« SUZUKI SW-1 | トップページ | 軒下蚤の市 2回目 »

2013年3月26日 (火)

如月の望月の頃

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

そうなんです。今はまだ如月の真ん中あたりです。ひなめぐりなんてとっくに終えてますが。

この如月の望月の頃に、うちの桜が七~八分咲きくらいでしょうか。(西行さんの時代にソメイヨシノはありませんでしたが)

S75dscn6858 S75dscn6859

青と薄ピンクってものすごく合ってるような気がします。

それってこの組み合わせの映像が脳の回路に刷り込まれてるからなのか、と思ってしまいます。

ちなみに桜の花のむこうに生ってるのはお隣の夏みかん。甘夏ではなく、すっぱ~いやつです。

S75dscn6861 これは?

ちょっとを見てみると、背黒鶺鴒(セグロセキレイ)かな? 

お尻振ってなかったみたいでしたが。

        *

今日は平日でしたが、ちょっと泉州の古民家と材木屋さんを見せてもらってきました。Dscn6874 ここは築70年くらい。主はラテン系西洋人。(日本語は流暢ですsmile) 主張を持った熱い方です。

こちらはその後行った材木屋さん。

Dscn6899 いろいろお話を聞かせていただきました。

その一部だけ                                    Dscn6900 イヌマキ。 (門の材を挽いた残りだったか?)  

Dscn6913 桐。外で雨に打たせて乾かします。

Dscn6925 だんじりの台に使う欅。上の荷重を受ける部分でしょうか。必ず同じ(同種ではなく、一つの)木から作らないといけないそうです。

        *

おまけ画像                                        S75_p1110901 古民家の黒猫

もうちょっと摂生したほうが健康にいいんとちゃうかな?coldsweats01   

*

なんやかんやで更新がままなりません。(書きかけて公開に至らない記事がいくつもたまってきたし・・・sweat01

とりあえず今日はこんなところでsweat01sweat01sweat01

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

|

« SUZUKI SW-1 | トップページ | 軒下蚤の市 2回目 »

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

◆犬猫動物」カテゴリの記事

◆花鳥風月・森羅万象」カテゴリの記事

コメント

ブログで桜の名木を訪ね歩き、熊野那智大社では
後白河法皇お手植えの枝垂れ桜を、日高の道成寺
では「入相桜」をアップし、気がつけば今日が
西行の入寂の命日、如月の望月のころ!
「願わくば・・・」の日に当たりますので慌てて
西行の生涯をアップしましたら、ご貴殿も同じ如月
の望月のころでした。西行にご憧憬の至りです。

投稿: しげやん0710 | 2013年3月27日 (水) 14:52

>しげやん0710さん
高貴寺は縁あって一年に何回も行きますが、近くの弘川寺には行ったことがありません。
今度一回立ち寄ってみようかと思います。(桜は終わってるでしょうがsweat01

投稿: onigawara | 2013年3月27日 (水) 18:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/50967955

この記事へのトラックバック一覧です: 如月の望月の頃:

« SUZUKI SW-1 | トップページ | 軒下蚤の市 2回目 »