« 毛見隧道 | トップページ | 和歌山線 田井ノ瀬駅 »

2013年2月 5日 (火)

塩津第○隧道

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

前の記事、トンネルのつづきですが、・・・

かつては公共の構造物には、威厳のあるデザインと精神性、物語性(こんな言葉あるのかな?)が込められていたように思うんですけどね~。

S50img_7193 こちらは我が家の近くにある“塩津第一隧道”

もう出来てから50年以上経ちます。

壁面の仕上げは、かつては左官の洗い出しだったと思います。

それが今ではこの状態。

S50img_7194 こんなのアリ?

剥落防止のため斫るのは浮きがあったら当然ですが、そのまま塗装とはsweat02

この感性がわからん。せめてシゴくとかねぇ。

もしかして「アート」? そうは見えんけど・・・gawk

塩津隧道は第四まであったかな? すべてこの状態です。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

|

« 毛見隧道 | トップページ | 和歌山線 田井ノ瀬駅 »

◆(?_?)」カテゴリの記事

◆たてもの・まちなみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/49201339

この記事へのトラックバック一覧です: 塩津第○隧道:

« 毛見隧道 | トップページ | 和歌山線 田井ノ瀬駅 »