« 大阪の蕎麦屋 | トップページ | 畳の手縫い表替え »

2012年10月 8日 (月)

奈良の蕎麦屋

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

またまた蕎麦屋ですが、違いのわかるツウではけっしてありませんし、それぞれの店に行った時期も間隔はかなり開いてます。

        *

先日「とある山椒好きセンム」に連れて行ってもらったオススメの蕎麦屋。

大和の国は柳澤家の城下にある「そば楽」さん

+200円の10割蕎麦↓ (いつもあるわけでは無いようです)

P1000578 P1000580

桜海老の天麩羅は程好いサクサク感とほんのりした旨みがありました。 (いつもなんでも旨いと言うてんのにほんまにわかってるのか?と思われそうですが、そう感じたんだから仕方がないthink

P1000581 P1000583

店の造りは、室内も庭もアプローチも外観も昭和後期の一般的な住宅そのもの。

P1000577 P1000585

P1000588 P1000586

安直な「蕎麦屋でございます」というスタイルではありません。

しかし蕎麦にはこだわってるようです。

かと言ってこだわりの押し付けというか、そういうものはありません。客を客として丁寧な対応をしてくれます。

たまにいますね。蕎麦屋に限らずこだわりを勘違いして人との対応が出来ない自称「職人」。

とまぁ好きなことを書いてますが、今回は客人扱いで「とある山椒好きセンム」にご馳走していただきました。

こちらから「行く」と言うといて我ながらなんとあつかましいsweat01 是非今度は和歌山へお越しいただきたい。おもてなしいたしますから。(しかしセンムの舌に敵う店を選定する能力が自分にあるのかどうかsweat02

        *

もう一軒、奈良の蕎麦屋。「喜(七が三つ)多原」さん

こちらはもう何ヶ月か前のことです。

P1070767 P1070763

P1070758 P1070757

ここも美味しかったと思います。(「思います」はあかんと前に指摘されたことありますが、「他の人は知らん。自分としては美味しい」ということなんですsweat01

帰りに外観も撮ろかと思い外に出ると店の人が掃除してましたので、「撮っていい?」とお聞きすると、「撮りましょうか?」と・・・。

そんなつもりで言うたのではないんですが、まぁそれはそれでもえぇかなということで、店のおねえさんと一緒に画像に納まることとなりました。

2_p1070771 おねえさんはベトナムのかただそうです。

画像はちょっと加工してますが、別に「蝋人形にしてやろうか」などとは思ってません。

*

*

*

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

|

« 大阪の蕎麦屋 | トップページ | 畳の手縫い表替え »

◆食・飲」カテゴリの記事

コメント

わざわざ写真まで記載していただき有難う御座いました。
短いひと時でしたが いろいろ勉強させていただきまして有難う御座います。
今後もいっぱい勉強させてください。

投稿: 知名度0男 | 2012年10月 9日 (火) 11:00

なにか勉強になること話したおぼえないんですけど?
あぁなったらあかんという見本としてなら自信ありますよ~coldsweats01

投稿: onigawara | 2012年10月 9日 (火) 15:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1241499/47367096

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良の蕎麦屋:

« 大阪の蕎麦屋 | トップページ | 畳の手縫い表替え »