« 摺り漆 | トップページ | 武家屋敷の長屋門 »

2014年10月 4日 (土)

御嶽山

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ▼▼▼▼▼▼▼

木曾の御嶽山の噴火は甚大な被害を引き起こしました。

もし噴火の始まりが夜だったなら?・・・そしてそれが真冬だったら?・・・真冬でも登ってる人はいるでしょうが、状況はかなり違ったことになってるのでは?

           *

災害や事故・事件があるといつもこんなことを思います。

今回も・・・

御嶽山で亡くなった方たちは少し前には広島の土石流に心を痛めた方も多かったはずで、その広島の亡くなった方たちも、それより前の被災者や事件の被害者などを気の毒と思ったはず。またその被災・被害者たちも・・・。

誰もが明日には被災者・被害者となっている可能性があるんです。

命を落とした方たちは、すべて例外なく初めて死んだかたばかり。「死んだのはこれで2回目や」とかいう人はいないはずです。

*

そして・・・大型の台風18号が近づいて来てます。

その後ろにはつづいて19号も同じようなコースをたどりつつあります。

いつ何時、心を痛めてもらうほうの立場にならないとは限りませんsweat02  

*

これはナウなヤングだった時代に、民宿かどこかでもらってきたステッカーPhoto

昭和50年代半ばから、どこにも貼ることもなくずぅ~っと引き出し(だったか?)の肥しとなってました。

当時としても“ナウでヤング”なデザインではないですね snowsweat01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

|

« 摺り漆 | トップページ | 武家屋敷の長屋門 »

◆古いもの・こと」カテゴリの記事

◆日々の出来事など」カテゴリの記事

◆花鳥風月・森羅万象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/57551101

この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽山:

« 摺り漆 | トップページ | 武家屋敷の長屋門 »