« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月24日 (火)

逢魔が時

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

電信柱は無粋とは何時誰が決めたのか知らないけど・・・

S60img_0474

こうして見ると捨てたものでもない・・・ような気もする。

                *

耐震診断書の説明に行ったお宅でいただきました。

S60img_0477 S60img_0476

大崎の荒磯ひじき

ここで売られる商品でしょうか?

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

卜半町界隈

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

先日、建築士会の会合に出席してきました。

建築士会館よりcamera

100img_1067 和歌山城の外堀、市堀川  

和歌山大空襲の時、川に逃れた多くの市民がこのあたりでも亡くなったそうです。

おそらく阿鼻叫喚の生き地獄だったでしょう。

死屍累々の光景を想像してみても、戦争を知らない大人には、なかなか現実感というものを感じるのは難しいもんです。think

*

100img_1064 その並びの昭和なビルと、

100img_1066 1階外壁のタイル

*

このあたりは『和歌山市卜半町』。

特にとりたててどうという建物があるわけではありません。

町名は貝塚願泉寺の住職、卜半家の屋敷がここにあったことに由来するらしいです。

*

卜半町から少しだけ外れますが・・・

純喫茶 シャローム

100img_1062 今はもう廃業されてるみたいです。

閉める前に一度入ってみたかった。

*

何の変哲もなさそうな元歯科医院のビルには、

100img_1060

100img_1061 昭和のエキスが少しだけ凝ってました。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

久しぶりに高貴寺へ

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

久しぶりに参加したら山羊が増えてました。

Img_1056 手前が前からいたトニー。

白がペコでニホンカモシカみたいなのがジロー(だったかな?)

ここでの役目は除草。

Img_1054 虎次郎も久しぶり。

         *

往路、京奈和道。

S50img_1052 i-MiEVが走ってました。

制限速度70km/hのところメーター読みで80km/h程度。

ゆずり車線のところでは横によけるという気遣いを見せる。

しかし・・・後続車がずら~っとsweat01

S75img_1053 (カーブの向こうで見えないところまでcar car car

R-2で走ってる時なら、こういうペースメーカーはありがたいcoldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

40年モノのラジオ

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

先日同級生宅からいただいてきたラジオ。

Img_1013 Img_1016 *

ナショナル“RE-195”というモデル。

AMのみ受信で、電源はAC100Vと単1乾電池×4本

Img_1017 Img_1018 *

ちょっと検索して調べてみると発売は40年前の1975(昭和50)年で、定価が7,900円。

今から考えると高価だったんやねぇ。

Img_1019 倉庫で作業する時用にしようと思てます。

*

こちらは事務所用で窓際に置いているラジオ

Img_1010 同じくナショナルの“R-1”

昭和一ケタ時代に発売されたモデルのデザインを縮小復刻版。

親戚の電器店でもらってからもう20年近く経つかな?

新しい製品と思って使っていたけど、発売されたのが昭和57年らしいのでもう30年以上か・・・。

事務所にいる日はほとんど毎日聞いてます。

キャッチする電波はベイエリアでもリバプールでもなく、浪速の茶屋町からのことが多いですけど・・・coldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

手袋箱扉修繕

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

うちのR-2ですが、

Img_0995 ちぎれたままだったグローブボックスの扉(蓋?)

開け閉めできるように繕ってみた。

Img_0996 Img_0993

ベージュ色の樹脂製パーツは建築の内装部材。

Img_0992 倉庫の片隅にあったものです。

ちょっとブサイクですけど、ひとまずあけなんこ状態は解消。

目立たんようにまた黒に塗っておきます。

         *

前の日曜日

Img_0442 地区を挙げての川掃除。

Img_0443 すごい煙weep

市街地でこんなことしたら非難囂囂(轟轟?)は間違いなし?

*

なんちゅう花かは知りませんが・・・

Img_0448 ローラー的に襲い来る鎌・草刈機の刃の剃り残し。

命拾いしたみたいに見えますけど、そんなことはありません。

花は刈り取られても本体の命までは無くなりませんから。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

神戸、竹中大工道具館へ

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

移転して新しくなった竹中大工道具館へ、特別講演会を聴きに行って来ました。

テーマは、『《大工棟梁に聞く》日本の伝統建築の 真|行|草』

S50img_0959 S50img_0960 ←鉋は入館チケット

中村昌生氏の基調講演と、大工棟梁・升田志郎氏中村外二工務店)のお話

道具館の画像を少々 日付が邪魔sweat02 撮る前に写らないように戻し忘れたので・・・

Img_0837 Img_0799

Img_0850 Img_0885

Img_0893 Img_0896 *

まぁこれくらいで。

アップしたいところがいっぱいありすぎてどれにするか決めきれないのと、選んだ画像で当方の素養・センスの底の浅さを見透かされないように・・・coldsweats01

*

講演会は超満員! 

Img_0878

周りには立ってる人がかな~りいます。

此方から案内が送られてきた時は“先着200名”はここまで競争率が高くなる数とは思わなかったけど、かなり広く周知されてたみたいです。

予定より中途半端に早く到着して、開演時間が来るまで建物を見ようと他所で道草しなかったことが結果的に良かったのか、席にありつくことができました。(立ち見の知り合いに最後まで席を譲ることもせずm(_"_)msweat01

で、その内容についてはどうだったのかというと・・・長くなるのと、これまた自分の底の浅さをさらけ出さないように省略しますsweat01

*

講演会終了後、車に積んで行った自転車で周辺を少しだけいつもの如く徘徊bicyclesweat01

大安亭市場

Img_0947 Img_0948

Img_0928 賑わってます。

この市場の近くにて、昭和テイストなオーラを放つ店がふと目に留まってしまった。

ちょっと迷ったけど昼を食べそびれたこともあり、入店決行。

Img_0943 Img_0937

『喫茶・軽食 ニューセブン』さんです。

Img_0936 Img_0938

画像ではわかりにくいけど、この550円の焼飯、量が多いsweat01
(というてもここのカレーよりは少ないけどcoldsweats01

Img_0932 店の雰囲気は完全に大衆食堂。

ですが、昭和の喫茶店の名残を其処彼処にとどめています。

ここは『真・行・草』で言えば・・・?

どれにも当てはまらない、文字でいうならかつて流行ったレタリング・書体、とでもしときましょうか (^-^;

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

仕口・仕業・手口

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

柱や梁などを接合させる箇所、方法のことを『仕口』といいます。

言葉は似てるけど『仕業(しわざ)』と『手口』。

『仕業』=行為の結果で、『手口』=それに導くための方法、といったところでしょうか?  どちらもよくない意味で使われますねぇ。

         *

この前の日曜日、リフォームを考えているというお宅の現況を見せてもらいました。

見たところおそらく築100年前後。イマドキではないちゃんとした仕口・木組みで造っていた時代の家です。

そんな仕口のいたるところに金物が取り付けられてありました。

Img_0742 Img_0744

Img_0737 Img_0736

床下にも、これまた意味があるのかないのかわからない金物だらけ。

Img_0732 Img_0733

なんでもいいからとりあえず付けられるところに付けられる金物を付けまくった、という印象です。

Img_0745

柱脚のボルトの先は、その引き抜きに耐えるような基礎は無いそうです。

          *

これは誰の仕業かというと、東証1部上場のとある有名企業。

家に入り込んであれも悪い、これも危ない、シロアリで家が壊れるなどと言い、高額で費用対効果の小~さい工事をやりまくる。

これがこの手の業者の手口です。

しかし、悲しいかな・・・世間様の信頼度は、うちのような業者よりもこんな会社のほうがはるかに高いcoldsweats01

          *

敷地は蒼石積の塀で囲まれてます。

Img_0749 Img_0748

今これと同じものを造るとなると、どのくらいかかるのやら?

新たにこの仕様の塀を造るということは、今はもうほとんど無いでしょう。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

サニックス SANIX 評判 仕事内容

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

鍾馗さん 二題

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

旧暦で言うと今日は12月14日、313年前に吉良上野介が大勢で寄ってたかって斬り殺され首をはねられた日です。

年明けまでまだ半月、毎日寒いですsad

しかし昔はもっと寒い日が多かったような気がする。

水たまりに厚い氷が張ったり、水道管が凍って破裂するというようなことは近頃はほとんど無い。

五十代半ばの職人さんと、六十代前半のお隣さんと同じ話をして、共通した結論は、『歳とったから』・・・sweat01

        *

明日は節分

節分といえば邪気を払う

邪気を払うと言えば・・・

50img_0755 鍾馗さん

とあるお宅でいただいてきた藤澤樟脳の箱です。

右から書いてますから戦前のものかな?

髭面ではありますが小顔ですねぇ。

*

こちらは免許取ってから40年以上通ってる国道沿いの民家ですが、

50img_0753 鍾馗さんに気付いたのは去年のこと

この鍾馗さんの真正面には何があるかというと、heartの出入口。

据えられたのはホテルのできるずっと前でしょうが、それでもここでホテルに出入りするカップルを見続けておそらく20年以上。

量産タイプのようでもあるし、近くでカメラを構えるのも気が引ける。

ということで、これ以上の撮影は差し控えたいと思います。coldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

視察団 来訪

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

永らくお預かりしてる「山並みと青空を区切る稜線」ですが、

5050img_0438 和泉の国から見にに来られました。

移籍話が成立するのかどうか。

はたして運命や、如何にsign02

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »