« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月30日 (水)

細かいいただきもの

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

なにも重箱の隅をつつくような目で探してるわけではありませんが、目に留まるんです、細かいものがcoldsweats01

S50p1100354 宇宙エースのちっちゃいペナント

竜の子プロダクションの作品ですね。 Wikiってみるとテレビ放映当時わたくし小学4~5年。

主人公のエース君はパールム星の王子だったそうで(そこまでは覚えてない)、主人公なので当然勧善懲悪の正義の味方だったと思います。同じ王子でもベジータとはかなり違いますねぇ。

*

S50p1100355 マブチ水中モーター S-1  

「マブチモーター」という文字だけで、周りに子供の頃の空気を感じる。(ような気がする)

ただし今は凄惨な事件も連想してしまうようになってしまいましたがsweat02  

*

S50p1100358 アンクルトリスの景品・販促品の類? 

糸を引っ張ってやると、前へならえ状態でひょこひょこと歩きます。

これはいつ頃のものか、検索してみましたが定かではありません。

*

以上、そんな目に留まった先日のいただきものでした。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

残したい家

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

耐震改修工事現場。

屋根の葺き替えが終了しました。

S50p1100328 淡路のいぶし瓦です。

本当は土葺きのままでいきたかったんですけど、既存の瓦が塩害で傷んでいてもうそろそろ葺き替え時だったのと、屋根の重量を「非常に重い」から「重い」にする必要に迫られたので。

*

昨日金物の画像撮るために床下を匍匐前進してきました。

体の柔軟性がなくなったのと、お腹が邪魔でどうも動きがどんくさいcoldsweats01

S50p1100326 ←目的地の途中にあるこれは・・・

上の敷居を固定するための細工で、引き独鈷で引いて栓を入れてます。

昔の常識=今の非常識。

早い、安い、実は短寿命の住宅を手がけてる人には、『無駄な仕事』と言われてしまうのかもしれません。

*

実はこの家、私めの大伯父(祖父の兄)である「助やん」という大工が約八十年前に建てた家で、今回の改修工事は予算的にかなりshockなんですが、これもご縁と思いがんばってますsweat02

現所有者の『残したい』という意志にも報いたいし。recycle

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

石場建ての耐震補強

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

たまには仕事のことを書かないと『お前仕事してるのか?』と疑いをお持ちの方もおられるようなのでsweat01  (“0男”さんのように書き尽くせないほどの内容ある仕事やってたら毎日でも書くんですけど・・・coldsweats01

        *

今耐震改修工事をしてる家は、据え石の上に柱が載っている「石場建て」で、こんな材料を使っています。

耐震リング

S50p1100217 柱と足固めへ取り付けたところです。

この家では大黒柱と、敷居はすべて桜が使われています。

        *

S50p1100230 こちらは荒壁パネル

築80年超の伝統構法の建物なので、新たなコンクリート基礎作って筋交い・構造用合板で固める方法はとりませんでした。

ヘタに筋交いなど入れてボルトで固めると、計算上はOKでも逆に実質弱くなる危険性があります。

        *

伝統構法の建物はそれに合った工法にすべきで、そのほうが工期も短く費用も少なくて済みます。

なにより地震に対応する有効性はこちらのほうに分がある。即ち、建物にも住んでる人の身体と財布にも負担が軽い。

・・・っていう考えです。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月25日 (金)

珍なる神社仏閣車

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

昭和30年代のHONDAの角張ったデザインのバイクは“神社仏閣スタイル”と称されています。

*  

当方昭和30年男ですが、『昭和40年男』という雑誌がありまして、その最新号にこんな記事が。

P1100135

『・・・60年代アメリカ車と“神社仏閣”をミックスした珍なる名車・・・』と。   

このような褒め言葉をいただけるとは、誠にもって光栄です shine

ん、褒めてない? そうですか?coldsweats01  

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

三菱 mitsubishi デボネア debonair シーラカンス

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木)

カール・ベンクス氏の講演会

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

『ありだの民家を考える会』主催の講演会が予定されています。

*講師:カール・ベンクス

*日時:217日(曜日) 午後1:30~3:30

*場所:きびドーム 文化ホール (和歌山県有田郡有田川町大字下津野2021)

*参加費:無料 (300名 申込不要

S300img208

                              ご案内まで  m(_"_)m 

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

庭鳥

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

鶏ではありません。裏庭の野鳥たち。

みかんを輪切りにして梅の木に置いていて、それをつつきに来るのを居間と台所から眺めることができます。

風流?、いや、見てるうちにそうでもなくなってくるんです、これが。

*

メジロ。 ほとんどはつがいでやってきます。

Dscn6258

メジロどうしでも上下関係があるみたいです。

ほかのペアやヒヨドリがいる間はとなりの木で待機。

Dscn6192 Dscn6191

お尻からのショットを撮ってみました。        ↑

*

鵯(ヒヨドリ)。 単独で来ます。

Dscn6193

S50dscn6198

鳴き声がけたたましいしメジロが追い払われるので、なんとなく情緒に欠けるようなイメージを持ってしまいます(こちらの勝手で申し訳ないが)

*

イソヒヨドリ(♂)。 キレイな声で鳴きますが、人間にとっては悪戯者です。

Dscn6200

Dscn6199

たまにしか来ません。餌は小動物とウィキにあるけれど、みかん食べてます。

見たところどうも鵯より上位に見えました。

*

どの鳥も周りをものすごく気にしてる様子で、見てるうちに人間社会と重ね合わさりせつなさを感じてしまったりして・・・sweat02

*

地面に落ちてるものをついばむのは、

キジバト

Dscn6250

Dscn6249

*

アオジ(だと思います)  

Dscn6227

Dscn6231

Dscn6243

みなさん生きていくのに大変で、その「命かかってる」感に身につまされる思いを禁じ得ませんsweat01  

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

デカいのか? 

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

先日、とある駐車場にて。

S75p1100089

横の車、トヨタの車っていうのはわかりますが、同じような車があまりにも多いので車名は知りませんでした。(知ろうという気が希薄なのでsweat01

ちょっと検索してみると、エコカーの誉れも高きかの有名な「プリウス」ではありませんか。ただし「α」が付くみたいですが。

しかしデカいですねー、プリウスα。

これでデボネアが大きくないっていうのを理解してもらえると思うんですが・・・ 

以前『大きくないですよ』って言うたら、「そんなことない」って言われたことありました。それってこっちが嘘ついてるって言ってるのと同じ意味になると思うんですけどcoldsweats02

        *

デボネアといえば、最近ナイジェリア関連のニュースに登場している城内議員、愛車はデボネアA33です。

なんでもお父さんの時代から27年ほど乗り継いでるとか。

車以外にも、ものを長く使い続けるのを良しとすることなど、相通ずる考えをお持ちのようです。(政治的なことは別として) 

*

しかし世間ではそんな不経済な車はやめて今のエコ(?)カーに乗れという意見もあります。(『ググったら5km/L』とか書かれてます。それはかなり不調な場合ですね~。責めたい人はそんな数字をわざと責道具にしてるみたいな・・・)

まぁそれでもうちのA33は良くて街中+郊外で8km/L台、高速+田舎道で10km/L弱。

その分走る距離を差し控えるようにしてるんですが、許してもらえませんかね?

コンパクトカーに乗った上で走るのを控えなさいと? 

そりゃまぁごもっともですけど・・・。sweat02

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土)

ねこ

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

前にも書いたことありますけど、とある喫茶店の勝手口猫。

S75p1100048 白手袋に白ソックス。

S75p1100051 背中に傷跡。

胸にもありますhospital

撮ろうとしてもピントが合う前にどんどん近寄ってくるタイプなので・・・

S75p1100053 撮りにくいsweat01

S75p1100054 顔は撮れたけど、傷は・・・

クールな表情に見えますが、なかなか人懐っこいです。

で、傷ですけど、近所にケンカの強いシャム猫がいるんだそうです。マスターが言うとりました。

たいへんです、どこの社会も。wobbly

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

アメニティ2000協会

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

1月の『すまいをトーク』の講座は、NPO法人アメニティ2000協会の活動について話をお聞きしました。

S50p1100118 講師は代表の清水氏。

この会の目的などはこちらにあります。

こちらは神戸市の旧乾邸。   昭和6年 設計:渡辺節、施工:竹中工務店

S50img_9133 S50img_9103

画像は4年前、アメニティ2000協会が保存すべく運動を続けてきて、それが実って最後の見学会の際のものです。

*

「文化財です」と言われて「なるほど」とほとんどの人が納得するようなこんな建物でも、保存していくにはたいへんな努力が必要なんですねぇ。

かつて当たり前だった市井の民家・町家を残していきたい者からしたら、もっと簡単に事が運びそうに思えたりしますが・・・そういえば大阪の渡辺家はもう壊されて開発(っていう言葉が適正なのか?)されてると聞きましたなsweat01

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

由良の古民家

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

英国車マニアのドームカフェ、カーアトリウムさんの国道をはさんだ向かいに長屋門のある古民家があります。

S75p1100091

以前から前を通るたびにちょっと気になってました。

人が暮らしてるようには見えんし、この先どうなるんやろぅって。(ある日通りがかったらなくなってた、っていうことよくありますからsweat02

*

先日、そのアトリウムさんに立ち寄った際、ちょっと様子が変わってました。

前の雑草生えてた土地が整備されて、門長屋になにやら看板がかかってます。

S75p1100095 S75p1100096

「由良わくわく塾」ですか。マスターに聞いてみるとNPO法人だそうです。

とりあえず生き残って活用されるようで、ちょっと安心しました。 

ということは・・・家の中見せてくださいとか、個人の住まいでない方がお願いしやすいか・・・その場合この門長屋の前での掛け声は、『たのもう~っ』かなcoldsweats01? などと、これを書きつつ思ったりしてます。  

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

雪の峠越え

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

月曜日は各地で雪が積もったりしましたが、こちらでは平地では雨。山の上だけ白くなりました。

S75p1100104 S75p1100105

で、駅前までの用事だったんですが、わざわざ逆方向の山越えしてみました。sweat01

峠あたりはほとんどモノクロ。

S75dscn6211

S75dscn6215

S75dscn6216

S75dscn6222_2

ミニカは関東に移籍しましたので、

S75_dscn6218 お供はMOVE。

4躯ですけどスタッドレスが古いのがちょっと不安sweat02

車の古いのは大丈夫なのか? それは忘れてました。我が家ではこの子は新しい車っていう認識なので・・・coldsweats01

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

蜜柑と仏手柑

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

前の記事に写ってたみかん。近付いて撮ると、・・・

S75p1100101 皮の表面がきたないsweat01

世間の果物屋さんでは商品価値無いでしょう。美味しいんですけどねぇ。無農薬やし。

まぁ、「ほったらかし」と言うたほうが正しいですけどねcoldsweats01  

ただし本当にほったらかしではみかんの樹は生きていけません。野生には戻れないんですねぇ。庭先ならまだしも、山では周りの自然に飲み込まれてしまいます。(まさにうちの畑は飲み込まれつつある状態・・・shock

*

もう一つ写っていた黄色いのは、

S75p1100102 仏手柑です。

観賞用ですが、食用などにもなるらしい。酒に漬けたり漢方薬とかジャムとか。

インド原産で、日本には江戸時代の初期に入ってきたと書いてるサイトがありました。

これって枯れた木のあとに作られへんやろか? イノシシとか鵯とかは食べるんやろか?

それ以前に、お前に畑の世話とかできるんか?と自問しなければ・・・sweat02  

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

日本水仙

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

先日の土曜日、枯れたみかん山から一カゴだけ採ってきました。

一部、まだなんとか食べられそうなところが残ってますんでsweat01  

S75p1100097 28号が「採ったぞーっ」って言うてるみたい。

*

その隣の、かつてみかん畑だったところに水仙が咲いてます。sun

S75p1100082 日本水仙

S75p1100085 「日本」って付いてますけど、平安時代に中国からやってきたんだとか。

水仙といえば、過去にとった画像にこんな釘隠しがあります。

S750765_0001 花筏。 三島市、寿楽館。

筏に乗ってるのが水仙というイメージで記憶してましたが、あらためて見てみると違うみたいですね、どうもcoldsweats01

撮影は12年前。まだデジカメ持ってませんでした。

*

S75cimg9950 こちらは富山市内、浮田家。8年ほど前。

これは水仙でしょうねぇ(自信無くなってきたsweat02) 釘が隠れるのかな、これで。?

長押が板目ですね。何の木に何を塗ってるのか?

         *

         *

         *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

山本家の餅つき

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

登録文化財、山本勝之助商店・山本家の恒例の餅つきに、建築士会の仲間と参加してきました。

右は今年は家族で参加の士会仲間のTさんが搗いてるところです。 これを参考に、また家でもやってください。

S75p1100074_2 S75p1100071 (←大きくなりません)

しかしまぁ70歳以上の(と思しき)方たちの動きはスムーズでサマになってますねぇ。無駄な力が入ってない。 

S75p1100076

お釜に山本家の屋号、「カネイチ」が陽刻されてました。呼んでもらったのは今年で3回目ですけど、知らなんだ。はじめて気付きました。

我が家では餅つき機で蒸してるんですけど、次はなんとかして釜でやってみようかなsweat01

         *

         *

         *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

野地板、ドリブラー

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

築80年の屋根瓦の葺き替えをやってます。

土の撤去後、

S75p1100044 野地板はこんな状態です。

余った板を適当に並べてるみたいに見えますけど、土が滑っていかないようにしてあります。

もちろんルーフィングなどありません。この上に土、そして瓦です。

今回は耐震改修の一環で、野地板も張り替えて空葺きにします。(本当はルーフィング無しの土葺きのほうがいいんですけど・・・まぁ仕方ないかwobbly

        *

昨日、ここの現場へ行く途中に国道でこの人見ました。

『ストリートドリブラー』ですか。

『ドリブル日本縦断』って書いた旗掲げて、ボール蹴りながらR42を南へ向かってました。

この国道では、こういうふうなことしてる人をたまに見かけることがあります。

車で走る仕事とかしてると、もっと色々な人を見かけるんでしょうねぇ。coldsweats01

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

ストリートドリブラー 石部竜太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

吉野上市-②

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

引き続き上市あたりの街並みの、もうちょっと古い部分。

瓦など camera  

Dscn5674  鶴

恵比寿。左の顔は大和でよく見るタイプです。

Dscn5673 Dscn5791

Dscn5792 布袋和尚

Dscn5759 鍾馗さんもいました。

見返り(またはイナバウアー)亀。

Dscn5675 知人の家にそっくりのものがあります。

Dscn5744

Dscn5748 Dscn5749 鷲or鷹?

Dscn5790 鳳凰。

Dscn5752 牡丹、ですか。

Dscn5771 桃かな。

Dscn5775 こちらは茄子?

Dscn5760 波。地の部分にも模様があります。

この漆喰に刻まれた字がようわからん

Dscn5766 「火」は避けたいし・・・+「几」=? 

Dscn5751 鹿の子漆喰

たぶん役場の近く、造り酒屋さんのあるあたり。

Dscn5750 Dscn5743

虫籠窓と山の少し尖った桟瓦。

Dscn5778 Dscn5784

今回はまぁこんなところです。さらっと。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

吉野上市

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

画像はレトロカーフェスティバルの時に撮ったものです。

11月のはじめでしたから、もう二箇月以上経ちました。sweat01 

*

昼飯をどこか地元の店でと思い、イベント会場にもたくさん店が出てましたが、積んでいった自転車で駅前の方へ行ってみました。

Dscn5685 吉野川の鉄橋をわたる近鉄電車。

去年は近鉄吉野線が六田駅(当時は吉野駅)まで開通して100年だったとか。この鉄橋は昭和の初期にできたものらしいです。

*

駅前にこんな食堂がありました。ちょっと迷ったんですが入ってみました。 

Dscn5703 Dscn5697 ひかり食堂。

前にある緑の自転車が愛車(?)、MONTAGUEのBiFrame。

買うてからもう25年くらいは経つかな。

あの頃はまだホームセンターに安いのが並んでるような時代ではなかったので、ちょっと高かったんです。マウンテンバイク風の折りたたみっていうのも選択肢があまり無かったようにも思いますねぇ。

オムライスいただいてから以前に何回かレトロカーのイベントの際に歩いた町並みをゆっくり眺めながら会場に戻ることにしました。

*

右:地元の琺瑯看板 / 左:リポDのポスターに若かりし頃の貴金属刑事ringshine

Dscn5676 Dscn5683

*

こちらも食堂のようです。

入口のガラス戸になにやら小さな紙がセロテープで貼り付ってありまして、

Dscn57063 Dscn5710 光って見えにくいけどwobbly、「やすみ」って書いてます。 

*

こちらの「やんは」、ではなく、判屋さんは、  

Dscn5716 Dscn5718

Dscn5719 これまたガラス戸の「営業中」が小さいeyeglass

このへんの方は控えめなんでしょうか?すぐ前まで行かんとわからん。coldsweats01

*

ここの町家は二階のガラスに電線が映ってるけど、

Dscn5712 ゆらぎ加減が尋常ではない。

*

Dscn5721 苔が塊になってます。

*

Dscn5732 昭和40年前後のデザイン集とかに登場してそうな、門と塀と建物のコンクリートブロック。

*

たしかこの先にあったハート型の窓の付いた建物があったはず。まだあるのかと角を曲がると、

Dscn5737 残ってました。

Dscn5739 Dscn5741

何かの店だとは思いますが、なんだったのでしょう?

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

モフモフ家族?

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

更新が滞る今日この頃。

ちょっといろいろ追われてます。かと言うて無駄に時間を過ごしたりもしてますが・・・心にも余裕がありませんmist

*

今日のところはとりあえず昨日のにゃんこなどを。

所用先の帰り際、お隣に猫のかたまりが。

S50p1100006 P11000042

ご家族ご一統さんでしょうか?

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

天野の里

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

丹生都比売神社。

創建は千七百年前と伝えられているとか。高野山は弘法大師が千二百年前にここの神様より土地を借りて開山しました。

S50p1090989 S50p1090980

太鼓橋は『輪橋』というらしいです。

S50p1090984 S50p1090990

石と木の混構造。

貫は木です。こんな細い材は石では作れないので当然ですけど、揺れた際には木でないと潰れて変形しません。石だと柔軟性がなく倒壊してしまうかもしれませんね。

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

元日

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

おせちの取り皿は、正月ですから目出度く松竹梅と鶴の絵柄。 

20130101073411 ちょっと古いです。

*

その後は地元の二つの寺と神社へお参り。

檀那寺の正面脇には、うちの祖父の墓がデ~ンと建ってます。

P1090966 P1090965

鉄砲の弾に当たって死んだと聞いてます。まだ戦争の始め、昂ぶってる頃だったので、村を挙げて神様のような扱いだったとか。

またあんな世の中にどうかなりませんように (*人*)

と殊勝に祈りつつも、

20130101155039_2 午後は出動 dash

ちょっとガソリンを焚いてしまった今年の元日でしたsweat02

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元旦

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

S_4

S_3_tp_mono_gyokuryu12_2

                本年どうぞよろしくお願いいたします   <(_ _)>

                     *

                     *

                     *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »