« 工事現場へ | トップページ | 安曇野 »

2014年7月31日 (木)

運命や、如何に?

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

和歌山市内で唯一残っているという武家屋敷の長屋門

Img_0657

Img_0663 50img_0659

時代の流れで御多分にもれず不動産屋の魔手がすぐそこまで迫っていましたが、すんでのところで「待った」がかけられたようです。

しかし「保存を決定」したのではなく、まだ「保存を検討することを決定」した段階とか・・・sweat02

ここは、民・官合わせた和歌山の知性・感性・素養がどれほどであるのかを問われる試金石と言えるんではないでしょうか。

そう思います。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

|

« 工事現場へ | トップページ | 安曇野 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆世間のこといろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/56948168

この記事へのトラックバック一覧です: 運命や、如何に?:

« 工事現場へ | トップページ | 安曇野 »