« 『すまいをトーク』ご一行様 街歩き | トップページ | 大内宿は つとめて »

2014年11月11日 (火)

白河~南會津

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 します ※ ▼▼▼▼▼▼▼

45img_2675 夜明け前の那須高原SA

この夜明け前の空をみると、特に好きだとか思い入れがあるということは無いけれど、何故だかいつも頭の中にこの歌が流れてきます。

とっくの昔に青年を過ぎ、今や中年の域も超えて・・・。

青春の河なんぞいつ越えたのか、いや、越えて来たのかどうかも定かではない

        *

そのメロディーもまだ終わらぬうちに白河のICを下りました。

三十数年前、夜中に夜行列車で通過したことはあったけど、訪問としては初めての岩代・磐城の地。

思えば遠くへ来たもんや。この先南會津から郡山に行くんです。

        *

白河のICを下りて間もなく、和歌山には無いモノが目に留まる。

Img_2678_2
シロウトの考えですが、そんなこと完全にできるようには思えません。

途中、こんな家や、

Img_2685 Img_2686

Img_2687 Img_2694

Img_2695 Img_2696

こんなモノに

Img_2690 Img_2691

目を奪われたり撮ったりしながら、先を急ぎます

        *

せっかくなので、ここにも立ち寄ってみました。

湯野上温泉駅。

Img_2700 Img_2699

茅葺屋根の駅舎は全国でここだけだそうです。(ちなみに新しい貴志駅は檜皮葺きだとか)

Img_2709 Img_2710

Img_2711 Img_2714

後日ちょっと検索してみると・・・開業は昭和7年で、駅舎は昭和62年に建て替えられたらしい。

腑に落ちました。

なにかこう香ばしさみたいなものが薄いようには感じた理由がわかりました。

(必ずしも新しいからあかんとか、古くなければ価値が無いとは思ってませんけど。)

その前はどんな駅舎だったのかと思い検索してみると、一つだけありました。

こんな画像が。

当方がどちらの方に惹かれるかと言うと・・・(書かんでもわかる? おそらく世間様の多数派ではないほう。SLを度外視しても。)

Img_2717 駅前正面の通り

Img_2702 ちょっとこれが気になりましたが・・・

店はまだ開いてません(6時台ですから)

時間が無いので先を急ぎます。

山道を越え しばらく走った、

Img_2724_2

朝霧たなびくこの先に大内宿があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大内宿の巻につづく

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

|

« 『すまいをトーク』ご一行様 街歩き | トップページ | 大内宿は つとめて »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白河~南會津:

« 『すまいをトーク』ご一行様 街歩き | トップページ | 大内宿は つとめて »