« 角屋 | トップページ | 兎、京を駆ける »

2013年9月25日 (水)

古タイル、京都の街角と和歌山市駅

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 します ※ ▼▼▼▼▼▼▼

P1160205 角屋の近くだったかな。これは。

龍谷ミュージアムのご近所。壁面と戸袋。                   P1160253 P1160252

角屋の見学者用トイレ                                  P1160201 沓摺り部分の古タイル

ボーダー2例                                P1160113 P1160276

P1160273 七条通りのスクラッチタイル

以上、京都。

そんなに特筆すべき珍しいものでも高級なものでもない街角のタイル。

        *

一方コチラは和歌山市駅                               P1160071 P1160073

ホーム上屋支柱脚元のスクラッチタイル面が塗り替えられてました。

勿体無い。

金に亜鉛メッキ、屋久杉にペンキ、漆の上にペンキ塗り・・・みたいな

ついこの前までは古い塗装の傷みが進んでめくれやすそうになっていて、この機会に元に戻されへんのかなーなどと思いながら見てたんですけど・・・

P1160074 別のホームではまだ古い塗装のまま。

遠目にはまだ許せるかな、この色は。(本当はあかんのやで~、南海さん)

これも次に行ったら塗り変わっているのか? 

ツルツルテカテカの真っ白けに

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

|

« 角屋 | トップページ | 兎、京を駆ける »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古タイル、京都の街角と和歌山市駅:

« 角屋 | トップページ | 兎、京を駆ける »