« 海南ご当地グルメコンテスト | トップページ | 立派な住まい »

2012年11月13日 (火)

赤と黒

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

スタンダール、ですか。読んだことないし内容も知りませんけどcoldsweats01

こちら、黒江ブラック(そんな言葉はありませんが)

Dscn6081 漆で蕪が描かれた黒いお盆です。

その上に、

Dscn6080 黒江レッド

横たわるモデルは大和の国は坊城の人気者、だんご庄のだんごさんです。

もう一つ今の海南市のカラーを。

Dscn6078 加茂谷オレンジとグリーン

黄金(こがね)色とも言われたりしてます。

母校の校歌に「こがねかがやくみかんの里に」と詠まれた景色。

その上のトトロの樹(勝手にそう呼んでます)は、今は羽を広げて飛びたそうな形になっています。

*

        *

*

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

|

« 海南ご当地グルメコンテスト | トップページ | 立派な住まい »

◆古いもの・こと」カテゴリの記事

◆食・飲」カテゴリの記事

コメント

著作者のスタンダール自身は「赤と黒」の意味について
何も語っていませんが、物語のあらすじ「貧しい木樵り
の子として生まれた主人公ジュリアン・ソレルはナポレ
オンを崇拝し、野心に満ちた美しい青年であり、初めは
ナポレオンのように軍人としての栄達を目指すが、王政
復古の世の中でその願いもままならず、今度は王政復古
の世の中で羽振りの良い聖職者を目指す・・・」といっ
た筋書きから、衣服は軍服=赤、聖職者=黒を念頭にお
いて書かれたモノとするのが通説です。ご参考までに!

投稿: しげやん0710 | 2012年11月14日 (水) 16:56

しげやん0710さん>
古い小説やったんですね。
出版は1830年、日本では文政から天保に改暦の年だとかsweat01

投稿: onigawara | 2012年11月14日 (水) 22:21

お上品すぎる1串ですね。
私はここへ行くと、
いつも5本頼んで温かいお茶と一緒にいただきますよ。

投稿: おとん | 2012年11月20日 (火) 15:11

>おとんさん
仕事中の一服に一本。
それ以上は差し控えました。残り少なかったので食べてしまったら顰蹙買うし、自己のメタボ対策ということも・・・coldsweats01
しかし5本食べてお茶飲んだら昼飯の代わりになるくらい腹の足しになるのとちがいますか?delicious

投稿: onigawara | 2012年11月21日 (水) 09:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/47831034

この記事へのトラックバック一覧です: 赤と黒:

« 海南ご当地グルメコンテスト | トップページ | 立派な住まい »