦保存しておいた直後で助かったcoldsweats02

雨雲ズームレーダーをチェックすると・・・

Img_4527

真上あたりが真っ赤sweat01

大雨・土砂災害・風災のほうが、頻度からしても地震の危険度よりも高いかもdanger

紀伊半島の山間の谷間に住む身にとっては、毎年台風の季節が過ぎた晩秋くらいになると、とりあえず来年の春までは土石流に流される危険性はないという安心感があったりする(心配しすぎcoldsweats01?)

『地震 雷 火事 土石流』と言うほうが妥当かもしれません。

『親父』は、今や怖がられる存在から蔑まれる『オヤジ』へと堕ちてしまってますからweep

                *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

古民家再生 石場建て 

|

« 電線と電信柱 | トップページ | 7年目の夜 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆花鳥風月・森羅万象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/60751959

この記事へのトラックバック一覧です: 地震 雷 火事 ・・・:

« 電線と電信柱 | トップページ | 7年目の夜 »