« 軒下蚤の市 | トップページ | “La Festa Primavera 2013” »

2013年2月26日 (火)

黄昏の頬骨

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

久々、というほどでもありませんがしばらく乗れてませんでした。  

S100p1100953

尖ってますねぇ、頬骨が。 

「痛そう」って言われたことがあります。 痛車か?sweat02

*

和歌山市、浜の宮海岸から見た、阿波の国に沈まんとする夕陽。

S100_p1100944

コンビニ駐車場の隣の車のご婦人が、西向きに駐車して飲み物を手に日が沈むのをずっと眺めていました。

少し前からここに来て鑑賞していたのかな?

*

同じ和歌山県でもこちらのホテルでは、正面の太平洋から上る朝日が見られます。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

三菱 デボネアdebonair 夕陽百選

|

« 軒下蚤の市 | トップページ | “La Festa Primavera 2013” »

◆のりもの」カテゴリの記事

◆花鳥風月・森羅万象」カテゴリの記事

コメント

気になるな~?? その女性・・・美人?お年は?失恋?

でも?情緒にしたれる場所があって・・いいですね~♪
此方盆地でお寺の屋根しか観えません・・・・。

投稿: 0男 | 2013年2月28日 (木) 16:50

>O男さん
食いついてきましたね~
そんなにシッカリ見てませんけど、まぁ生まれて半世紀くらいで情緒とか風流とかがわかるご婦人かなと・・・coldsweats01

お寺あったら十分じゃないですか。
和歌山が奈良に勝ってるのは海くらいのもんですよwave

投稿: onigawara | 2013年3月 1日 (金) 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/49693485

この記事へのトラックバック一覧です: 黄昏の頬骨:

« 軒下蚤の市 | トップページ | “La Festa Primavera 2013” »