« 備中松山城 | トップページ | ガラクタが取り持つ縁 »

2013年10月28日 (月)

備中高梁

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

高梁は高梁川沿いにある松山城の城下町で、情緒のある街並みが残っています。

石火矢町。 武家屋敷の街並みです。

50p1160844 P1160842                

旧埴原家 (外観は撮り忘れですsweat02                                             P1160864 みなさん、撮る撮るcamerasweat01       

P1160870 斜めに切った床柱

しかし、ここのお屋敷で一番印象に残ってるのは・・・受付(?)におられた年配の男性。

同行の仲間と帰りがけにこちらから「ありがとう」と声をかけたんですが・・・どういう経歴の方なのかな? あんな対応する人は。見た目は紳士風でしたけどねぇ。think

        *

頼久寺。

P1160878 P1160900

暦応二(1339)年、足利尊氏が安国寺として建立した禅寺。(だとか)

P1160905 P1160898

庭は小堀遠州の作にて、国指定の名勝。

P1160909_2 この刈り込み、何を表してるんでしょう?

水口の大池寺の刈り込に通ずるものがあるような・・・。(同じく小堀遠州作らしいです)

        *

商家などの街並み

P1170016 P1160977

P1170005 P1160947

P1160997

これもなまこ壁って称していいのかな? 目地が海鼠の形になってませんけど。

色々な形・模様がありますが、2階の壁の腰部分にこういう仕事をしてるのは、西播から西の方によく見られます。

修景を施したと思しき建物には、こんな看板が掲げられてます。

P1160978 P1160990 P1170011

琺瑯看板は当方の単なる個人的な好みで、お上の認定とは何ら関係はありません。でcoldsweats01  

時間に追われながら街を見て回りました。単独で来ていたら、たぶん3倍ほど時間がかかっていたかもしれません。

しかし・・・あの旧埴原家の受付のおっさんを先に見たら、そそくさと引き上げて先を急いだかも。

以て『他山の石』としなければsweat01

このあとは宿泊地の吹屋町成羽へ。busdashdash

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

|

« 備中松山城 | トップページ | ガラクタが取り持つ縁 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

コメント

受付のおっさん←何があったの?興味深深です。

床柱の 斜めカット??その意味は?? 

先日の 亀山宿の 床束も斜めにカットされていましたね? 斜めって・・・・ また、どうして床柱をまた、斜めに・・・とは??

投稿: ゼロ男 | 2013年10月30日 (水) 06:53

>(やましいこと)ゼロ男さん
やっぱりまぁ・・・大工さん、もしくは施主の感性、かな?
もしかしたらボランティアガイドさんが説明してくれたのかもしれませんが、後ろのほうにいたので・・・sweat01

投稿: onigawara | 2013年10月30日 (水) 14:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/53753223

この記事へのトラックバック一覧です: 備中高梁:

« 備中松山城 | トップページ | ガラクタが取り持つ縁 »