« 中華そば『正善』 | トップページ | 彼岸の花 »

2014年9月22日 (月)

旧中筋家住宅

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

京・摂津・大和からやってきた民家仲間と一緒に『旧中筋家住宅』を見学してきました。

中筋家は和歌山市東部の郊外、松下幸之助が生れた村とその近隣の大庄屋の家です。

建物は幕末に建てられたもので、国の重要文化財。(現在は別の方が所有されてます)

係の若いお兄さんに解説してもらいました。

Img_1796 Img_1752

庭の形は鶴と亀を表してるとのことです。

Img_1746 Img_1747

改修工事前・中・後と今まで何回か見せてもろてますが、初めて聞いたのか、脳細胞のメモリーから消え失せてしまってるのか?・・・coldsweats01

*

その庭を見る濡れ縁の板は、
Img_1748 「はだつ」という材らしい。

そんな木があったんですか? 知らなんだ。 

三畳の間にある小さい床の落とし掛けは?
Img_1765 これも以前訊ねたような・・・sweat02

何回聞いたら覚えるんやろかsweat01

係のお兄さんに訊ねましたがわからないようでした。

*

重要文化財ともなれば傷んだ材でも残せるだけ残します。

たとえば縁の板。
Img_1758 こんなふうにつぎはぎです。

個人の家ならこの縁全体を張り替えてしまうと思います。

中筋家には一部三階建てとなってますが、普段の公開日はそこには上がれません。

年に二回、秋分の日と春分の日に上がることができるそうです。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

|

« 中華そば『正善』 | トップページ | 彼岸の花 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/57461577

この記事へのトラックバック一覧です: 旧中筋家住宅:

« 中華そば『正善』 | トップページ | 彼岸の花 »