« 神戸 竹中大工道具館~削ろう会 | トップページ | 純喫茶 クラウン »

2015年5月11日 (月)

春の終わりの高野山

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

春も終わりかけの先日、スルット関西3dayの最後の一日分を使って高野山へ。(期限切れで残ったらもったいないしsweat01)

58img_0486

小雨に濡れたこの時期の高野山は快晴よりも綺麗かも。

58img_0488

霊寶館にて公開中の八大童子、孔雀明王、四天王が見たかったというのもあるし。

58img_3056 58img_3058

58img_3059 撮影禁止なのでパンフレットの画像をcamerasweat02

しげしげと矯めつ眇めつしてるうちに、仏様の霊力とかを感じるより、人が道を極めたらこんなものを作れるようになるのか、などという方向に思いが行ってしまった。(罰当たり? )

実際に生身の人間が作ったのは確かなことだし、製作当時の工房・仕事場ではどんな話が交わされてどんな服装・道具でどんな人たちが・・・とか

霊寶館から出てくると、行く途中帰りに立ち寄ろうと思っていた所はもう閉まっていた。

58img_3013 ちょっと興味あったんですが・・・高野霊木之家

58img_3014 しかし木の表面が・・・

もしかしてなにかよろしくないもの塗ってない? 湿気の多い山中はこんなもの?

こちらケーブルカーの終点、改装なった高野山駅

58img_3009 58img_3019 *

なんかちょっと安っぽくなってないか?

どんな直し方したのかもうちょっと見たかったけど、急いで次の便で降りないと駐車場が閉まってしまうかもしれんし、残念ながら断念。

こちらは学文路駅。(上がる前にcameraった画像です)

58img_2978 58img_2979 *

58img_2980 58img_2995 *

58img_2991 58img_3001

高野線の橋本より高野山側の駅は全部、少なくとも登録文化財にすべきではないですか? 南海電気鉄道さん、ニサカさん。

こちらは途中の“紀伊神谷”駅

58img_0479 誰が乗るのか? 近くに集落が?

しかしここの路線はたまにしか乗らんけど、えらいところ走ってるな~といつも感じる。

考えた人もエライけど、昔の職人さんは偉い

         *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

|

« 神戸 竹中大工道具館~削ろう会 | トップページ | 純喫茶 クラウン »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆花鳥風月・森羅万象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/59962981

この記事へのトラックバック一覧です: 春の終わりの高野山:

« 神戸 竹中大工道具館~削ろう会 | トップページ | 純喫茶 クラウン »