« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月29日 (金)

古道の木立

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

熊野古道はこんな杉・檜の木立が多いのですが、

P1200045

歩いていると古人と変わらぬ景色を見て歩いてるような気分になります。が、

植林はいつ頃から? それ以外の自然林と見えるところも1000年ほど前の植生はどうだったのか?この杉・檜は齢如何程か?

もしかしたらここに見える樹木、特に植林されたものなら自分の方が長く生きてるのかも・・・?等々

長い道すがら、歩きながらふと思うのでありました。 

ほかの皆さんはどんなことを考えながら歩いていたんでしょう?  

P1200044 P1200026

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月28日 (木)

熊野古道-2

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

二年前の豪雨の傷跡が所々に残ってました。

P1180976 そこそこ大きな崩落現場です。

湯川王子へさしかかると、祠の前でまさに餅まきが行われようとする寸前で、

P1180964 P1180971

『どうぞ入って』とのお言葉に甘えて参加させてもらった上に、豚汁(だったか?)もご相伴にあずかりました。

毎年この日のこの時間に開催されているそうで、ここを通過するのが早いか遅いか10分くらいズレていたら参加させてもらうこともなかったかもしれません。

これもやっぱり日頃の行い・・・?coldsweats01

このあたりは1960年代までは集落があったようですが、今は杉と檜の林に覆われていて、その足元に今も残る石積みなどがかつての姿をしのぶよすがとなっています。

湯川一族発祥の地と刻まれた石碑がありました。湯川秀樹の湯川家はこの一族の出らしいです。

*

こちらは本宮町のどこの地区だったか・・・

P1180996 P1180997

門の上にトランジスタラジオ! 農作業しながら聞くのか?ケモノ避けなのか?

紀伊山地の民家の特徴を持った家々。                P1200016 P1200018

十津川では軒先や妻(すばる)の板を『うちおろし』と言うそうですが、このあたりではなんと呼んでるんでしょうか?

倉庫の破風の棟に取り付けられた瓦は、廃校になった学校に使っていたものを引き取ってきたのかな?

P1200028 P1200029

この坂を越えると、伏拝王子。

P1200034 P1200036

伏拝茶屋という茶屋があり、川湯温泉の湯を使ってるという温泉珈琲を6人で所望しました。

確かに温泉の香りがするような・・・が、粉はもしかしたらインスタントかも(違ってたらゴメンナサイ)

P1200037 ←NHKの『ほんまもん』のロケ地だそうです。

場所としては抜群に素晴らしい、が・・・建物はホンマモンのようには見えなんだなぁsweat02     

P1200041 井戸上屋の破風が瓦屋根の棟の形に・・・。

カッコの善し悪しは別としてついレンズを向けてしまう。こんなことされたら。coldsweats01

P1200051 石の道標

左きみい寺 三十一り半/右かうや 十九り半/左本宮道・・・

P1200056 木立の間に熊野川が見えてきました。

P1200058 大鳥居の見える展望所。

あと少しsweat01

P1200062 石畳の坂道を下ってしばらく進むと、

本宮大社のすぐ手前斜め前方に広がるは、

P1200063 青いお屋根の住宅団地!

この景色はいささかインパクトがあり、古道歩きの記憶には残ります。

本宮大社到着。                                  P1200065 角のない鬼の宮司さんが書いた『根』

三年ほど前のものらしいです。

前の記事にも記しましたが、社殿は撮影禁止なので画像無しです。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

熊野古道

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

毎年この時期恒例となりつつある建築士会の支部仲間との熊野古道歩きですが、

今回は去年の続きで継桜王子から熊野本宮大社まで。

街道マップによるとその距離22.1km。

最近ではこのくらいの距離を歩き通すことについてはちょっと自信はありますが、心配な気持ちもちょっとだけ心の隅にないことはないです。sweat02

        *

行程は・・・まずは早朝に目的地である本宮大社まで行って車を停めておいて、タクシーに乗って継桜王子まで戻ります。

朝霧のかかる熊野川と大鳥居。 幽玄な空気に満たされてるように感じてしまう。             P1180931 P1180933

川原のFJクルーザーは仲間のもの。 土を踏みつけるオフロード車さえ浄化されるような清々しさ。

逆かもしれませんが、先に本宮大社にお参り。

P1180942 ここから先は撮影禁止camerang

そして、本宮に2台しかないタクシー(Y31セドリックブロアムディーゼル=そんなことはどうでもいい、かな?)にて継桜王子に戻ってスタート。

P1180944 とがのき茶屋

カメラを構えるのは今回初参加のB君。

このあたりは紅葉の色付きがまだ深くありません。

その直後、道路脇にこんな立札が・・・

P1180945 生憎持ち合わせがありませんsweat01

もし入ってしまったら支払い方法は? 振込の場合手数料はどちら持ち?

*

街道を山奥深く進んで行くと、                  P1180978 P1200004

これ以上はないというくらいの好天に、最盛期の紅葉maple      

なんと運がいいsign01 常套句ですが、これも日頃の行いが・・・confident  

街道脇の草花など                                 P1180977 アサマリンドウ(たぶん)

P1180962 蛇形地蔵の脇にマムシグサ

P1200061

P1200012 集落の茶畑と柿。

彼方は果無山脈。

この『果無』という文字・語感に、えらい遠いとこまで来たな~という思いを感じてしまいます。  

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

鬼クラ

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

知人の知人の所有。

お父さんから引き継いだ車なので、実質はワンオーナー。

50p1180591 50p1180593

50p1180594 50p1180608

50p1180595 50p1180596 

50p1180598 50p1180604

50p1180603 6代目クラウン。

誰が呼んだか、渾名は『鬼クラ』

昭和57年式、走行≒79,000km、FAT、2000cc

小キズ、すりキズ等少しありますが、車庫保管で程度良好。

大事にしてくれる方がいれば譲渡したいそうです。

ただし『和56』ナンバー付いてますので、維持できる方で。

金額は・・・思い入れもありますので、それなりに応談ということで。 m(_ _)m

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

湯浅で演習

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

ヘリテージマネージャー養成講習の第4回目。

50p1180719 50p1180748

今までは座学でしたが、今回は湯浅へ。

50p1180883 50p1180888_2

屋内と街でレクチャーを受けた後、午後はクジで決められた4~5人のグループに分かれて課題の対象とされた建物を見学・調査。

部屋に戻って各グループで討論しながらその建物の保存・活用方法について提案をまとめていくんですが、うちのメンバーは当方が一番年長で次がひと回りほど下。

気がついたら年月だけは積み重ねて来てしまったようで・・・(中身はたいしたことないのにsweat01  

50p1180782 50p1180874

50p1180854 50p1180843

50p1180815 この建物は、たいしたことありますshine

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

和歌山 湯浅町 伝建地区 伝統的建造物群保存地区 本瓦 本葺 右巴 左巴 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

耐震診断講習とセレブなスポーツカー

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

一昨日は耐震診断士の更新講習でした。

P1180694 朝から夕方まで一日中sweat01

勉強は大事です。受講に費用がかかるのも仕方がない。当然です。

とは思いますけど・・・

P1180716 このテキスト一式+受講料で¥18、000-

他にもいろいろな義務の講習が増えてきてます・・・

これって本当に妥当なのかどうなのか?

疑いの念は昔からず~っとくすぶったままですgawk

        *

講習終えて駐車場に戻る途中、こんな車がshine

P11806972 こんなところに生息していたとは・・・

ごもったいないごもったいない (^∧^)

いいものを拝ませてもらいました。

*

こちらは昨日、所用で泉佐野に行った帰り道。

50p1180713 初代CIVIC RS  

ワタクシがまだ二十歳前後だった頃のクルマです。

ナンバーは三桁でしたけど。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

トヨタ TOYOTA 2000GT 初代シビック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月15日 (金)

蜜柑船図柄のラベル

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

先日蜜柑船の図柄のラベルについて記事に書きましたが、

今度は“RAW SILK”。   

P1180717 「生糸」ですね。

有田郡のとある所で発見しました。

社名は“MARUMAN SEISHI & CO.LTD”

いつ頃のものなのか? KISHU YUASAに生糸を作ってる会社があったのか?

パッと見ではみかんラベルほど惹かれるものはありませんが、気になります。

明日のヘリテイジマネージャーの講習は湯浅なので持って行ってみようか。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

湯浅 絹 製糸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

はたヒロ

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

道端のハイゼット

50p1180691_2 S38初期型360cc 

草むらのヒーローではなくハタケの中のヒーローで『ハタヒロ』。

今はルートを変えた幹線道路のすぐ近くですが、これが新車だった頃、このあたりは田舎道しかない田園地帯でした。

時は流れて・・・noteとどまる事を知らない時間の中でいくつもの 移りゆく街並をnote眺めています。

ところで『畠』と『畑』の違いや、如何に?

今日日そんなことはWikipediaとか見るとすぐわかります。

『畑』=焼畑 火田、それ以外が『畠』、ということらしいです。

また、両方共漢字ではなく、日本で作られた国字だとか。というても漢字が元になってはいますが。   

苗字などの読み方は『畑』=「ハタ、バタ」、『畠』=「ハタケ、バタケ」が多いやに感じますが、統計とってみたらどうなんでしょう? 

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

ダイハツ HI-JET 草ヒロ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

有田の瓦屋さん

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

有田郡にある、元瓦屋さんの工場・倉庫を見せてもらってきました。

名称を聞くのを忘れましたが・・・、

50p1180619 桟瓦を作る台です。

50p1180620 まだいっぱいあります。

役物の型なども。                              50p1180623 50p1180634

50p1180624 50p1180622

50p1180627 50p1180614

50p1180633 戎と大黒の顔

50p1180630 コチラは完成品の“鶏”

どういうところに取り付けたんでしょうか?

K設計のTさん。要るかな?

これは何処の何やろか?                             50p1180629 50p1180628

50p1180631 蚊取り線香も古い。断面が丸です。

今でも効くんだかどうなんだか??

丸桟瓦も完成品がまだそこそこ残ってます。              50p1180637 50p1180638

そこそこと言うても一棟分は無理かな。

ちょっとした面の補修なら間に合いそうな数です。

1枚あたり普通の桟瓦よりだいぶ高いそうですが、どなたか必要な方いないでしょうか?

もうすぐ片付けてしまうそうですからsweat01

*

ちなみに、5年ほど前のものですが、                   50img_3226 この建物の外壁です。

地元の大切な遺産ではないでしょうか。

できれば登録文化財くらいにはにしてもらいたい。

超有名建築家の大先生に庁舎を設計してもらったり、山の尾根にズラズラズラ~ッと巨大風者を並べるよりは、ちょっとは意義あると思うんですけど、いかがでしょう?

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

けものや?

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

移動途中の車の中から、

信号待ちでふと横に目をやると・・・

P1180367 ん?『けもの屋さん』 ?

猪とか鹿の肉、虎の皮とかの敷物、動物の剥製とか売ってる店を想像してしまいますが(しまわないか、普通はsweat02)、正解(別にクイズでもないし)は、これ⇒P118036750 です。

まぁただそれだけのことです。けど、そう見えてしまったんだからしょうがない。

*

ところで、『けもの』と『けだもの』はどう違うのだろうか?

『けだもの』のほうが、より理性や情が無く荒々しいイメージですか。

この方が『あぁ~ 抱いて けもののように~』などと歌ってました。(当時21歳sign02 おそるべしcoldsweats01

たぶん、おそらくですが、「交尾」のことをおっしゃってるんだとは思いますが・・・、人間より時間をかけて荒々しくコトをなす「けもの」は、もしかしてあまりいないんではないでしょうか? それとも・・・スグに済ませてとでも・・・?

・・・・・・・・・下ネタ? とんでもない。

愛と性についてのことは、地球上の生きとし生ける者にとって、関わらざるを得ない深くて貴~い永遠のテーマですからsweat01  

        *

同じくcardash中にcamera   

P118036850 P118036950

ゴールデンサニトラ。

「古いのが来たな!」と思ったのですが、その時こちらはコレを運転中だったのを一瞬忘れてました。 こっちも古いがなsweat01

ちなみに、タイヤのパターンが「サニトラサニトラ・・・」だったかどうかは定かではありません。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

夏木マリ 絹の靴下 デボネア こち亀 38巻 マイベストカー ハイゼット S40

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

漆刷毛

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

高校の同級生の実家は元漆塗りを生業としてまして、その同級生のお母上から漆塗り用の刷毛をたくさんあずかりました。使ってくれるところがあればということで。

ここの先々代が作ったもので、

50p1180434_2 ←幅と長さが何種類かあります。

これは幅が三寸、長さは五寸五分くらいの本通し(毛が端から端まで入っている)。                  50p1180435 50p1180436

こちらは同じサイズの半通し。 頭の方には毛が見えてません。 (お前と一緒や、などと言わないように・・・coldsweats01)                                        50p1180437 50p1180438

毛は人毛で中国人の女性の髪、板は檜(たぶん)で細かい柾目のええとこ使てます。50p1180556 50p1180557_2 50p1180558

使い方などが記されてます。

「30」とか「10」の表示は幅のようです。30は三寸、10は一寸ありますから。

預かった中で一番広いのが「35」で、狭いのは「5」。165mm~15ですね。

特徴や能書きなどが書かれた宣伝の紙もようけ残ってました。100img294

言い回し・語句・漢字など、時代を感じます。戦前のものかな?

『陸続』(?_?)・・・そんな言葉なんぞ見たことも聞いたこともありません。

*

漆器祭りの際に出品して何人かに買っていただきました。フェスタに来ていた平沢の方、地元の漆器関係の方、材木屋さんのいとはん(?)とかに。

値段はまぁまともに使えるかどうかわからないということも考慮して、深く考えずに決めたんですが・・・後日某漆芸家のお方に『むちゃくちゃな値段や』と言われました。安すぎると。sweat02

ということで、もしそこそこ使えるものであるとわかったら、もうちょっとだけ値段を上げます。m(_"_)m

同級生の母君は『いくらでもえぇ』とはおっしゃってますが、まぁつくった先々代に失礼にならないようにsweat01

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

全国伝統的工芸品フェスタ

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

漆器祭りと同じ時期に旧海南一中にて開催されていた『2013年全国伝統的工芸品フェスタin和歌山』を見てきました。

教室棟のほうでは、和歌山県内の伝統工芸品の展示と全国各地のいろいろな伝統工芸の体験ができるようになってました。

50p1180411 50p1180412 50p1180416 50p1180413

体験、せっかくなのでやってみたかったんですが時間が・・・薄いsweat02後ろ髪を引かれる思いで体育館の作品展の方へrun

その作品展のほうもちょっと見ただけで『戻ってきて』の電話が鳴って・・・以下の画像は翌日あらためて見に行って撮ったものです。

50p1180430 50p1180423 50p1180425 50p1180427 50p1180428 50p1180426

なんにも買いもせんのに相手になり質問に答えてくれた方たち、どうもありがとうございました。

後で聞いた話では、知り合いの友人の堺の刃物屋さんが、当方のことを『質問の内容がちょっとかわってる』ようなことをおっしゃってたとかsweat02

なにを聞いたんやろ・・・包丁の柄の朴のことを聞いたんは覚えてるけどcoldsweats01

シロウトは何を聞くやらわかりませんので、どうかお許しを。m(_"_)m

*

しかし・・・せっかく和歌山で、それも近くで開催されたのにじっくり見られなくて残念。

来年は佐賀とか。ちょっと遠いsweat01

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

ガラクタが取り持つ縁

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

11月2日と3日は黒江の漆器祭り。

50p1180400 50p1180403

メインの川端通りも裏通りの軒下蚤の市も賑わってます。

50p1180405 50p1180410

以前解体家屋から救出したミカンの木箱に貼る古いラベルを出品してたんですが、

50p1180421_2 

50p1180417 ぬりもの館2階でアートアクセサリー展示会(10/31~11/4)をされていたこの方が、昔印刷会社にいた頃にこのデザインに関わっていたということが判明。

これだけでも奇遇なのに・・・当方と話をしてる最中に通りがかったご婦人二人もまたこのラベルに目が留まり、話をするうちにこの方たちのお父さん(生きていたら100歳くらい)なども関係者と分かり・・・

たまたま×たまたま=(たまたま)の2乗です。どんどん話が発展していきました。

50p1180419

もう世間では用無しとなっていた古~いラベルですが、思いもかけずに縁を巡り逢わせる役目を果たしてくれました。

たまたま持ち帰った偶然とか、その他諸々を考えると(たまたま)の何乗くらいになるんでしょう?

        *

以上、ガラクタが縁を取り持ったお話でしたが、これを当方の行動(捨てられるものを哀れみ救出・・・これ自体が言い訳?sweat02を正当化する言い訳・口実とする意図はありませんcoldsweats01 

        *

ちなみにこの稲田氏は現在はジュエリー・アートアクセサリーの工芸家で、正倉院の宝物の「鯨鬚金銀絵如意(げいしゅきんぎんのえにょい)」の複製に取り組んでおられ、その仕事の様子がテレビで放映されるとのことです。

50p1180420

「正倉院宝物を写す」:放送は明日、11月4日(月・振替休日)ABCTV 9:58~)

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »