« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

紀州漆器まつり

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

もうちょっと斑鳩の話題を引っぱるつもりですが、ちょっとご案内など。

        *

今度の土日、11月3日、4日は黒江にて「紀州漆器まつり」が開催されます。

チラシはこちら

300_10241507_0001

わたくしめも家にあるガラクタや人さまから預かったままの古い漆器などを唐草模様の風呂敷にでも包んで、ぬりもの館の前に行商に行こうかと思ってます。今のところ。

皆様、万障繰り合わせておさそい合せの上、是非おこしくださいませ m(_"_)m

*

*

*

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

法隆寺周辺

さすが法隆寺。歴史・規模・知名度が別格なだけに、はね返されてくる邪気もものすご~く多い、ということでもないのでしょうが鐘馗さんがあちこちにいっぱいいます。sweat01

Dscn5071 Dscn5072 Dscn5073 Dscn5180 P1080196 P1080199 P1080197 家にも、塀にも。

Dscn5204 こちらのお宅には二体と隅に獅子噛。

Dscn5205 Dscn5206 Dscn5207

あんたは寺、わしは突き当たりなどと、役割分担して家を護ってるのかな?

P1080206 こちらも突き当たりにある家ですが、

P1080198 鐘馗さんがお寺で、軒下にある石がもしかしたら突き当たり担当の衝破除か石敢當? 書いてないから違うかもしれませんねぇ。

*

気合の入った板金屋さんの仕事が皆さんの目を引いてました。

Dscn5188 Dscn5185 Dscn5182 宝船に鯉、鱗のような竪樋。

瀧を登って龍になることを表してるのか、そこまで考えてないのか?

Dscn5187 Dscn5191

まぁ気合の入った匠の業とは思いますけど、ちょっと頑張りすぎ? 家の他と部分との吊り合いも考えたほうが・・・coldsweats01

近所にも同じ手によると思しき仕事がありました。

Dscn5246 鮟鱇の鯉と竪樋の鱗

Dscn5243 Dscn5245

左のはなんですか?真ん中に家紋ありますがピエロの顔みたいに見えてしまう。

呼び樋と竪樋のつなぎにも、こんなの付けてる家は見た覚えがありません。掃除する時に蓋が開くのかな?

こちらはまぁ家に合ってるといえば合ってるか。sweat01

*

街(村?)を歩いてると、ふと視線を感じました。

Dscn5209 蔵の換気孔でしたが、眼鏡をかけた顔、もしくはバカボンに出てくるお巡りさんみたいに見えませんか?(目がつながってるだけですけど) 

*

*

*

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

法輪寺~法起寺

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

母校の夢殿の件、今日二つ年上の従兄に逢ったので聞いてみたところ、やはりそう呼ばれた東司があったとのことでした。 めでたしめでたし?

こちらは夢殿付近の空撮写真 (昭和44年初版発行保育社カラーブックスのものです)

Img120

国宝菩薩半跏像の鎮座する中宮寺本堂も旅館大黒屋も、まだ旧の建物です。

*

法輪寺  左:現在/右:カラーブックス(モノクロですけど)

Dscn5261 Img116

塔はカラーブックスにはまだありません。1944(昭和19)年に雷で焼失して1975(昭和50)年に再建されたとのことで、大工棟梁は西岡常一さんです。

*

法起寺 同じくカラーブックスとの比較です。

Dscn5272 Img118

ちょっと撮影位置が違います。それより保育社さんの写真は彼の入江泰吉氏。横に並べて申し訳ない。

失礼ついでに塔も。

Dscn5282 Img119

あくまでも40数年の時間経過をあらわすため、ということで。

左手前の聖天堂にはこんな瓦と彫刻があります。

Dscn5299 Dscn5292

歓喜天を祀ってますから大根です。

今日の終りはコスモスと法起寺。

Dscn5303

キレイなお花畑に除草剤を撒くような不風流なこと書きたくはないのですが・・・これってそもそも米を作らない、作れないことからこうなってる、と言えなくもないのかな、と coldsweats01

オーソドックスな風景はこちら→Dscn5304

位置によってはこんなふうに見えるところもまだあります。

*

*

*

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

斑鳩 法隆寺

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

すまいをトークの講座にて斑鳩の里を歩きました。

Dscn5034_3 ←法隆寺へ向かう松並木

なにやらキノコがたくさん生えてました。

Dscn5029_4 Dscn5030_4

松茸?  まさかそんなことはないでしょう。

こんなのも

Dscn5031_2 知識は無いけど見たことがあります。

法隆寺は多分小学校の修学旅行以来。 約45年ぶり。

Dscn5051_2 Dscn5097_2

Dscn5107_2

Dscn5104_3 上海のタワーではありません 。

Dscn5052_2 こんなところに鎌が四本。

これをこしらえたこちら同じものがあります。

*

話が飛びますが、先日黒江に景観団体の皆さんが高山市から来られました。

そしてその街にある斐太高校は伝統ある学校で白線流しが有名です。ドラマや歌なども生まれ、なんとロマンチックでさわやかなイメージなんでしょう。

話を戻して・・・

Dscn5221 ←こちら夢殿。

実は海南市にあるわが母校には40年以上前まで中庭に八角形の古い建物があり、それが「夢殿」と呼ばれていたように記憶してます。 (本当にそう呼ばれていたのかどうか、最近は自分の記憶にかな~り自信が無い。どなたか記憶力の確かな同級生かパイセンに問うてみなければ。)

で、愛称(?)だけは斐太高校に劣らず綺麗ですがその建物の用途は何かと言うと・・・白線流しの後に気が引けますので禅宗のお寺での名称に言い換えると、「東司」です。

仮にもしその建物が現在残っていたら登録文化財になる資格だけは十分にありますが、ドラマや歌が出来ることなどけっして無いでしょう。coldsweats01

        *

        *

        *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

高山より黒江へ

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

飛騨の高山からまちづくりの団体の皆さんが黒江にやって来られました。

向こうから高山市の職員も同伴でしたし、こちらは海南市のみならず和歌山県、さらには国交省からも・・・sweat01 

Dscn5004 Dscn5008

黒江側のS氏が挨拶の際喩えて言うてました。「横綱とふんどしかつぎ」くらい格が違うと。

同じような思いは皆さんお持ちかと・・・coldsweats01

Dscn5021 P1080175

高山の方たちの目にどう映ったでしょうか?黒江の街は。

皆さんが発った後、国交省の方たちと少しお話しする機会がありました。

どんどんおおごとになって後戻りせずによい方向に進んでいければいいですけどね~。

*

時間が長引いたので昼はぬりもの館。

P1080177 ←あじわいカリー 

ちょうどこのかたもカリーを食べてました。

ちなみにそのむこうに置いてあるのは「むべ」。

どなたかが高野の下辺りから持って来られたとか。

*

*

*

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

今日のシンタロウさん

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

イシハラシンタロウさんが知事を辞めて国政に戻るとか。

国民にとってこれが吉となるか凶となるか? ちょっと怖い気がしないでもありません。

        *

そんなことに比べたらたいしたことではないかもしれませんが、阪神タイガースが「12球団どこでもお世話になります」と言う藤浪晋太郎君との交渉権を引き当てました。

なにかこう、明るい光が射してきたような気分です。(オリックスさん、ご愁傷様ですsweat02

ヨミウリさんにはまたもや「ここに入れなんだらイヤや」という若者が目出度くも単独指名で、ヒール役として相応しいドラフト会議でした。やっぱりジャイアンツはこうでなくては。

        *

ということで(脈絡ありませんが)、こちらは前の記事のタガヤサン床柱とは別の、耐震改修を計画してる家の画像です。

ぱっと見には目を引くような仕事はしてませんが、しっかりした造りのいい家です。

P1000469 まだ築80年ほどですからそない古くありません。

隅だけですけど扇垂木にしてあります。

一階の出桁の交差部分が×になってます。下から見上げることを意識した納まりなのか、別にそうでもないのか? 

P1080167 玄関の中はL型の土間で、「みせの間」が昔の形のまま残ってます。

今回の工事でもこれはこのままで、イマドキの玄関には改修しません。confident 

*

*                                                  

*

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

鉄刀木?

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

今日打合せのため訪問した耐震改修予定のお宅の床柱は、

P1080128 鉄刀木

工業高校の建築科にあったものだとお聞きしました。

経緯はわかりませんが、高校が移転する際に大工さんか銘木屋さんに引き取られて、ここに納まることとなったのかもしれません。

*

その近所には和歌山の平地では非常に珍しい茅葺民家がありまして、現在屋根の葺き替え中です。

国道から撮りました。勝手に、無断でsweat02

外観は社会のものということで、お許しください。m(_ _)m

P1080131_2 

塀もいいですshine

*

*

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

ノートルココエ

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

岩出市にある民家カフェ。ノートルココエです。

F1000273 F1000271

F1000269 F1000268

F1000304 F1000303 F1000296

F1000301 F1000291 F1000294

立ち寄ったのはもう何箇月も前、まだ梅雨もあけてない頃でしたrain

*

*

*

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

花入れ×2

※ 画像は一部を除いてクリックで拡大します ※

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

うちの事務所の壁に掛けた花入れ(一輪挿し、花瓶)。

一つはこれ

P1010739

数年前、近所で住宅の改修工事をした際の、ご主人よりの頂き物。元は納屋の壁に掛かってました。

この絵、中国の故事を描いてるとは推測しましたが、何年かの間は意味がわかりませんでした。

これは『司馬温公の瓶割り』でしょう。(たぶん)

「違うで」というかたがおられましたらどうぞご指摘ください。coldsweats01

*

もう一つは、

P1010740 鯉。  これは新品で買いました。

似たようなものが、昔小学校の木造校舎の柱に掛けてあったような記憶が・・・

  

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

どっちもえぇ勝負?

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

PC遠隔操作の件で何人も無実の人が捕まったとか。

テレビで警察庁長官が「卑劣」と言ってたが、それは遠隔操作した奴のことなのか、それとも無実の人間に犯人しか知りえない事実を自白させて逮捕したことか、どっち?

警視庁は無実の者にも罪を認めさせるくらい優秀な人たちが集まってるのかもしれません。

        *

また大臣が変わるとか辞めんとか。

問題の深刻さの程度は、閣僚が外国人から献金をもらってたことと、大臣がころころ変わって本当に解決しないといけない事柄が一向に改まらないこと、どっちが深い?

        *

テレビのニュース見てると閉塞感でしんどくなってきてしまいますので、そんなこととは関係ない画像を少々。

昨日の夕方、南海電車より見た夕焼け。

50p1000992

街の向こうにまるで大火災でも起きてるような西の空。coldsweats01

デジカメの夕焼け撮影モードで撮るともっと紅い。

50p1000995_2 

こちらは今日の夕方、うちの事務所から見た三日月ではなく、五日月。

Dscn4998_2 

Dscn4994

あそこまで行った人間もいますが、今のところヒトの営みとは関係なく太陽に照らされ移り変わる姿を見せてくれてます。

        *

        *

        

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

スバルとギャラン

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

先日昴の記事にてスバルのアルバムを紹介しましたが、今回はカタログ。

P1000979 スバル360が2冊。

貴重な出目金カタログにはデメキンではないデラックスが記載されてるから1962年型で、もう一冊は1963年型? 半世紀経ってますねー( ̄0 ̄)

P1000971 コンクリート舗装道(?)を走行する勇姿dash

家族4人の顔がこんなふうに並ぶと

P1000972 フロントガラスいっぱいになるsweat01

P1000974 群馬辺りの山かな?

         *

P1000954 K111の次はスバル1000に乗ったそうです。

P1000960 その次はレオーネ。 スバリストさんです。

しかし仕事用にはギャランVANだったようで、 "Galant L ESTATE-V"が2冊。

P1000948 P1000950

P1000951 P1000952

これで約40年モノ。16Lと14Lの2種類のサターンエンジンを積んでます。

この頃からの思いを今もお持ちなのか、現在も軽はVIVIO、普通車はCOLTの2台に乗られてます。

         *         

古いカタログ見ていて時々思うんですが、ここに写ってる女性ご本人と当時の車との、時を経た今の時代でのご対面シーンを見てみたい。 (こんなこと思うのは自分だけ・・・?sweat02

P1000978 P1000949

こちらは当方所蔵のデボネア発表当時の写真ですが、

20img107 願わくばこの女性がうちのデボネア(A33ですけど)の横に立ってもらって、撮影させていただきたいものです。

いずれのお方も推定ですけどまだ平均寿命には達していないと思います。

西田局長に依頼して探偵さんを派遣してもらおうか。

         *

ちなみに我家にあるちょっと古い雑誌の記事に掲載されてる、初期スバルの運転席に座る魅力的なお嬢さん。 どなたか?というと、

20file0213 この御方ですshine

長谷直美をさらに可愛くしたような・・・(このかたも今や御歳そこそこですがcoldsweats01

         *

         *

         *

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

*

富士真奈美 三菱ギャランバン エステート A53 A54 subaru K111 富士重工 mitsubishi debonair A30

洋菓子 フランス菓子 神戸 ベル 東京 ジロー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

冷水浦の道端に

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

仕事の打合せのための待ち合わせ場所の道路脇にイヌタデ(たぶん)のコロニー。

20p1000945

ちょっと目を引かれたので撮ってみました。

これだけまとまれば道端の景色に色を添えてます。

P1000946

人間サマの役に立たないから「雑草」ですが、イヌタデ側からみればそんなもんは余計なお世話。

『別にアンタらのために咲いてるんと違います』というような主張もせず、イヌタデはイヌタデの遺伝子の命ずるまま、当たり前に咲いてるだけ。(なんでしょう、たぶん)

まぁ、「イヌタデ(犬蓼)」の名前もニンゲンサマが勝手に付けたものですけどね。

(しかしほんまに「イヌタデ」で合うてるんやろか・・・?まちごてたら指摘して下さいcoldsweats01

*

*

*

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

今日から旧九月。

昨日が秋祭りで、今朝「かまはらい」がまわって来ました。

20p1000918 20p1000916

*

夜になると快晴で澄んだ新月の夜空は星がきれいで、東の方向には昴が「冬に向かってますよ~」と瞬いてます。 (そんなもの撮れるカメラ持ってませんので、画像はナシですsweat02

昴と言えば先日、初代出目金を当時新車で買うて乗り回されていたかたのアルバムやカタログなどを見せていただきました。

まだ昭和30年代の半ば、国道も未舗装なところが多い頃に、紀伊半島一周や雪の高野山、淡路島など家族でドライブされていたようです。

P1000931_2 雪の高野山を走行

P1000932 チェーン巻いてます。

P1000937_2 香落渓にてR360クーペとのツーショット 

仕事では初代K151サンバーに乗って遠出することもあったようです。

P1000934 彦根城とその近辺。

*

*

*

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

富士重工 スバル360 K111 デメキン クチビルサンバー オバQサンバー マツダR360クーペ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

国道脇のつりえさ屋

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

国道の信号待ちでふと目をやると・・・

20p1000872 道路脇のつりえさ屋の出入り口。

なにかもらおうと待ってるみたいです。

猫好きの目で見ると、「よしよし、ういやつじゃの~」

猫嫌いなら、「どあつかましい」?

coldsweats01

*

*

*

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

にゃんこ ニャンコ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

研修会の合間に

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

昨日、今日と二日連続で朝から夕方まで研修会で疲れました。

P1000824 大勢のオッサンの体温で会場内が暑いsad

一日中街歩きのほうが疲れません。きっと頭の力が弱ってるんでしょう。sweat01

*

昼、昔同級生が勤めていた設計事務所の近所の“パーラー”に行ってみました。

約30年ぶりか、いや、もっと経ってるな。35年くらいかも。

P1000796 P1000803

P1000801 P1000807

昭和40年代のまま時を経てきた空気でした。店の外も中も、人も。

P1000808 P1000809

うちのラビットのほうがちょっとだけ古いかもしれませんが、まぁ同時代かな。

*

その後、研修会場のビル近辺のちょっと古い建物を撮ってみました。

というても戦後のものです。和歌山市内の中心部は第二次大戦の空襲でほとんどが焼け野原になりましたから。

P1000823 こちらは正統派(?) 立派なお屋敷。

これはもしかしたら戦前からの焼け残りかもしれません。

風格ある木造家屋ですけど、ムクリのある破風の重なりにちょっと軽快さを感じます。

*

P1000816 RC造住宅

P1000818 美容室

昭和40年代のデザイン集を参考にしたような外観です。

和歌山県教育会館

P1000812 P1000813

古臭い? 無骨というか固いというか・・・褒め言葉です。琴線に軽~くですけど触れてます。

P1000832_2 帰宅途中、塩津港上より

なにやら巨大な作業船が先日より停泊しています。

*

*

*

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

パーラーファッション 富士重工 ラビットS301スーパーフロー 昭和レトロ 喫茶店

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

道端のメッセージ

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

日本中にどれほどの数のふすま屋がいるのか知りませんが、その中で一番の男前は奈良にいるようです。

P1000592 P1000593

正面から撮った画像はピントがボケてました。sweat01

        *

こちら紀ノ川筋の、とあるコンビニ。

Dscn4990 隣の倉庫のシャッターには、

こんなキャンペーンの告知が・・・eye

P1030720 そのキャンペーンの内容や、如何に?

どういう諍いがあったのでしょうか?

差し出がましいかもしれませんが、もしかして「撲」の字間違うてないですか・・・pencil

*

*

*

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

日本一男前 イケメン ふすま屋 奈良 ローソン撲滅キャンペーン シャッター 落書き スプレー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

畳の手縫い表替え

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

『町家発ほんまもんの会』にて、畳の手縫い表替えを見せてもらってきました。

P1000696_2 Dscn4875

床の間の上敷きを留めているところ。

Dscn4890_2 Dscn4891

畳表をいろいろ見せてもらいました。高いのからビニール製まで。

Dscn4899 Dscn4898

旅館ではい草のものを使ってくれないとのことで、その理由は・・・某大手旅行会社の指示で畳表はビニール製でなければ客を紹介しないんだそうです。sweat02

農作物みたいに生産者の顔が入ったラベルとパンフレット。

Dscn4904 Dscn4911 

手縫いをする理由は、他にもいろいろあるんでしょうが、機械では一律に同じ力ばかりででしか縫えないからとか。一針ごとに微妙な力加減が必要なんやね。

Dscn4883 Dscn4882 Dscn4881

包丁は使って研いでいくうちにどんどん小さくなります。うちに来てもらってる畳屋さんはこの半分以下くらいの長さの包丁を持ってました。この包丁、今は店には置いてなくて、特別に注文しないといけないそうです。

右の道具はなんていう名前かどなたかがお聞きしたところ、『飛行機』とのことでした。(全国で通じるかどうかは知りませんがcoldsweats01

        *

手刻みの木組み、本間(京間、関西間)の間取り、無垢材の板、既製品ではない建具等々が非常識となりつつある(もうなってしまった?)今日この頃、こんな風景も非常識と言われてしまうかもしれません。

実際、そんな古いタイプの仕事を職人の意味の無い独りよがりのこだわりのように言う人がいるんですgawk

*

* 

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

奈良の蕎麦屋

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

またまた蕎麦屋ですが、違いのわかるツウではけっしてありませんし、それぞれの店に行った時期も間隔はかなり開いてます。

        *

先日「とある山椒好きセンム」に連れて行ってもらったオススメの蕎麦屋。

大和の国は柳澤家の城下にある「そば楽」さん

+200円の10割蕎麦↓ (いつもあるわけでは無いようです)

P1000578 P1000580

桜海老の天麩羅は程好いサクサク感とほんのりした旨みがありました。 (いつもなんでも旨いと言うてんのにほんまにわかってるのか?と思われそうですが、そう感じたんだから仕方がないthink

P1000581 P1000583

店の造りは、室内も庭もアプローチも外観も昭和後期の一般的な住宅そのもの。

P1000577 P1000585

P1000588 P1000586

安直な「蕎麦屋でございます」というスタイルではありません。

しかし蕎麦にはこだわってるようです。

かと言ってこだわりの押し付けというか、そういうものはありません。客を客として丁寧な対応をしてくれます。

たまにいますね。蕎麦屋に限らずこだわりを勘違いして人との対応が出来ない自称「職人」。

とまぁ好きなことを書いてますが、今回は客人扱いで「とある山椒好きセンム」にご馳走していただきました。

こちらから「行く」と言うといて我ながらなんとあつかましいsweat01 是非今度は和歌山へお越しいただきたい。おもてなしいたしますから。(しかしセンムの舌に敵う店を選定する能力が自分にあるのかどうかsweat02

        *

もう一軒、奈良の蕎麦屋。「喜(七が三つ)多原」さん

こちらはもう何ヶ月か前のことです。

P1070767 P1070763

P1070758 P1070757

ここも美味しかったと思います。(「思います」はあかんと前に指摘されたことありますが、「他の人は知らん。自分としては美味しい」ということなんですsweat01

帰りに外観も撮ろかと思い外に出ると店の人が掃除してましたので、「撮っていい?」とお聞きすると、「撮りましょうか?」と・・・。

そんなつもりで言うたのではないんですが、まぁそれはそれでもえぇかなということで、店のおねえさんと一緒に画像に納まることとなりました。

2_p1070771 おねえさんはベトナムのかただそうです。

画像はちょっと加工してますが、別に「蝋人形にしてやろうか」などとは思ってません。

*

*

*

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

大阪の蕎麦屋

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

大正区にある「凡愚」さん 

P1060192蕎麦屋みたい」な店構えではありません。

大通りからちょっと入ったところの角地で葉緑体に埋もれてました。奥に昭和初期と思しき長屋が見えます。

P1060163 P1060182 店内

P1060183 天井は・・・卵の容器! 紙製?

太切りそばにしたけど細切りのほうがよかったかな。通でもないので微妙な味までわからんし、細いほうが食感・口触り(そんな言葉あるのかな?一般にはのどごしに重きを置く?)を味わえたかも。

P1060185 P1060187

なれ寿司が置いてありました。和歌山からの取り寄せだそうです。

どれどれ、どんなものかと食べてみることにしました。

P1060167 P1060189

ひとつ250円。 和歌山のラーメン屋に置いてるのは100円ですけど、これは2.5倍以上旨いdelicious(と、個人的には思います)

それから店の「構え」は個性的でオサレにも見えますけど、「人」は気取ったところも無くナチュラルに感じがよかったです。

*

 * 

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

上陸

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

前々から違和感を持ってるんですけど、台風は中心が陸に上がらない限り、海岸線ギリギリを通ってても「上陸」って言えへんのですね。

P1000532 これは先日の17号

少なくとも赤いところ=暴風域が陸地にあったら「上陸」と言ったほうが皆さん緊迫感を持つかと思うんですけど。

コンクリート打ちたての土間に車の前輪の片方だけ乗っても、タイヤの痕はしっかり残ります(例えおかしない?sweat02

        *

話は全く変わりますが、明日10月4日(木)の朝、お世話になってる黒江ぬりもの館さんがNHKの番組「あさイチ」の「ピカピカ日本」というコーナーにて生放送で紹介されるそうです。

皆さん見てください。朝8時15分からかな。仕事の人は・・・録画でもしましょうかcoldsweats01

*

*

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

和歌山市内の蕎麦屋

▼▼▼▼▼▼▼ ※ 画像は一部を除いてクリックで拡大 しますsearch ※ ▼▼▼▼▼▼▼

「蕎麦屋みたい」という言葉を聞くことがよく、でもないか、たまにあります。

住宅にちょっと当たり前の和の設えしただけも言われますし、「蕎麦屋みたいな家はイヤ」とか言うヤカ・、否失礼、御方もいますねぇ・・・gawk

その「蕎麦屋みたいな家は嫌や」言うて作った家が「蕎麦屋みたいな家」よりカッコよかったらまぁいいんですが、残念ながら必ずしもそうでなかったりもしますし・・・coldsweats01

そもそも蕎麦屋のほうが古民家風にしてるのであって、古民家が蕎麦屋みたいにしてるのではありません。

古民家が蕎麦屋みたいなら桃山様式の建築は遊郭みたいで、西洋の古城は時代遅れのheart01ホテルみたいなのか(?_?)

        *

ということで(?)、和歌山の蕎麦屋。

下のほうでちょっとあーやこーや書いてますので、店名は差し控えます。 

蕎麦の画像です

P1030355 P1030357

P1030356 P1030352 お昼のセット 840円也

この日は昼時だったんですがよく流行ってます。世間の方々の支持も得てるようです。

お前の評価はどうやったんかって? 前々から書いてるようにたいがいのもんは美味いので、評価は世間の皆さんの行動・判断に委ねたいと思います。sweat01

しかし建築屋のサガでしょうか、大きな器とも言える店の仕上げ・仕様なんかもどうしても気になる。

正直言わせてもらうと、室内の仕上げはすべてビニール系で造作材は印刷もんのシート貼り、テーブルは無垢材なんですが仕上げ塗装の質感が残念。木の表面が固められてしもて苦しそう。

P1030358 だからなんとなく息が詰まってくるような・・・wobbly

こんなこと書いて申し訳ない・・・なにも貶めるつもりは毛頭ございません。同じように思うヤツはかなり少ないと思います。何卒お許しをm(_"_)m 蕎麦は美味しいです。

*

関係無い話ですけど、かつてこの場所には年配のおじさんとおばさんが営む、(たぶん拾われてきたり黙ってここに置いて行かれたりした)dogやらcatやらがたくさん棲みついてるバッティングセンターがありました。baseball

ある日猫が鳩をくわえておばさんに見せに来ました。「どーです」っていう感じで。猫の習性ですかねsmilesweat02

それを見たおばさんに「お前も死にそうなとこ拾われてきたのに忘れたんかーっ・・・」とかそういういう意味のこと言われてこっぴどく叱られてるのを見たことを思い出しましたcoldsweats01

もう30年ほど経つかな、あれから。( - -) (←遠い目)

*

*

▲▲▲▲▲▲ ※ 下の広告はこのブログとは無関係です ( ・_・)ノΞ●~* ▲▲▲▲▲▲

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »