« 鬼クラ | トップページ | 熊野古道-2 »

2013年11月27日 (水)

熊野古道

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

毎年この時期恒例となりつつある建築士会の支部仲間との熊野古道歩きですが、

今回は去年の続きで継桜王子から熊野本宮大社まで。

街道マップによるとその距離22.1km。

最近ではこのくらいの距離を歩き通すことについてはちょっと自信はありますが、心配な気持ちもちょっとだけ心の隅にないことはないです。sweat02

        *

行程は・・・まずは早朝に目的地である本宮大社まで行って車を停めておいて、タクシーに乗って継桜王子まで戻ります。

朝霧のかかる熊野川と大鳥居。 幽玄な空気に満たされてるように感じてしまう。             P1180931 P1180933

川原のFJクルーザーは仲間のもの。 土を踏みつけるオフロード車さえ浄化されるような清々しさ。

逆かもしれませんが、先に本宮大社にお参り。

P1180942 ここから先は撮影禁止camerang

そして、本宮に2台しかないタクシー(Y31セドリックブロアムディーゼル=そんなことはどうでもいい、かな?)にて継桜王子に戻ってスタート。

P1180944 とがのき茶屋

カメラを構えるのは今回初参加のB君。

このあたりは紅葉の色付きがまだ深くありません。

その直後、道路脇にこんな立札が・・・

P1180945 生憎持ち合わせがありませんsweat01

もし入ってしまったら支払い方法は? 振込の場合手数料はどちら持ち?

*

街道を山奥深く進んで行くと、                  P1180978 P1200004

これ以上はないというくらいの好天に、最盛期の紅葉maple      

なんと運がいいsign01 常套句ですが、これも日頃の行いが・・・confident  

街道脇の草花など                                 P1180977 アサマリンドウ(たぶん)

P1180962 蛇形地蔵の脇にマムシグサ

P1200061

P1200012 集落の茶畑と柿。

彼方は果無山脈。

この『果無』という文字・語感に、えらい遠いとこまで来たな~という思いを感じてしまいます。  

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

|

« 鬼クラ | トップページ | 熊野古道-2 »

◆日々の出来事など」カテゴリの記事

◆花鳥風月・森羅万象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/53984224

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野古道:

« 鬼クラ | トップページ | 熊野古道-2 »