« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

運命や、如何に?

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

和歌山市内で唯一残っているという武家屋敷の長屋門

Img_0657

Img_0663 50img_0659

時代の流れで御多分にもれず不動産屋の魔手がすぐそこまで迫っていましたが、すんでのところで「待った」がかけられたようです。

しかし「保存を決定」したのではなく、まだ「保存を検討することを決定」した段階とか・・・sweat02

ここは、民・官合わせた和歌山の知性・感性・素養がどれほどであるのかを問われる試金石と言えるんではないでしょうか。

そう思います。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月29日 (火)

工事現場へ

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

プラン~基本設計だけで監理はしていないSさん宅

Img_0650 ちょっと現場を見てきましたdash

Img_0652 Img_0636

Img_0632画像は大きくなりませんm(_"_)m)

この家は敷地やその他の条件がきびしいところへ施主さんのたくさんの思いを盛り込むのにちょっと手間取りました。

大工さんがうまいこと納めてくれてます。coldsweats01

*

Img_0654 そのご近所

このあたりの一般的な農家の建物はだいたいこんな感じです。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

隠れ里の廃保育所

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

先日修繕・改修を終えた現場は、ちょっと山奥にあります。

Img_0565

Img_0596

幹線道路の国道からそれて現場へ行く橋の下を見てみると、魚が群れていました。鮎?オイカワ?or・・・? 
Img_0564
右下に見える体をくねらせてるのは鮎だと思うんですが・・・どうでしょう?

その現場から車で1~2分行くと、・・・

Img_0593

山で囲まれて周囲からは見えない隠れ里のような集落(と呼ぶにはあまりにも民家が少ないsweat01)に、今は廃園となった保育所の建物がありました。

Img_0584

Img_0582 Img_0581

この廃保育所、ちょっとだけ琴線に触れました。

ここでなにかできへんやろか?と思わせるような建物です。

*

向かいの山を見上げると、

稜線の上に天文台のドーム
Img_0579 と、

中腹には樹木に埋もれたようなお堂の屋根が見えています。
Img_0587

                 *

                 *

                 *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月25日 (金)

高温対策

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

うちの娘が小さい頃『きんぎょ注意報』っちゅうアニメがテレビでやっていて、さんざん歌聞かされたりモノ買わされたりしましたが、今日本各地に出ているのは高温注意報。

暑うて仕事になりませんsun

せめて寒い時の画像でもアップしておきますsweat01

<雪中走行> 
90img_9056

<凍てついた洗面器>
90cimg0675

<野沢>
Cimg2045

少しは涼しい気分を味わえたでしょうか?

*

いつも思うのですが、夏に真冬とか氷山とかの図柄のカレンダーがあってもよさそうなもんですが、どうでしょう?

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月24日 (木)

17年ぶりの小布施

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

渋温泉を出て次に向かったのは小布施。

前回建築士会の支部仲間と訪れてから17年。時は20世紀、当方は40代前半。

力は落ちましたsweat01  特に頭髪の毛根の力がweep

しかし知的好奇心は衰えてません。(つもりです) むしろより旺盛upになったかも?

           *

17年前にフィルムのカメラで撮った枚数は18枚。今回はデジカメでとりあえず目に留まったものを節操無く写してるので、その10倍以上camerasweat01

Dscn8561 Dscn8565

Dscn8563 Dscn8572

Dscn8627 Dscn8553

鯉の口はもしかして阿吽?
Dscn8587 Dscn8592

Dscn8651 Dscn8601

棟の小口の模様は何?と思い画像に撮って拡大して見ると、
Dscn8609 Dscn8611
                                      亀でした。

Dscn8718 Dscn8670

Dscn8716 Dscn8626

Dscn8642 Dscn8753

Dscn8549 Dscn8598_3

*

いずれも年季が入った明治牛乳、オブセ牛乳、ヤクルト(?)、郵便受け×3
Dscn8614
児童委員と民生委員もされているようです。

*

こちらの肉屋さんでは、
40dscn8625 こんなカワイくて愛敬ある動物たちの肉が食べられますcoldsweats01

*

なんちゃってシトロエンのミニカー。(ナンバーが無いような・・・?)
90dscn8576

顔に抱き茗荷の代紋。背中に龍。 

*

18枚の10倍以上撮って、その中から選んでアップした画像がこれかぇ?とお思いの方もおられるかと思いますけど・・・まぁこの程度ですcoldsweats01

         *

         *

         *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

湯田中

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

渋温泉の金具屋からはちょっと遠いかとも思いましたが、湯田中まで歩いて行くことにしました。

彼方に見えるのはどこの山でしょうか? 
Dscn8281

湯田中駅に行く途中の傘屋さん。
Dscn8290 40dscn8292

山本商店さんには開いてる時に来たかった。
Dscn8297 Dscn8299
どんな日用雑貨とお菓子が置いてあるんだろうか?

Dscn8305 三色外灯、ニュー祇園、味の店 浅科屋食堂

目を引くファサードの酒屋。
Dscn8310_2 Dscn8309_2
下津駅近くにある喫茶店を思い出しました。

        *  

ここは「歓楽街」だそうです。はっきり書いてあります。まじめな(?)明朝体で。Dscn8315 Dscn8316

Dscn8322 いかにも「歓楽街」な色のタイパブ!
夜の表情は知らないけど、朝見ると余計にどぎつく怪しい(妖しくはないsweat02

        *  

湯田中駅です。

こちらが『旧駅舎』。
40dscn8335 Dscn8356
昭和2年に開業したものと書いてありました。登録文化財になってるようです。

そしてこちらが新しい方の駅舎。Dscn8349

新しい方でも結構『旧』ですねぇ。魅力的です。

これは昭和30年というから、当方と同い年。こちらも同じく登録文化財でもいいのに・・・。

向こうの山の中腹に朝霧(雲?)がたなびいているのも風情を感じさせます。

Dscn8344 背もたれにホーロー看板のあるベンチが3脚。

駅前の朝市と土産物屋。
40dscn8334 40dscn8337
テントの庇がパイプ状に並ぶ土産物屋の2階

        *

時間の都合もあるのでそろそろ渋温泉に戻らなければ・・・ということで、来た道とは違うルートを少し歩いたところに洋品店がありました。

イマドキではないファサードとキャッチフレーズ(この言葉自体がもう古いsweat02
Dscn8365 Dscn8366

当方ももうイイ歳なので、こういう店で「若さを創」らなければいけません。

Dscn8369
『NOW』な紳士の季節が到来しているらしいし。

        *

このあたりは道行く者に文字にて主張する習慣があるようです。

        *

街角に標語が貼ってありました。
60dscn8379
『遊んだあとはお勉強』です。勉強がすんでから遊びに行ったら遅いんです。じきに暗くなってくるかもしれませんから。

夏休みの宿題も、十分遊んでからとりかかりましょう。

        *

もう少し戻ると、

Dscn8398 当方の琴線に触れる旅館がありました。

Dscn8405 この宿の建物、中国人と思しき観光客ご一行もいたくお気に召したようで、

通り過ぎてちょっと歩いてから振り返って見ると・・・
40dscn8412 まだいます。

次来る機会があれば泊まるのはこんなところがいいなぁなどと思い家に帰ってから検索してみると・・・今はもう営業していないみたい。

残念です。weep

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月17日 (木)

『ご愛用車に関する重要なお知らせ』

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

ダイハツからなにやら書類が届きました。

Img_0330 『ご愛用車に関する重要なお知らせ』らしい。

エンジンオイルを注入する際オルタネーターにこぼすと、それが発火などをおこす可能性があるので、注意をうながすシールを貼れということです。

Img_0333 早速貼りました。

しかし15年も経った車にもこういう対応があるとは・・・過去の経験からして意外でした。

過去の経験とは・・・某企業の社用車のお下がりである我が家のA33号が、ディーラーで車名を告げるや否や、『うちではわかりませんので』と宣言されたのは確かこのくらいの年数ではなかったか?。

あの返答は早かった!次のこちらの言葉をさえぎるように、“as soon as”でした。

その不遇な元社用車はこの子です⇒1405120005_2

その某企業の前に、昨日こんな車が停めてありました。  

Img_0329 物持ちがいいですねぇok

そちらのディーラーでは対応はどんなもんでしょう?

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

和歌山三菱自動車 対応 デボネア ムーヴ MOVE 910

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

渋温泉の朝

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

渋温泉街の朝。

早朝宿を出て少し歩くと、店のガラスにこんな張り紙
Dscn8211 このへんは「さるが出る・・・」らしいです。

「そうか~猿が出るのか。山から?or店の中から外へ?」などとしょうもないことを考えながら少し行くと、道のすぐ脇の木の上になにやら気配が・・・

Dscn8254 さるが出ましたsign01

一匹だけかと思ったら、

Dscn8257 下にもう一匹sign03

と思ったら、

Dscn8258 さらに下に親子がsign02

こちらにはなんの興味も無いようで、一瞥すら無しでした。

        * 

山の方に上がる脇道があり、世界平和大観音なるものがあるらしい。

Dscn8229 そんなありがたいところに向かうには、

Dscn8228 この前を通って行かねばならない!

『関西ヌード』って・・・その定義は? 他所と何がどう違うんだろうか?

        *

スナック333(スリースリー)の看板の朝の表情

Dscn8216 オネエサンの色は緑だったのか。

Dscn8218 朝見てもやっぱりアヤシイ空気が漂う?

        *

Dscn8246 こちらは昨夜見た遊技場

        *

スナック“CHU-RU-LU”

Dscn8451 “チュルル”って・・・

その名の由来や、如何に?

        *

温泉街の周りの建物とはちょっと趣が違う、木造3階らしき間口の狭い割に背の高い建物がありました。
Dscn8242 Dscn8245 

        *

昭和なタイル、いくつか。
Dscn8460 Dscn8260 Dscn8237 

        *

古い廃業した宿の、昭和(かどうかわからない)な型板硝子
Dscn8277 Dscn8276

        *

メインストリート(?)から路地へ

昨夜見た“おいしい一杯のコーヒー”の『信濃路 』さん
Dscn8481 当然開いてません。(AM5:00くらいでしたからsweat01

後で帰ってから検索するとこんな店でした。

入りたかったけど団体行動などで無理。次の機会はあるのか? あったとして、その時まだこの方が営業しているのか?

さらに狭い路地裏にまわると、

Dscn8492 布袋さんかな?

Dscn8511 庇のトンネルをくぐると、

其処は、
Dscn8507

鰐のように寝そべる放し飼いコーギーくんのテリトリーでした。

やや広い、と言っても車は通れるがすれ違いできないほどの道に出ると、

Dscn8509 昨夜の人気猫に再会。
パトロール中?

相変わらず素っ気ない態度。 

わりとふてぶてしい目つきしてたんやね。

君とはもう会うこともないでしょう。食事の時間が迫ってきてましたので、今生の別れかと思いながら宿に戻りました。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

渋温泉街の夜

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

早朝散歩の前に、渋♨街の夜をnight

皆で外湯に行こうかということになり、二か所ほど入浴後、少しばかり歩きました。  

P1230068

路地
P1230038 P1230030 

遊技場が開いてました。が、客はいませんでしたsweat02
P1230075_3

妖しげというほどではないけれど、スナックの看板がイマドキではないsweat01
(もちろんほめ言葉ですcoldsweats01
P1230071 P1230073

P1230080_2 P1230048

信濃路のおいしい一杯のコーヒーが気になるcafe
P1230087

旅館に戻ると出入口の前に一匹の猫
P1230061

とどまる事を知らない時間の中で いくつもの移りゆく街並を眺めている”ような・・・

P1230062

P1230059 人気ありますねぇ、君は。

べつに愛想を振りまいてるわけでもないのに。

まぁ猫好きにはそこがいいんですけど。cat

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月10日 (木)

上陸のおそれ?

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

いつも思うんですが、

この状況で 

50img_0293

『上陸のおそれがある』とは・・・sign02

強風域がもう紀伊半島まで飲み込もうとしてる段階にまでなってるのに。sweat01

例えれば、満塁ホームラン打たれてバッターが塁を回ってきて、ホームベースの真上に足がありまさに踏み下ろさんとする状況で、『点を入れられるおそれがある』と言うてるようなもんではないんですかねぇ?coldsweats01

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

渋温泉 金具屋

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

民家の会の信州研修旅行の宿泊は、渋温泉の『金具屋』。

幾棟かのうち、昭和11年築の2棟が登録文化財です。

P1230021 P1230023 

住所は「下高井郡山ノ内町平穏」。しかし・・・どちらかと言えば“不穏 ”?coldsweats01 

Dscn8045 Dscn8084

P1230007 Dscn8167

Dscn8156 Dscn8158

Dscn8119 Dscn8191

Dscn8103 Dscn8100

Dscn8141 Dscn8150

Dscn8185 

どうですか? この詰め込まれた意匠とその密度。満艦飾感。

もうお腹いっぱいになりました。
(鯛よし百番ほどではないですけどsweat01

        *  

        *  

窓枠の竹を使った納まり
Dscn8195 Dscn8199

トイレの窓のレールが、
P1220995 竹かな?

        *  

仲居さん(というより従業員さんという感じ。若くてカワイイ)のぞうり。

Dscn8138 マイ草履の目印が可愛い

        *  

旅館の朝の顔はこんな感じ
Dscn8202 当然ですが、トーンはだいぶ下がってます。

Dscn8520 新しい方は・・・イカしませんね、やっぱしsweat02

        *  

いつものごとく、朝も早よから温泉街を徘徊してきました。

次は渋温泉~湯田中。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

ほたるの園

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

前の記事で“次回は渋温泉の金具屋”などと書きましたが、ちょっと違う話題を挿みます。
        *
P1230751
グリーンランドの名は日本の方が似合ってるのかもと思わせる里山。
        *
ここは湯浅の奥。ほたるの園
        *
どういうふうにホタルを育てているのか、ちょっと見せてもらってきました。
        *
P1230738 
梅雨の湿りをしっとり含んだ木々に囲まれた池は、斧を落としたら中から池の精とか出てきそう。 (と打ち込んだところで一つの疑問が・・・もし金の斧を落としたとしたら、どういう展開になるんだろうか?)
        *
ここでホタルの幼虫を育てています。
P1230748 
もうホタルは終わってます。と言うてもいなくなってしまったのではなく、光るのを見られなくなっただけ。(当たり前ですが)
ホタルの今年の恋の季節はもう過ぎました。
        *
水の中にある白い物はカワニナの餌となる野菜。
P1230729 
その上にある黒いツブツブはカワニナです。
餌になるために餌を食べさせてもらってることに気がついてないんでしょうねぇ。sweat02
        *
きれいな水の流れの中にある小さな緑の島。
P1230746
        *
この幹にぶつぶつのあるのはタラの木だそうで、
P1230749
若い頃のトゲトゲだったものが、年を経て丸くなってます。
        *
こちらの花は、
P1230753 
『オカトラノオ』 (で、合うてるかな?)
        *
        *
今回は画像をちょっと大きい目にしてみました。
                          *
                         *
                         *
▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

信州 須坂

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

須坂にある、『豪商の館 田中本家』  

Dscn7943 Dscn7946

Dscn8022 Dscn7990

Dscn7995 現在は博物館になってます。

(詳しくはコチラ

土蔵の中の展示品たち(ほんの一部です)

Dscn7963 Dscn7966

P1220968 P1220969

Dscn7964 Dscn7953

HPによると、『近世の正倉院といわれて』るんだそうです(誰に?

Dscn7962 Dscn7965

Dscn8029 Dscn8030

40dscn8007 外部の柱脚の石に水抜きの溝?
         と、
40dscn8008 それを撮る見学者camera
日本人です。というより、仲間。ちょいちょい外国人と間違われるとかcoldsweats01 

仲間と言えば、この田中本家のご当主であり館長でもある田中○□さんと同姓同名の田中さんがありだの民家の会にいまして、今回参加してました。(だからと言って特別なことはなにもありませんでした)

この「田中○□」さんの同姓同名の全国的な会があるようです(有田の田中さんは参加してないみたいですが)

        *

Dscn7989 軒下にある袖壁の柱と笠木は、

Dscn7988 漆の木ではないでしょうか?

        *  

予想通りというか・・・時間切れでそそくさと豪商の館を後にしました。当然街を見る時間はありません。weep

宿泊予定の金具屋は館内案内の時間が決まっており、それに間に合うように到着せねばなりませんから・・・sweat01

        *

ということで、画像の羅列で内容は薄いですが、次は渋温泉。

金具屋の巻です m(_"_)m   

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

信州 松本

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

先々月のネタですが、『ありだの民家を考える会』の研修(そんな堅苦しいもんではありません)旅行にて、信州へ行ってきました。

5月中旬の若葉の頃は、どこに行っても、晴れても雨が降っても、すべてが綺麗で活き活きしているように見えて好きな季節です。

これはたしか駒ケ根SAだったか? 
Dscn7855
和歌山県人にとっては非日常のこんな景色、場所が変わる度についつい何度もシャッタースイッチを押してしまいますcamera 

        *

研修の訪問先は1泊2日で松本~須坂~渋温泉泊~小布施~安曇野。

目に留まって撮った画像の中から少しばかりご紹介を。

        * 

まずは松本とその近辺。

Dscn7856 松本市、開智学校

Dscn7858 龍もあるし天使もある。(ありがたいものはなんでも)
天使の羽は今は白のイメージが一般的なのかもしれませんが、あるサイトに茶色のものも多いと書いてました。(アブラゼミみたいと感じた当方が見識不足?sweat02

        * 

P1220937 郊外の、とある蕎麦屋

Q_dscn7905 これの名称は“すずめおどし”だそうです。

Q_dscn7886 この蕎麦屋さん、広告や看板など一切なし。

ここを知ってる人だけがやってくるんだとか。

        * 

街中の商業施設にディスプレイとして残された壁の下地

R_dscn7915 小舞が木でできてます!

R_dscn79222 ←参考までに、こちらは先日京都で編んだ小舞
和歌山でもだいたいはこれと同じようなもんです。

        * 

同じく街中にて

“エルミタージュ”ってロシアの美術館ではなかったかな?
S_dscn7916 イタリア語でも何か意味があるのか?

そしてこのオシャレな(?)ピアノダイニングバーの外観は、
S_dscn7916_2 カオスです (夜はそうでもないんでしょうけどsweat01

        * 

S_dscn7932 こちらのオーディオショップは有名らしいです。

S2_dscn7931 ニッパー君が挨拶してますが、
この角度から見ると、すまなさそう、若しくは悩み事があって落ち込んでる表情に見えなくもない・・・sweat02

        * 

気になる看板のノコギリ屋さん
S_dscn7929 奥様でしょうか?(カメラと目線が合ってました)
上るんですか? 危なくないですかsweat01

        *

とりあえず松本はこんなところで。

次は須坂を。

               *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »