« 避難勧告 | トップページ | 青空と墓参 »

2014年8月13日 (水)

帰り道は遠かった

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 します ※ ▼▼▼▼▼▼▼

お盆の大渋滞のさ中、渋滞を脇に見ながら隣町(?)まで仕方なく出かけてきました。

信号待ちの正面に見える、先日テレビで全国に流れてた崖崩れの現場です。50img_0907
ズームで撮ってるのでビルのすぐ裏に見えますけど、実際は100m以上離れてるかな。すぐ下は倉庫で人的被害はなかったとのことでした。

*

用件を終えて大渋滞の方向に帰らねばなりません

とりあえず「通行をご遠慮・・・」とされている狭い道の方へ向かうと、・・・

チェリーキャブ。 おそらく岐阜の当方の知人の元からやってきた車。
50img_0914
“はたらくくるま”として現役で活躍してるようです。

さらにぐるっと遠回りで山越え

峠を越えて目的地に向かうべく脇道に入ると、
50img_0916
“エコ”という錦の御旗をオカミより得て山上に君臨するお風車さまたちがズラズラ~ッと眼前に・・・(表現にトゲありすぎですか?

        *

道沿いで余生を送る“はたらくくるま” 2体。

ニッサン エコー  シビリアンの前身
50img_0919
中に一輪車などが見えます。動かなくなった今もはたらく廃車ですね。

このエコーはウィキペディアに掲載されてる個体です。どなたかこの近辺のマニアな方が投稿されたのでしょうか?

キウィ畑のポーターキャブ
50img_0920

しかしまぁいつも思うけど、我が町は山の上から見たらどんだけ山奥にあるんやろう?っていう景色やなぁ
50img_0922
(上から見ても下から見てもどこから見ても、ですけど

樹木のすき間から下に見えるのは熊野古道沿いの集落
50img_0926

長保寺の上の方の集落から
50img_0929
このランダムに変色した瓦屋根の並ぶ景色に「日本」を感じます。

        *

さてこの回り道、どんだけの時間の短縮になったのか・・・?

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

|

« 避難勧告 | トップページ | 青空と墓参 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆のりもの」カテゴリの記事

◆疑問」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰り道は遠かった:

« 避難勧告 | トップページ | 青空と墓参 »