« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

草むらの脇役

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

耐震診断の調査を終えて帰り道、行く手の草むらに・・・ 

S90dscn6950

S90dscn6952

S90dscn6955

“Water Cooled”とあります。 「水冷」であることがウリだったんでしょうか。

S90dscn6953_2 

草ヒロ、ヒーロー・ヒロインというより、脇役ですね。地味な存在です。

本来のお姿は、コチラ

見覚えはない? それが普通です。

こんなものに目が留まる方がどうかしてます。ハイcoldsweats01   

しかしもったいない。必要とする人もおられるんではないかな?世間のどこかに。

当方はこの車に琴線をくすぐられます。

何故に?、何処に? かなりマイナーだからでしょうか。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

みなべまちなかミュージアム

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

もう半月ほど経ってしまいましたが、南部の街をちょっとだけ歩いてきました。

こんなイベントをやってると漏れ聞きましたもので。

P1110503 P1110510

P1110515 P1110524

P1110527_2 P1110626

P1110632 P1110659

この椅子の置いてある時計屋さんではいろいろ話を聞かせてもらいました。P1110552_2 P1110623

P1110592 P1110590 

漆塗りの道具を展示してる店がありました。 (天井の扇風機は展示品ではありません)                                       P1110563 P1110566

P1110630 P1110649 

今月いっぱいの企画なので後三日。ただし、日曜日には閉まってる店もあるやもしれません。

興味を持たれた方はお急ぎくださいsweat01  

(南部の街を宣伝する義理は特に無いんですけど・・・ )

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

軒下蚤の市 2回目

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

おかげさまで無事終了。

今回はぬりもの館前の軒下に加え、同じ路地に面した近くの駐車場をお借りすることができました。

P1110862

むこうに見えてるのが「紀ノ国360ccをこよなく愛する会」のメンバーの車です。

予報では天気がややこしかったので招集はしませんでしたが、『行けたら行かよ~』って言うてくれてた何台かが来てくれました。

P1110845

こんなところにお茶のボトル缶がeye?                  P1110847 ウォッシャー液のタンクだそうですsmile

↓ だんみつ屋、ではなくはちみつ屋ケンちゃんのマツダK360。       P1110868

ちょっと前を開けて見てるだけです。このまま走ってきたんではありません。

↓ T君のウェルビー号                             P1110848

P1110849 P1110856 P1110860 P1110855

がっちりした“貨物自転車”?

帰り際、せっかくなのでぬりもの館前にてcamera   

↓ 快調なI氏のスバル360。いろいろ工夫されてます。          P1110878 

↓ YやんのマツダT600。普通三輪トラックですけど、サイズもエンジン排気量も今の軽より小さいんです。                            P1110880_2

↓ T君のスバルR2。最近仕上げて車検とったばっかり。     P1110881

指さしてるのは宮本さんかな?

        *

話は変わって建物のこと。

これはこの路地に面した町家の窓ガラス。

P1110883 金物でつなぎ合わせてます。

P1110885 cameraZOOM

これをみすぼらしいと見るか、手の込んだ仕事と見るか・・・見る側の価値観(?)によって変わります。

さてこれをご覧のあなたは、どちら派?

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

如月の望月の頃

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

そうなんです。今はまだ如月の真ん中あたりです。ひなめぐりなんてとっくに終えてますが。

この如月の望月の頃に、うちの桜が七~八分咲きくらいでしょうか。(西行さんの時代にソメイヨシノはありませんでしたが)

S75dscn6858 S75dscn6859

青と薄ピンクってものすごく合ってるような気がします。

それってこの組み合わせの映像が脳の回路に刷り込まれてるからなのか、と思ってしまいます。

ちなみに桜の花のむこうに生ってるのはお隣の夏みかん。甘夏ではなく、すっぱ~いやつです。

S75dscn6861 これは?

ちょっとを見てみると、背黒鶺鴒(セグロセキレイ)かな? 

お尻振ってなかったみたいでしたが。

        *

今日は平日でしたが、ちょっと泉州の古民家と材木屋さんを見せてもらってきました。Dscn6874 ここは築70年くらい。主はラテン系西洋人。(日本語は流暢ですsmile) 主張を持った熱い方です。

こちらはその後行った材木屋さん。

Dscn6899 いろいろお話を聞かせていただきました。

その一部だけ                                    Dscn6900 イヌマキ。 (門の材を挽いた残りだったか?)  

Dscn6913 桐。外で雨に打たせて乾かします。

Dscn6925 だんじりの台に使う欅。上の荷重を受ける部分でしょうか。必ず同じ(同種ではなく、一つの)木から作らないといけないそうです。

        *

おまけ画像                                        S75_p1110901 古民家の黒猫

もうちょっと摂生したほうが健康にいいんとちゃうかな?coldsweats01   

*

なんやかんやで更新がままなりません。(書きかけて公開に至らない記事がいくつもたまってきたし・・・sweat01

とりあえず今日はこんなところでsweat01sweat01sweat01

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

SUZUKI SW-1

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

先日、某所にて見かけたバイクです。

P1110461 P1110462

スクーターのような、古~いバイクのような・・・

P1110463 スズキの“SW-1”というバイクです。  

かなり古いと思ったんですが、検索するとそんなに古くはない、約20年前、平成のバイクでした。

知らん人にはラビットより古そうに見えます(ワタシですsweat01

バブル後でお値段も高い設定で、全く売れずに廃盤となったと記されてましたが、もしかしたらSUZUKIさんは別に売れんでもいいという考えあったのでは?、と思わせるバイクです。

それはそうと漏れ聞くところによると、海南市の藤白神社で行われる『鈴木さんサミット(?)』に、今年はスズキの社長が来られるとのことです。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

如月朔日に

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

世間ではTPPをめぐっていろいろ意見が分かれています。

今日はJAの全国組織が反対集会を開いてるのをニュースで見ました。

たしかに日本の農業が大打撃を受けて農地が荒れて国土も荒れる、という可能性もあるでしょう。

しかしこういう反対・抗議運動なんかを見るといつもちょっとだけ思ってしまうんですが、たとえばこの農家の人たち、ナントカホーム、なんやらハウス、なんたら林業とかで新建材の家建てて、ホームセンターとかで中国製の家具買ってたりしてないのかなぁと・・・。

家を建てるのに、日本の林業のためにとか、日本の文化のためにとか、考えてくれたりするのだろうか?と。

なにもこの人たちだけのことではありません。

自分もそうです。直接かかわってないことにはつい無関心になりがちですsweat02

*

とまぁ硬い話題はさておいて、我が家の裏庭。

昨日見慣れない鳥が来てました。

たぶんこの子   

残念ながら撮影する間もなく、飛び立っていきました。

撮れてたら野鳥好きの建築士仲間に自慢できたのに・・・coldsweats01

そして、今日は如月朔日。

白梅はそろそろ終わりに近づき、紅梅が盛りです。

S75dscn6715

ブサイクですね。剪定が下手すぎ。

「剪定」とは言えません。「枝切っただけ」やね(ワタクシの仕業ですsweat01

事務所前の桜のほうは植木屋さんに伐ってもらったから大丈夫でしょう。

如月の望月=3月27日頃には咲いているかな。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

消火弾

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

2年前のこの日、ここ和歌山県の北部沿岸地域でも大津波警報が発令されていて、夕方から帰宅困難に陥ってました。

海南市内から国道42号線を南に向かう車が、その先が通行止めで大渋滞。

しかし車が数珠つなぎになってる場所のほうは海面からの高さが低く、その通行止めの先数kmは上り坂で、行けば行くほど高くなる。

言わば、安全なところへ向かう車を、危険な場所に押し留めてる。そんな状況に思えたのですが、どうだったんでしょう?実際のところ。

今も疑問に思ってます。

おまえはどうしたのか? 早い目に見切りをつけて大きく迂回して山越えで帰りました。(ふつう10分くらいのところ、1時間以上かけてsweat01

*

さて、まず身近な防災としては火事への備え。

『SKS強力消火弾』なるものが、元漆塗り職人さんの仕事場に残されてました。                                     P1110152 P1110159

仕事場では室温を上げる必要性から、石炭ストーブなどを使っていました。

P1110154 P1110155

P1110169 その中身。

これってどの程度の消火能力があったのでしょうか?

効力は三十年不変・保証と書いてますが、記された製品の検査日が昭和38年。50年モノのビンテージ。

まぁインテリアをレトロに演出する小物ですね coldsweats01

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

外部塗装終了

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

25年ほど前に、自分の事務所として初めて一式の図面を描かせてもらった家です。 

S75p1110096 外部の塗装改修を終えました。

世に数多業者がいる中で、引き続いて声をかけていただけるのはありがたいことです。

自分では一応真面目に依頼主のことを思って仕事をしているつもりです。ハイsweat01

        *

神様。ひたすら、否、基本的に、否々、全体を通して平均したら、真面目に生きるそんな私めにどうか、5億5千万とは言いません。できれば多いほど嬉しいですが・・・いくばくかのお金を当ててくださいませ (-人-;)

バチだけは当てないようにお願いします。m(_"_)m

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

有田の古民家

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

ほんの少し前まで、                                          S75dscn6641_2 こんなツララができるくらい寒かったのに、

その後急に暖かくなってきて、                           S75p1110101_2 我が家のイシガメがお目覚めです。

        *        *

先日、有田の山の上の古民家を拝見してきました。          Dscn6693 Dscn6674

主屋は築150年で、現在は誰も住んでいません。

新建材を使った改造は少しだけです。                  Dscn6652 Dscn6657

主屋の小屋組は、                                 P1110065 与次郎組みですか。

別棟にある風呂は、浴槽は変えられてますが、              S75dscn6683 天井は昔のまま。

Dscn6686 納屋も家と同じくらい古そうです。

場所は有田IC、下津ICから20分かからないくらいの山の上の集落。

今は荒れてますけど畑もあります。

ここで暮らしてみたいとか何かをしたいとか、興味をそそられるという方はおられませんかねぇcoldsweats01

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

白熱電球

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

今やすっかり悪者扱いとなってしまった白熱電球ですが、

先日のカール・ベンクス氏によると、製造・販売が禁止となったドイツでは(も)買いだめした人が多いとのことです。

ありだの民家を考える会のメンバーの一人はLEDに対して非常に否定的で、それに対してベンクス氏も「いずれLEDは無くなるでしょう」と仰ってました。 

そのへんの詳しいところ、客観的で公平な解説を聞かせてもらう機会が欲しいです。 

*

その白熱電球、うちの倉庫に古いのがいくつかあります。

S50p1110047 (もうちょっと数あります)                

↑ 左から、トウランプ/キンセンランプ/道路標識用電球(Toshiba)

そのロゴ、表示などcamera   

S50p1110050 トウランプ

どこかでもらってきたソケットについてた真っ黒に汚れた豆球をキレイにしたら、文字が出てきました。

琺瑯看板や古い雑誌の広告などでよく見かけます(持ってません。ネットでです)

*

S50p1110046 キンセンランプ

先日頂いてきました。

*

道路標識用はもともとあったものです(表示がうまく撮れませんsweat01

*

ちなみにこれら、すべて点灯します。

S50p1110043 S50p1110044

キンセンランプは箱というか筒というか、あります。ちょっとボロいですが。                S50p1110061 S50p1110058_2

キンセンランプ、金線電球製作所については検索してもよくわかりません。

製造されたのはいつ頃で、どこにあったどういう歴史の会社なんでしょう?

それと、能書きにある『メートル燈』ってなに?

(わかったからってどうってことないんですけど)

*

いずれにしても、大事に使っていきたいと思っています。当然節約を考慮しながら、適所に。

使えるのに捨てたりすることはありません。(使えなくても置いてるものようさんありますけどcoldsweats01

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

正義の味方、アラーの使者

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

東京オリンピック開催の支持率が70%だとか。

ちょっと前にはたしか支持4:不支持6くらいだったような?

お前はどうなのか?と聞かれると・・・、してもいいかなという気持ちが4、やめといたほうがいいという気持ちが6ですか。

この気持ちって無関心とか団結心がないとか自分では思っていません。どちらかというと賢明な思考のつもりなんですけど。ハイ。

隣国ならこんな考えは非愛国かな。sweat02

親日国、トルコのイスタンブールで活躍する日本選手を応援するのもいいんじゃないでしょうか?

*

本日の画像はこれ  (イスタンブール⇒トルコ⇒イスラム国ということで)

S100dscn6310アラーの使者”のメダルです。

S100dscn6311 裏面

テレビで放映されたのが1960年か。その時我が家にテレビがあったのかどうか微妙です。でもなんとなく覚えてるような気もするし・・・?

主人公のアラーの使者に扮するのが若き日の千葉真一で、カバヤン王国のココナツ殿下を助ける正義の味方。

今ならこの話、同盟国のアメリカがいい顔しないかもしれませんねぇsweat01

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

○×そっくりさん

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

人を刺しておいて『誰でもよかった』とか。

そんなことはないでしょう。

こんなPhoto_2人や、 こんな人Photo_3は絶対に避けてるはずです。

弱い、勝てると思う相手を選んでるんでしょう。

こんなのImg_546383_21641003_0 が来たら、怖さのあまり刃物振り回すかもしれませんが。

ちょっと不謹慎でしたか? 卑劣だということ言いたいんです。お許しを。

怖い人を狙えということでも、決してありません。

        *

少し前に耐震改修を終えた家です。

S50dscn6628 耐(対)震性能を上げるために、筋交いは入れてません。構造用合板も使ってません。コンクリート基礎も作ってません。

もう少し時間が経過したら、新しい材料もまわりになじんで『古家そっくりさん』状態になっていきます。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

R2

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

とある海辺のガレージで、

S50p1100998 スバルR2の整備進行中。

近日車検取得予定とのことです。

S50p1110010 後輪に頭を突っ込んでるT君は、

10年ほど前は免許が無いのにキャロル持ってる旧車高校生でした。 (ちなみにキャロルは不動です。無免許運転はしてません。念のためsweat01

そしてその整備の手伝いをしてる少年は、

S50p1110011 旧車小学生。

お父ちゃんの影響ですが、今や知識は尋常ではないみたいです。

S50p1110016 コチラはT君のR360クーペ。

雨の後は天日干しが必要とか・・・coldsweats01

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

南海電車と長髪のKさん

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼     

もう先月のことですが、『すまいをトーク』2月の講座で、大阪に出かけてきました。

S50p1100856 南海和歌山市駅のホームです。

上屋の下地が木造で、それを支える架構は古いレールが使われてます。(その手の蘊蓄が書かれたサイトによると、100年以上前のカーネギー社製らしい)

そしてその柱脚に貼られたスクラッチタイルには・・・

S50p1100857 吹き付け塗装がshock   

奥ゆかしいですねー、お宝を持ってるのにそれを隠そうとするとは。

「やめとこう」って言う人はいてへんかったん?

S50p1100862 特急サザンの指定席車内です。

乗車券は優待のものを頂いてるので、ささやかな贅沢させてもらいました。         m(_"_)msweat01 

で、その指定席なんですが、端から順番に売っていくのかな?

12000_02_2 空いてる時間帯でした。

席は5番でしたが、すぐ前の9番に座ったおじさん(自分もですけどcoldsweats01と岸和田まで30分以上二人だけ。そこから乗ってきた二人がその前の13番と17番。合計4名がかたまって座ってました。

まぁ並んで二人だけっていうんではないですけどねぇgawksweat02   

*

で、、『すまいをトーク』。

今回の講座の内容は「住宅の性能」と「住宅の価格

S50p1100888 講師は運営委員のKさん。

前半は制度の仕組み・内容などの解説で、後半はそれについてのK氏の所見・見解などを述べられましたが、当方とだいたい同じような思いを抱いてるようです。

*

Kさん、髪がまただいぶのびてきてますねー。

髪が多くてうらやましい。けど洗うのも乾かすのもめんどくさいやろなーと思ってたら・・・うっ、シャンプーし乾かしてる姿を想像してしまったsweat01

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »