« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

昭和な広島

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

広島市は都会と前の記事に書きましたが、その玄関口である広島駅周辺にはまだ昭和の街が残っています。

『愛友市場』は『心の通う買い物横丁』だそうで、          Dscn8979_2 Dscn8981_2

Dscn8986_2 Dscn8987_2

「昭和」というより「戦後」。

この提灯の寂しさ具合。カープの優勝がありえなさそうな空気が・・・ 

日曜の早朝ですからこんな佇まいですが、平日の昼間は賑やかで活気があるのかな? いや、きっと賑わってるに違いないでしょう。

さて、これをみっともないと見るか、それとも・・・?

*

左は駅近くのセンイシティの一角。右は中心地の商店街の空き地。

Dscn8965 Dscn8775

右の画像はあたかも補強CB造の建物が手前に建ってると見紛うほど。

こういうのはトマソンの○爆タイプと言われたりしますが、いささか不謹慎で気が引けますsweat02

*

駅近くの大通りに立つ消火栓表示版のスポンサーの質屋さんは、                      Dscn8960 『お主も悪じゃの~』のえちごやさん。

これもまぁよく言われますけど、全国の“えちご”さんや新潟県人に失礼かな。  

*

平成の店に活用されてる昭和のビルたち。                                 Dscn8777 Dscn9008 Dscn8791

目線を上に上げると看板の上にレトロなサッシや格子があったりします。

*

こちらのビルは、                                     Dscn8928_2  Dscn8929

道路側の壁は全面昭和な(?)タイルです。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水)

広島市-古絵葉書、聖堂

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

どこの現場からもらってきたのかは忘れたけど、広島市内の古い絵葉書を持ってます。

現在の画像と並べてみました。

まず廣島縣立廣島商品陳列所                      Photo

下が先日撮ったものです。

絵葉書はいつ頃のものなのかわかりません。大正から昭和初期のものには間違いないですけど。(当たり前やね)

*

そして、紙屋町交差点                            Photo_2

下はグーグルストリートビューを写しました。 違反かな? どうかお許しを m(_"_)m

この絵葉書、もしかしたら大正初期の開業間もない頃やもしれませんねぇ。

*

しかし広島は大都会です。和歌山の田舎もんから見れば。

広島市の人口は120万人弱で全国10番目。ちなみに和歌山は江戸時代には全国で8番目だったらしいけど、現在はなんと・・・54番目sweat02  

P1130324 P1130321

右のアーケード商店街はかつての西国街道。

*

例のごとく宿泊した翌朝は、朝もはよから街を歩きました。

宿近くのこのビルですけど、                                         Dscn8766 小学校らしい。

田舎モンの『学び舎』のイメージとはかなり隔たりがあります。

*

世界平和記念聖堂。 

Dscn8811_2 

Dscn8847 Dscn8838

村野藤吾の設計。構造が内藤多仲。

竣工は昭和29年の原爆記念日。重要文化財に指定されてます。

残念ながら中には入れませんでした。後から訪れた仲間の二人は入れたようですが。

*

この日の天気予報は雨でしたが、朝日が当たってきてます。

ここまで来たし、まだまだ時間はあるし、まだ天気は持ちそうだし、もうちょっと足を伸ばして広島駅まで行くことにしました。 歩いてsweat01 

歩かないと見えないものってようさんありますからsweat01sweat01  

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

広島商品陳列所 原爆ドーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)

泉南の鍾馗さん

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

泉佐野に所用で行ってきました。(おしごとです)  

とある材木店の工場にようさんこと並べられた棍棒は何?

ボウリングのピンか、はたまたジャグリングに使う道具のような・・・?

P1130775

祭りの大太鼓のばちだそうです。(まだ未完成の状態です)

材種は桐です。

        *

帰り道、ここは泉南市かな? 道沿いの立派な木造家屋の棟に、

P1130778 立派な鍾馗さんが目に留まりました。

踏みつけられた鬼は、顔がちょっと大きいけど耳の形がどことなく可愛らしいような・・・なんとはなしに憎めない。  

鍾馗さん、もうこらえたってもらえませんか?coldsweats01

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土)

尾道

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

仲間数名と尾道の街を歩きました。

まずは中心部の東の方にある浄土寺。多宝塔が国宝です。

Dscn8523 Dscn8524 Dscn8520 Dscn8522

ちなみに・・・多宝塔の国宝は全国で六棟。三棟が和歌山県で、その内一棟が海南市内旧下津町の長保寺にあります。

        *

尾道の町は坂と路地のイメージ。ということは必然的に(?)石積みも多い。Dscn8542 Dscn8680

(石積みは塩津の方がちょっと魅力的かも・・・また自分の町の宣伝かぃ?coldsweats01   

そして外壁面が直角でない、バチってる(全国で通じる言葉か?)家が多い。

この家など、一瞬視界を遮る何かが家の手前にあると錯覚するような?!

P1130315 Dscn8550

建物って現に使われてるかそうでないかは、なんとなくわかるもんです。

外観がヤレていても使われてたらわかるし、整っているようでも使われてないとそれなりに感じるものがあります。

しかし石段の上にあるこの家は、

Dscn8690 開口部以外に人の気配を感じない。

大丈夫かな?と心配したりして。 (余計なお世話でしょうけど) 

        *

こちら尾道市立久保小学校の校舎は、完成が昭和八年で、                           Dscn8555 宝物だそうです。

(うちの町ならとっくに解体されて建て替えられてる可能性大ですが・・・)

        *

銭湯です。日の出湯。尾道最古と紹介してるサイトがありました。                           Dscn8575

木製の窓に『都合により暫くの間休業・・・』の張り紙sweat02  

以前も休業していた時期があったようで・・・入りに行くこともないでしょうが、心配です。

30dscn8576この看板枠は全国共通かな?

黒江の大正温泉と同じです。

        *

Dscn8590 樹脂製品の『水』ですね。

よくありますが、これはもしかしたら初めて見るタイプかも?

        *

千光寺山の頂上より少し西に下ったところに、                     Dscn8651 有名建築家の作品があります。

尾道市立美術館。2003年開館。お寺みたいな建物が本館のようです。

残念ながら休館でしたので中には入れませんでした。

        *

意外なところで和歌山とつながりがありました。

Dscn8663 『白いじゅうたん』は除虫菊の花畑。

説明文に金鳥の創始者、上山さんの名前があります。(上山さんの出身地、有田市山田原とは少なからずご縁があったりしますので・・・)

        *

商店街                                           Dscn8737 Dscn8729

Dscn8726 Dscn8741

もっともっと回りたかったんですが時間切れ。集合時間です。

そのうちまたゆっくりと。 (って、いつになることか。というより、再度があるのかどうかsweat02

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)

漆風呂、嫁ぐ

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

もう20年以上前から使われなくなった漆風呂(室)

黒江の隣、日方地区の町家の2階にあります。

50p1130718 押し入れよりデカいです。

もうすぐ撤去・処分される予定でしたが、当方の知り合いに声をかけたところ『要る』とのことで、解体・引取りに来られました。

50p1130719 50p1130720

板類は釘打ちされてますが、柱・敷居・鴨居などの部材は分解して移設できるようになってます。(まぁ、家も本来はそういうもんですけど)  

ここはかつて職人さんが5人ほどいたらしく、こんな風呂(室)が六つあります。

そのうち三つが、岸和田にある家具の工房へ一つ、和歌山市の大工さんの元へ二つ、嫁ぎました。

廃棄物となる運命だったものがこれからも本来の用途として使われ続けることとなり、この家のご主人は「(亡くなった)父親も喜んでると思う」と仰ってました。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)

初広島

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

建築士会支部の研修旅行(?)がありまして、広島方面へ行ってきました。

広島県は35年くらい前に往復の新幹線、23年前に家族で中国道をカリブで、どちらも通過したことしかありませんでしたので、「訪れた」と言えるのは今回初。

尾道市                                          75dscn85392 75dscn87192

広島市                                       75dscn89342

竹原市                                        90_p1130544_2 50p11306762_2

以上、とりあえず今日のところはこれくらいで・・・sweat01  

詳しくは、また後日。 (と言いながら画像の編集などチョコチョコしましたがsweat02

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

猫 ねこ ネコ にゃんこ 犬 わんこ イヌ 伝建地区 伝統的建造物群保存地区 雨の日はしょうがない 小室等 勾欄 坂道 石段

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月15日 (水)

回転翼航空機

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

たまたまカメラがそばにあったので撮ってみました。

Dscn8498

近頃ではヘリの音が聞こえてくると「オスプレイか?」などとつい思ってしまいますが、陸自のUH-1Jっていう機種のようです。(自信ありませんがsweat01

素朴な疑問が・・・

そんなに低空ではありませんでしたが、そこそこの轟音です。earsign03

機内ではどうなんでしょうか? 

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月)

安堵町窪田

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

中家の近所。安堵町窪田の集落です。

        *   

中家と同じく濠の内側にある石田家の長屋門は、元は筒井順慶から譲り受けた多聞城門。                                         Dscn8081_2 Dscn8082 

補修を待つ猶予があまり無いような状況に見えるんですけど・・・sweat02   

        *   

こちらの路地には奥のほうに茅葺きの屋根がeye  

Dscn8091 この家は内濠と外濠の間に建ってるようです。

やはり中家に関わりのある家柄でしょうか?

        *   

窪田集落の家並み。                              Dscn8087 Dscn8078

        *   

Dscn8060 集落内の八王子神社

本殿と拝殿の間に架けられた上屋の屋根だけに丸桟瓦が葺かれてました。

軒先は普通の桟瓦なので、取り合い部分に隙間ができてます。

        *  

我が家の隣の集落にある善福院釈迦堂は、とあるサイトによると、『国宝建築・道迷いランキング』堂々2位にランクインしてますが、               50dscn8077 ここ中家もアプローチする方向によっては・・・。

ろくな地図も持たずに行こうとしたのがそもそもの間違いで、近くまで行ってるはずなのに迷ってしまいましたsweat01  

        *

        *

        *

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土)

制振金物

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

夕方、所用で隣町への道すがら、camera

                       100p1130265

・・・平地ではもう終わってますが、山ではまだ咲いてたりします。100p1130272 

これは? 遠目はヤマボウシみたいですが、ようわかりません。P1130261

        *

昨日、建築士会仲間が設計して現在施工中の耐震補強工事現場を、施主さん・施工者さんのご好意により見せてもらいました。

50p1130231 東海ゴム工業のコレですね。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水)

大和の環濠屋敷

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

七日の加茂谷は初夏の日差しに冬の風が吹いてました。

帯広では六日に雪が積もり、これが8年ぶりだとか。

8年というサイクルは地球の歴史なんかに比べいでも(どこかで聞いたような言い回し・・・sweat02、人の歴史からしてもまぁ頻繁にあるということですか。

おびひろ動物園さん、想定はある程度しとかなあかんのとちゃいますか? 

        *

で、時間はちょっと戻って4月29日の大和。 和州とも言いますが和歌山のことではありません。奈良です。

文晃堂の後、もう一箇所まわりました。

安堵町にある中家住宅。 

Dscn7988

万治二(1659)年(推定)の主屋、安永二(1773)年の新座敷。その他の建物などと、濠、竹薮ともに国指定の重要文化財です。

切手の図柄にもなっています。

Dscn8068 Dscn8067

濠は二重で、遠くから見ると古墳か神社があるように見えます。

Dscn8064 Dscn8102

中氏は元は足利尊氏に従って大和に入り、後に筒井一族の武士として活躍し、筒井氏の伊賀への国替えに同行せず、その後農家、大地主となり現在に至ってるとのことです。 (リーフレットより要約)

Dscn8052 Dscn8066

Dscn8037 Dscn8051

見学は要予約で、施設維持管理費500円が必要です。

こちらは個人のお宅で、受付があって係の人がいるということもありません。

くれぐれも突然訪問して『見せてください』などということはしないように。sweat02

連絡先などはコチラに。

Dscn8075 Dscn8085 ←逆さラビットcoldsweats01   

Dscn8095

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

文晃堂

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

『日本旧車会』はいつもだいたい昼頃には解散します。

せっかく奈良まで来てるので、その後以前からついでがあったらいっぺん立ち寄ってみよかと思ってた所へラビットに乗って行ってきました。

        *

文晃堂

75dscn7970

當麻寺のすぐ北側ですから、旧車会の会場から近いところにあります。

75dscn7979

75dscn7980

75dscn7978 75dscn7984

75dscn7976 75dscn7975

パンフレットはコチラ↓ (店の回し者ではありませんsweat01

751562_0001 751563_0001

元酒蔵の文具店です。何年か前に「あそこにこんな店あるよ」って教えていただきましたが、「いつでも行けるわ」と思うとなかなか寄らないもんですねぇ。

別に『念願の』っていうほどでもなかったんですが、なかなか面白い店でした。

(何も買いませんでしたが・・・coldsweats01

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

名張市美旗

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

スルッと関西の残り1日分を利用して出かけてきました。

詳しくはまた後日アップしますが、ちょっとだけ。

まずは名張市の美旗は初瀬街道沿いで見かけた2体の鍾馗さん。

Dscn8393100 Dscn8376100

左はkiteさんの鍾馗博物館095番、滋賀県竜王町のものと全く同じに見えます。

右のは鍾馗さんに違いないと思うんですけど、・・・どうかな? なかなか味わい深いカタチをしてます。

        *

同じく美旗地区の屋根猫

Dscn8298100

        *

こんな虹。出てました。

Dscn8457100

Dscn8437275

        *

とりあえず今回のところは以上sweat01  

一週間前の日本旧車会の日の出来事をもう少し引っ張ってから、その後でまたあらためて(^^)ヽ

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

日本旧車会2013-④/4

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

我が家の茶兎と、奈良の旧車仲間の青緑兎          Dscn7916_2 

トンボ鉛筆のボテ箱を載せたラビット。            Dscn7911 Dscn7912

Dscn79132 この『かつらぎ町』のナンバーは今のものらしい。字体がちょっとレトロっぽいから昔のものかと思いました。

去年も来ていたシルバーピジョンC140(もしかしたらC240?)  Dscn7921_2

うちのもこんな色に塗り替えたい。

        *

会場に来ていた三輪、四輪。

LOMAX                                   Dscn7928 これは毎年来てるように思います。

75_2_dscn7927 『5』ナンバーなんやね。

三輪乗用車は『7』かと思ってましたが、思い違いなのか知識が古いのか?

こちら奈良の旧車仲間のセリカ・リフトバック                    Dscn7925 和歌山のイベントにも何度も来てくれてます。

目にもあざやかな、カルマンギア                                   Dscn7902 この方を思い出します。

他にもいろいろありましたが、会場到着が遅くなった上に人と話し込んだりしていて撮りそびれてしまいましたsweat01   

今年の旧車会の記事は以上です。 

また来年 (^^)/~~

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

日本旧車会 2013-③

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

その③。 

90dscn7951_2

90dscn7917 90dscn7924

90dscn7923 90dscn7919_2

90dscn7906 90dscn7920 

今日のところはとりあえず画像のupだけで・・・sweat01

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

日本旧車会 2013-②

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

今日5月1日の我が家の桜です。

90dscn8111 花はとっくに散って葉が青々と茂ってますが、

90dscn8112 まだ一輪・・・。

甚だしい遅れ?or 勝手気まま? ちょっと我が身を重ねてしまったsweat02   

        *        *        *

さて、旧車会の話題、その②です。

今回はあまり画像を撮れてません。

その中で印象に残ったバイクはどれだ?というと、コレダ

Dscn7967

オヤジのダジャレはみっともないですが、“オートバイは『これだ』”ということで命名したと、スズキのサイトにも書かれてます。

Dscn7957 Dscn7959

Dscn7960 Dscn7962

前後連動式の油圧ブレーキは整備が大変だそうです(オーナー談)

        *

英国製スクーター  Velocette-viceroy                           Dscn7931_2 

Dscn7944 Dscn7941

Dscn7932 Dscn7943

Dscn7940_2

帰り支度も終えた頃だったので、あまり話を聞けなかったのが残念。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

日本旧車會 葛城 奈良県社会教育センター ベロセット ヴェロセット scooter colleda

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »